千葉台風関連の記事一覧

TOP > 政治・経済 > 東京電力はなぜ、賠償金を「払い渋る」のか | 資源・エネルギー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

東京電力はなぜ、賠償金を「払い渋る」のか | 資源・エネルギー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

122コメント 登録日時:2019-08-25 06:23 | 東洋経済オンラインキャッシュ

東京電力が2013年12月策定の新再建計画策定で表明した原発事故の賠償に関する「3つの誓い」の中に、次のようなくだりがある。「2013年12月に成立した消滅時効特例法の趣旨を踏まえるとともに、最後の一人が新しい…...

Twitterのコメント(122)

ふざけるな!
ただでさえ迷惑かけてるんだからこれ以上迷惑をかけないでください
岡田広行さんの記事。5500万円もの賠償金変換を求められたり、5750枚に及ぶ書類提出を求められたりしているという
この、加害者が被害者に賠償を出し渋る傲慢さを許しているのは誰か?
政権?原子力マフィア?
「前出の3つの誓いの中で東電は「被害者に寄り添い、賠償を貫徹する」との方針を掲げている」嘘吐きー
@urararano1 @t2PrW6hArJWQR5S そういう問題じゃない
彼らにちゃんと暮らせるだけの賠償金をきっちり払えって事ですよ
「払い過ぎた賠償金5500万円を返還せよ」
@
『「賠償の必要性を確認するため」として、5750枚にも及ぶ書類の提出を求められた農業者もいる。』
東京電力本店の賠償審査部門は精査せずに賠償額を決定したとのこと。嫌がらせ部門だ。
「「今まで支払ってきた賠償額が本来払うべき金額よりも多すぎた。その一部の返還を求める」との趣旨が記されていたのだ。山田さんによれば”精算金”として東電から返還を求められた金額は5500万円にのぼっていたという。年商の5割近い金額だ」 @Toyokeizai
記事では賠償の法的根拠に一切触れていないし、言及が一言もない。明らかに記者の勉強不足。あるいは、情緒的な記事へ寄せるため意図的に省いている。

- 東洋経済
東電は屑
ついでにこういうことすると叩かれて余計ヤバイことになることを理解していないので馬鹿
事故直後は神妙にしていたが、その後はずっとこうした不誠実な対応をしている東京電力。記事にしてくれた東洋経済に感謝。
読んで言葉を失う。
東電の賠償は滞ることなく続けられるべき。何が何でも、、、だ。

できないというなら、まずは東電を解散。別の形で賠償のみ行うシステムを作るしかない。無理と言われてもやるしかないのに。
とっとと調べて、払うもんは払う。
安全って言ってたツケが回ってきたってこと。
東電は『ある町の高い煙突』を見て日立鉱山の久原房之助を見習いなさい。→
(岡田広行) 【東洋経済オンライン】
先日、赤旗でも報告して下さってましたけど、東洋経済も追って下さってますね。もう1人、被災者を取材。

> 突然の賠償金返還請求、膨大な資料要求も:
東洋経済・岡田記者はいつも丹念に調べている。尊敬しています!→
さすが日本一の糞企業。情けない。
東電に突然、払い過ぎた賠償金5500万円を返せと言われた!
東電、潰してしまえば良かったのに。しかし、被害者叩きのブコメに暗澹たる気持ちになる。商売の基盤を失ってから立て直しをする厳しさを知らないのか / | 経済ニュースの新基準”
なぜ国有化しなかったのか。。。
東電は黒字なのに廃炉にしないわ、賠償金払い渋るわと好きにし放題だなw タヒね! →
: 東京電力が2013年12月策定の新再建計画策定で表明した原発事故の賠償に関する「3つの誓い」の中に、次のようなくだりがある。…
東京電力は、いったん支払った賠償金の返還を求め始めている(撮影:今井康一)😶
じゃあ、拡散された放射線量を非常事態でない線量に戻してやれよ 福島だけ20ミリシーベルトは可笑しいだろ
東電が税金使ったの払え!
東京電力はなぜ、賠償金を払い渋るのか?
賠償金を払い過ぎたと返還請する東京電力!
賠償金請求のために5750ページの書類の提出を要求する東京電力!
払った賠償金を返せという論が通るのなら、東京電力は地震から時効に遡って社長以下取締役及び全社員に払い過ぎた給与と原発が稼働していたにも関わらず徴収していたバカ高い電気料金を返還するべきだろうよ。
「最後の一人が新しい生活を迎えることができるまで、被害者の方々に寄り添い賠償を貫徹する」と言った以上、その通りにするしかないでしょう。
元々いくら払ってんのか不明だから、5500万円の大きさがわからん。資料は東電の担当者がコピーに来て、賠償は払われたって話。
東電が賠償したら破産するなら破産すればいい。後の補償は国が連帯して行うべき。😡

払い過ぎた賠償金5500万円を返還せよ。

「会社が存続できないかもしれない」。そばで話を聞いていた山田さんの妻は「ショックでめまいがした」と振り返る。
東洋経済・岡田広行記者の記事。必読です。岡田さんは県民健康調査検討委員会にも農民連にも東電にも足を運ばれる記者さんです。
▶︎やはり原発はダメ(>_<)
払い過ぎた東電の役員報酬も返してもらって下さい!(*´∀`)
ヤクザやな。

「「今まで支払ってきた賠償額が本来払うべき金額よりも多すぎた。その一部の返還を求める」との趣旨が記されていたのだ。山田さんによれば、”精算金”として東電から返還を求められた金額は5500万円にのぼっていたという。年商の5割近い金額」
最後の一人まで、賠償を行うと言う当初の国会答弁を聞いた覚えがあります。東電は何故、守らないのか!被災者の苦しみは計り知れない。
風評被害と言うが汚染の実態も市民が連携して測定した実態も報告あり事実を明確に
おったまげた。賠償金の払い渋りどころか、一旦払った分まで返還しろだと。「旧経営陣に払った給与や賞与、退職金、返還させて賠償金に当てなよ」って言いたくなるわ。
嫌がらせ行為だよなぁ
5千枚以上の経理書類をコピーさせろとか、ほとんど嫌がらせのようなことまでしてる最近の東電。避難区域解除が払い渋りを加速するのは間違いなさそう。

突然の賠償金返還請求
「避難先での営業再開ほかの事業に転換するなど損害を軽減することができることを理由に損害が継続しているとは認められない、以前のように商売できるというんだったら、どうやったらできるのか教えてほしい」
東電は、自分らがしでかしたことの意味が、8年経っても、まだわかってないみたいだ。
突然の賠償金返還請求、膨大な資料要
返還なんてとんでもない、裁判の判決だけ守れば良いと言う考え方。過失を起こしたのは企業、情報や危機管理忖度隠蔽、被害者は従業員では無く一般国民だ。
コイツら管内でもない新潟県で、原発を再稼働させたいが為に「原発が動いていないから、火力発電に頼りきりになってco2の排出が増えていて困ったもんだ」って言う広告を出す、厚顔無恥なゴミ企業だからね。 / | 資源・エネルギ…”
科学技術が追いついていない技術なんだから当然だろう。

「風評はそもそも根拠に基づかないため、時間の経過とともに解消に向かうというのが東電の見立てだが、一度離れた顧客は二度と戻らず、被害の多くが固定化しているのが実態だ。」
大事なのは自分たちの懐具合と政治・官僚との距離、国策での原発維持推進だからなw
3つの誓いより
「最後の一人が新しい生活を迎えることができるまで、被害者の方々に寄り添い賠償を貫徹する」
「新しい」生活を迎えたと東電が一方的に判断しているだけ😠
こんな会社で、全国に販売開始しますよ。
■今人気の記事■ 【東京電力はなぜ、賠償金を「払い渋る」のか】
事業体としての事情は理解できる。最大の問題は被害者の実情を無視すること。
この話はおそらく現場を追いかけても解決しない。賠償の監査なり組織変更なりといったものが影響していると思う。東電が「そろそろほとぼりも冷めたやろ」と思い始めているというのは確実だと思うけど。 / |…”
何故っていうか当然の話。払いたくないに決まってる。加害者が審判できるんだから。
ダルカラードポップの福島三部作を観た後に、この記事を読むと本当に東電っていう会社の無責任さに腹立たしくなってしまう。
被害者が外国人なら戦後賠償(日本社会)の問題とかなり重なって見えるだろうな→
相手が死ぬのを待つ、というのが企業の基本戦略なのでしょう。
一度解体しないと。//
あれだけ酷い人災事故を起こした東京電力という会社自体を存続させるからこういうことになるんじゃないだろうか。最新の情報では、やっぱり津波が来る前から壊れていたという告発もあるわけだし。 / | 東洋…”
幕引きしたいのは分かるけど、賠償金払い渋る東京電力も賞与は出てるじゃないかなぁ
儲かってるのねぇ
加害企業が被害者に対して不利益変更どころか、新たな加害といっていい案件

>東電から返還を求められた金額は5500万円
>(東電の担当者は)すでに2年分の賠償が一括して払われていると
ネットで荒れ狂ってる怒りのパワーを結集して、東京電力に向けたらいいんじゃないか.
風評被害ではない、実害!
原発ヤクザはやることが違う
ケチのついた土地に未来はない。固定資産税を取り始めた自治体、東電が買い取れ。
東電とのやり取りはネチネチ感満載で、上から目線。本当に損害賠償をする企業の態度かと今でも思う。年老いた両親に替わって手続きした日々が憎々しい。故郷を返して欲しい。
このことを見ても、到底原発には賛成できない。→
東電賠償....
5500万円も過払い受けてるって、一体いくら請求してきよったんだ?数億円ならもう事業などせずに一生遊んで暮らせる。他の事業してその赤字補填をさせたり守銭奴の武勇伝か?
一旦、この会社潰せば?
稲盛さんか、孫さんに引継ぎ会社作ってもらって。
今まで支払ってきた賠償額が本来払うべき金額よりも多すぎた。その一部の返還を求める
東電の自分勝手な体質を諸に露呈した蛮行だろう!国から国民の血税をもぎ取っても、自社社員の給与は殆ど減っていないようだ?日航のように社員の給与を削減しても立て直すと言う気概が感じられない!誠に残念!
こんな会社は一時も早く国営化すべきではないか?血税が闇に‼️
元お役所の組織である。お役所なら国民にどう言う態度か誠意などないか、よくわかるだろうに >
東電は鬼畜なり‼️
鬼畜のなせる技、
バックにうごめく
〇〇の意向……⁇
うやむやなり‼️復興問題‼️
「なぜ」の答えが本文中にはないように思うのだけれど。/
国が最終的に原発を承認したのだから、選挙前に酷い実態を全国民に向けて大々的に公開し、国民の総意を確認する意味を含んだ選挙にするべき。

選挙のほとぼりが冷めた後では、効果を発揮し難く、当事者達は泣き寝入り、加害者側は、なし崩しがオチである。
まじですか、廃炉も終わらず今日も放射性物質撒き散らしながら風評被害が収束しないのはおかしいとか、頭おかしい
ほとぼりが冷めたから、以前の高圧的な殿様商法を復活させたということ。「一度、原発立地を認めると、後でどんなにひどい目にあうか」を示す端的な例。
公的資金を受けながら自民党への献金や役員の高額報酬や社員のボーナスは滞りなく出てるんだよな‼️
全くスゴい会社だよ‼️
まるでヤクザ企業だな😡
しょせん、東電など原発事業者なんてそんなものだ。
|
「風評はそもそも根拠に基づかないため、時間の経過とともに解消に向かうというのが東電の見立てだが、一度離れた顧客は二度と戻らず、被害の多くが固定化しているのが実態」
株式会社だからです。売上に関係ないコストは下げれば下げるほど有能と評価される組織だから。
何だかなあ(・・;) -
もう8年間が過ぎた。和解できない案件は長引かせないためにも裁判への移行をした方が現実的。
政府東電の主張を支持する。
賠償における東電の非道ぶりがよくわかる。
自分も関係者への聞き取りを何度もしたが、あまりの理不尽、非道、ゲスさに目眩がした。
保守だの愛国だのという人間は同胞を苦しめる企業になぜ怒らない。
科学的リスク管理とか言う人間は明確な被害への賠償渋りに何故怒らない
認めるべきだ‼️
逆の立場になってみよ📣📣📣📣📣
#最低。
最低という言葉が東京電力だ!元の火種は東京電力だし其れを忘れてる、膨大な書類の提出単なる嫌がらせだ!賠償金を「払い渋る」のか |
原発事故そのものの悲惨さにも増して東電の対応のような人間の汚さには目をやれないな。東電が傾いても無条件賠償すべき。
週刊文春やフライデーさんこんな奴らをとことん叩けよ。賠償金は払わない、役員らのボーナスは払うてか。ふざけるなよ。トコトン役員達の動きから探り出せ。
払う気がないとしか思えない。税金まで投入されてるのに、被災者に厳しい。
こんな意地悪なことをするなら、東電は生かしておくべきではなかった。東電の幹部たちには、原発事故によりそこに住む人々の生活そのものを破壊してしまったことに対する罪の意識はないのか?
東京に本社を置く企業が庶民に優しいはずありません。
企業体質が何も変わっていないということ。最高益を出しているのに。:
東電を追い続ける岡田広行さんの記事です。
東電が賠償金を払い過ぎたら返せとは!
東京電力はなぜ、賠償金を「払い渋る」のか。東京電力は、いったん支払った賠償金の返還を求め始めている。 
東京電力が表明した原発事故の賠償に関する「3つの誓い」の中に、次のようなくだりがある。
こういうのもっと大々的にニュースにすべきじゃないの?
#
片方の意見を論じるのは記事を使った暴力だ(¬_¬)
経営不振と原発事故被害の見分けが付きづらいってあるわな。
東電に偽りはないのだろうか、総点検が必要だ
石崎さんが辞めてから、こういう話がたくさん出てきたよね。
東電が払った賠償金返せと言ってるって。:
そろそろ東電に切れてもいいのかもしれんし
一度払った賠償金の返還を求めるなど、最低だな、東電。
5750枚にも及ぶ書類の提出を求められた農業者もいる。
そうか、原発事故は喉元過ぎてどこ吹く風となった今、賠償金払うのやめるなら今だと判断したんだね。
これが電力会社の正体なの?
悪いのは行政との関係性かもしれません。
公営だった電力会社を民営化した上で政治献金を受け取っている政府、しかも献金の8割はそう
なんです。
東電というより国だろ?
公務員対応だからどうにもならないだろうな。
支払いの妥当性なんて公務員が分かるわけないんだから
以上

記事本文: 東京電力はなぜ、賠償金を「払い渋る」のか | 資源・エネルギー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事