TOP > 政治・経済 > ルンバの半額!「中国IoT家電」急成長のワケ | 中国・台湾 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ルンバの半額!「中国IoT家電」急成長のワケ | 中国・台湾 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

スマートフォンアプリで遠隔操作でき、米の品種やブランドごとに最適な加熱方法を自動で選択する炊飯器。アプリに表示されるマップ上でユーザーが指定した部分だけをきれいにするロボット掃除機――。これらはすべ…...

ツイッターのコメント(20)

詳しくないけど、
日本企業はIOT家電出さないの?
家電量販店少しぶらっとする時あるけど見た覚えがない…
格安スマホ一本足から多角化へ / |
Xiaomi、品質とデザイン優れてて、何より安い… 便利なものからIoTお灸みたいなやつもあって好き
【高機能IoTなのに安い】ルンバの半額!「中国IoT家電」急成長のワケ| スマホだけでは生き残れない。「IoT家電プラットフォーマーへの進化は着実に進んでいる」
半年使ってみたけどMIのロボット掃除機はすごいと思う。
ガジェット好きとしては、
小米集団(シャオミ)はイチ押し。
知らなさすぎるんだよね。価格がやすいのは一つの正義/
スマホで来てほしい。 / (東洋経済オンライン)
"シャオミの掃除ロボットは一見すると、イギリスiRobot社の「ルンバ」のようだ"ロボット掃除機はだいたいそうだからなぁ //
日本での認知はまだまだだけど中国で知らない人はいない大企業シャオミ。 |
「2019年の世界IoT市場は前年比15.4%増の7450億ドル(約80兆円)に達するという。うち中国市場は1820億ドルで世界の4分の1を占め、アメリカに次ぐ2位の規模だ(日本は4位で654億ドル)」

小米(シャオミ)のIoT家電に関する記事の編集を担当しました!
国が資金援助して質の高い品を作り安価で売り出す
もはやチート!
シャオミのルンバは2.2万円。
>シャオアイトンシュエ
長いw
シャオミのIoT家電プラットフォーマーへの進化は着実に。
スマホ一本足からの脱却を目指し、IoT家電事業に取り組んでいる。
掃除ロボットの価格は1499元(約2.2万円)。iRobot社のルンバの半額以下。
最先端のIoT家電には自社開発のAIが搭載。
以上
 

いま話題の記事

PR