TOP > 政治・経済 > 寝ても疲れがとれない人がすべき「3つのこと」 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

寝ても疲れがとれない人がすべき「3つのこと」 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

布団に入ってすぐにストンと眠りに落ち、そのまま深い眠りが持続する……そんな理想の睡眠を、私は「濃縮睡眠」と呼んでいます。ですが、なかなか理想の睡眠を実現できないという人も多いかと思います。クライアン…...

ツイッターのコメント(89)

肩を少し回すだけでも筋肉が緩んで楽な感じがするので気負わずに続けたい
やっぱり運動大切。。。
単純に運動しろって話だった……つらいw
簡単にできそうな事からやってみよう!
スクワットやっちゃダメと言われたからスクワット除く😅
〆(゚-゚*) メモメモ
寝ても疲れが取れない人は、まず「枕を換えること」枕を低くすると良いです。クッションからバスタオルに換えると良いですよ。

|
これだけでは眠れないけど… 毎日、折を見てやると、デスクワークで凝り固まった肩周りが緩むのは感じるよ!
>>とくに重要なのは、血液の循環をよくすること
>>神経はリラックスした状態である副交感神経優位に傾きます
ただ痛みを紛らわせる為にで本能で似た動きやってた

だから記事合ってるんじゃね←

病が改善とまではいかんが
肩甲骨ガチガチでいま肩上がらないから帰ったらする
■今人気の記事■ 【寝ても疲れがとれない人がすべき「3つのこと」】
これも取り入れよう。まずはゴリゴリ言うのでそこから。。/
もう少し科学的に改善しましょうね
ストレッチとスクワット!
簡単そうなので、やってみましょう。
寝る1〜2時間前にストレッチや軽い運動をしておくのもいいですね💡
記事内ではストレッチやスクワットのやり方が紹介されてます。

最近、寒いから余計に布団に入って温まるまでがなかなか寝付けないですよね。
お風呂で暖まったりして寝やすい状態を作りましょう✨
昨日これやってめっっっちゃ熟睡出来たwwwwww
最近寝てなくて体疲れてたけど、これ実践したら、短い睡眠でも朝気持ちよく起きられたー!夜のストレッチは大事だと気づく
エンジニアフレンズはこれしとくと良さそう
・猫背の姿勢でいると、血流が悪くなります。これが、深い眠りにスムーズに入っていけない原因になっている
実際に肩甲骨周りの筋肉を動かすストレッチをやってみたら、よく眠れました!😆
こゆ記事って死ぬほどあるけど、何がほんまなんや。
姿勢が睡眠に影響するのか。
> なかなか理想の睡眠を実現できないという人も多いかと思います。
> その原因のひとつに、“姿勢の悪さ”が挙げられます。
肩甲骨周りのストレッチ2つとスクワット、かあ……。 / “ | 経済ニュースの新基準”
やってみようと。
これなら続くよ
どんなに疲れてても筋トレして寝るようにしてます。睡眠の質が上がった気がします /
こんな情報を見つけたよ

| 経済ニュースの新基準
疲れが取れないのには色々な原因があるけれど、凝り固まった筋肉はやっぱりほぐさないとだなぁ。血流大事だなぁ、と思う今日この頃。
肩と背中のコリはワイ的にはラジオ体操が最強説
●最近寝付けないし、寝ても疲れが取れないな。血流が悪いのは感じてた。
スクワットが全身運動で濃縮睡眠に効くとは知りませんでした。引き続きやり続けたいと思います。 /
背中周りは確かに。 / “ | 経済ニュースの新基準”
参考までに。
肩甲骨のストレッチとスクワットらしいです。
一番欲しかった情報
就寝前の睡眠環境を作ることで、
睡眠効率が上がり、睡眠時間が減り、作業効率が上がる。

日中、時間に追われてバタバタしてるなら、
改善すべきは夜の習慣だったりする。 /
最近疲れが取れないと整骨院の先生に相談したら、モンスター飲むの辞めなさいと言われた。。。
とりあえずメモ。
だから、夜ホットヨガ行った日はめっちゃ寝れるのか…
本文より「デスクワーカーは背中が凝り固まっている」
自分も、いつも背中がバリバリになってます。


東洋経済
眠りを深くするためには運動しろっていう話。/ | 経済ニュースの新基準
肩甲骨大事ね。
もっと見る (残り約39件)
 

いま話題のニュース

PR