TOP > 政治・経済 > 悟空のきもち「51万人予約待ち」強烈人気の裏側 | 睡眠 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

悟空のきもち「51万人予約待ち」強烈人気の裏側 | 睡眠 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ラテン語で「唯一の」を語源とするユニークという表現があるが、今回ご紹介するのはまさにユニークを地でいく企業。向こう3カ月は予約で埋まり、キャンセル待ち51万人、日本一予約のとれないドライヘッドスパ専門…...

ツイッターのコメント(310)

悟空のきもち「51万人予約待ち」
たまたま昨日予約出来て行ってきたけど10分後くらいに爆睡してた😴気持ちよかったー!
@swnbb1 ヘッドスパとか頭のもみほぐしと言うみたいですね。関西でだけ流行っているのかもしれません。とても気持ちいいです☺️

社員は女性だけ | 睡眠 - 東洋経済オンライン
明日、奇跡的に行けることになった→
やってることは気になるけど女性社員しかいないというのが企業的に怪しい気もするな……
戦略や今後の事業計画はなし
マッサージ屋なのにうどんを販売してる会社〜
「ドライヘッドスパ専門」、「睡眠を売りにする」…。
今更ながら、おもしろいアイディア。
他にはないヘッドスパ、というのも気になるけど、アトラクション的な要素もあって行ってみたくなる…けど3ヵ月満席ってすごい。気になる
とりま銀座店、予約っていうかキャンセル待ち登録した。
大阪京都は空いてるらしいよ。
ドラゴンボールに出てくる、精神と時の部屋かと思ったわ。
「51万人予約待ち」強烈人気の裏側 社員は女性だけ

誰も体験したことのない睡眠を求めて「絶頂睡眠」をうたい文句に「癒やし」から「アミューズメント」へと大きく方向転換したのだそうだ。
退職もスマホひとつ。現代の採用戦略って感じだ。“
「苦しい言い訳は双方が苦痛」「人事面のゆるさ。面接なしでSPI試験のみで雇用し、退職もスマホでできるという。」” 〓
効果効能のロジック競争が多い中で、素人から体感の良さを追求してヒット生み出したのがすごい。
めちゃ気になっている。
サービスよりも組織・働き方に注目>
悟空のきもち「51万人予約待ち」強烈人気の裏側 〜「絶頂睡眠」をうたい文句に、癒やしからアミューズメントへ方向転換。社員は女性だけ、連絡は全てLINEでOK。数値目標も計画も管理もない。「しなければならない」という全てのものを壊しながら、人気であり続けるのが目標〜
ドラゴンボールの体験型施設かと思って読んでみたら違った…ヘッドスパ屋さんだった
どんどん新しい発想や働き方の仕組みが出来てきてるな
絶頂睡眠ってフレーズがすごいな・・・w
瞬殺で寝落ちできるヘッドスパとか気になりすぎる。。。
組織運営の面でも興味深い
うどん布団を考えた人と悟空の気持ちの経営者は同じ人だったのか!面白いなー。
そんなにいるのか。どうりで未だに取れないわけだ →
興味深い。

| 経済ニュースの新基準
@byq8RPFqwMGVk7V

ここー!
日本初の頭揉みほぐし専門店💆‍♀️
絶頂睡眠をうたい文句に、癒やし」からアミューズメントへと大きく方向転換。これは行ってみたい。しかも、うどん布団を開発してバズった会社だった
今見てる: | 経済ニュースの新基準
“自分でメソッド”って、だからか。
⇒前触れもなく突然やってるLINE予約受付開始!一瞬で予約受付が終了するのでいまだに予約できない(><。)
ドライヘッドスパ、ほとんどの人は十分で眠りに
違う価値を提案し、ストレスの少ない組織。オンラインサロンで参考にしたい。 /
行った。し、しっかり寝た。
サービス自体がありふれてくると細分化・テーマパーク化していくことが求められるんだなぁ…と思った。両方やってるこの会社はすごい /
せめてコンセプトテーマ、もう少し何とかならなかったの…?
あのうどん布団もここだったのか。
ほんとはよ行きたい /
これは本当にいい事例。しかし50万人以上とは。
この発想は無かった
UGCのお手本のようなサービス展開。

・悟空のきもち「51万人予約待ち」強烈人気

・「ほとんどの人が10分で気絶するように眠りに落ちるという、独自のヘッドスパ技術」

これらのフレーズは試してみたくなるし、実体験を誰かに話したりSNS投稿したくなる。口コミ自然発生。
『「眠る楽しみ」「新しい睡眠」の先駆者でありたいという方針』
ここが美容室と大きな違い。
効果をアピールしようとすると広告規制がガチガチだからね。
👉
マーケティングのお手本。 |
51万人予約待ちなのに、店舗拡大は行わない。店舗の希少価値を守るため。

社長以下、フラットな組織。
面白い。
癒やしからアミューズメントへ方向転換。ポジショニングの巧みさで独自の存在へ。
もっと見る (残り約260件)
 

いま話題のニュース

PR