あのトヨタが自動運転で頼った「黒子の正体」 | 自動運転 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

その自動運転バスは車椅子の利用者が待っているバス停に静かにぴたりと横付けして停止した。驚くべきことに車体とバス停の距離はわずか10cmほど。観音開きのドアが開くと、自動でスロープが出てきて、車椅子の利...

ツイッターのコメント(50)

自動運転システムはトヨタのものじゃないみたいだけど、横断歩道を渡る大男すら検知できずに轢いてしまうよなものを採用したのはまずいよな
ティア某さんでしたか、ご愁傷様です。早急に北園さんに土下座と損害賠償ですね。
あった!!!!!!!!!これ!!!!!!!!!!!!!!似てない?似ている
🇯🇵ティアフォー 自動運転用OS「オートウェア」で世界を獲るᵕ ˂ )ง⁾⁾

国内外で200社以上が使用し、自動運転用OSの使用社数では世界一😃

ティアフォーの技術では車両とバス停の間隔を「一番近づいて10cmではなく、一番離れても10cm」とされるほどの精緻な制御が常に可能😊
>ティアフォーの加藤会長は「小さな組織や個人でも自動運転車を造れるようにしたい」と話し、自動運転技術の民主化を会社のミッションに据える。
2019年10月21日
東京オリンピック延期!?で自動運転車両御披露目の時期が変わるか?
「トヨタがティアフォーに頼る」と書くと一瞬「会社名出してあげてよ」って思う
autoware、こんな低消費電力で汎用品構成なのか…すげぇ
GPUつんだ3000wのECUを冗長化させつつどう冷やすかとか、ほんと苦行だからなぁ
>30~35Wの小さな消費電力で動き、システムは市場で流通している汎用部品で構成されている
ティアフォーってベンチャーの将来が楽しみすぎるだろ!
ティアフォーの技術力についてはココ



日本企業期待の星です

応援しましょう!
 
PR
PR