TOP > 政治・経済 > 「やることが多すぎる上司」が結局ダメなワケ | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「やることが多すぎる上司」が結局ダメなワケ | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

50コメント 登録日時:2019-06-25 06:04 | 東洋経済オンラインキャッシュ

部下の話を聞く時間が持てないのは、能力の問題ではありません。そもそも、リーダーのやることが増えているからです。実際、「上場企業の課長に関する実態調査(2017年11月実施/産業能率大学調べ)」でも、約6割…...

Twitterのコメント(50)

これ中途半端な外資にあるある!任せずして部下の真価判るはずもないねー。
うちの上司の上司がこのタイプ。上司はそれを分かっていて手を抜いているタイプ。
テレビで見た「はじめてのおつかい」と重なったなぁ。

やってあげようと思えば、いくらでもできる。自分でやった方が早いし簡単。

でも、任せない限り相手はそんな機会があることすら知らない。

任せる覚悟、信じる勇気。

実は相手も待ってるんだよね。
成長の機会を。
耳が痛い!
マネジメントは精神論でも才能でもなく後天的に鍛えられるスキル。働きやすい職場作りにはマネジメント層の教育が欠かせないと思う。
客先も主任や課長クラスに仕事を依頼する事が多いから必然的にそうなる。
下に任せると文句が出る事もあった。
大事だとわかっていても、気付くと背中に背負いすぎてることがある🐫
身近にボール渡すのが上手な人がいるので、その人のようになりたいとは思ってるのですが…
この記事と、転職してきた管理職が実務できなくて迷惑というツィートを交互に見てる。
上司は部下を使ってなんぼ。
使える部下を育てるのが上司の仕事。

Discover(Google)から


言うは易し、行うは難し。。。。。
まさに。
気になるだけじゃなく

自分がやれば
現場疲弊を回避し
離職者を減らせる

間違いかも
悩もう!
はい、その通りです。管理職はスーパーヒーローではありません。一社員です。ですので、任せた無理が無い範囲の仕事を拒否する人は辞めてください。どうせ伸びません
部下の熟練度で対応レベルを変える。
確かに
>新人には、細かくやり方を教えることが不可欠ですし、中堅には、自分で考えさせるといったことが重要
「いかに速くやるか」ではなく、「いかに任せていくか」を考えるしか方法はないのです。
ごもっとも。でもね、みんなプレイングマネジャーが好きなんだ。ずっとプレイヤーやってきたスタープレイヤーだし。
@miyakohime46

「やることが多すぎる上司」が
結局ダメなワケ
任せる前にやらないことを定義すべき。
やることにだけ目を向けてると、本質が見えない。
我が事感か。。そうなんだよな。それを感じてもらうことが組織を強くするコツ。。過去振り返ると出来てなかったなぁ。どうしても自分でやった方が確実と思っちゃって。。
やったことがない部署に役付で飛ばされると、まずは業務の把握に時間を取られます。古株のベテランがいると、その人が部署内の仕事を回していることも珍しくありません。
-
任せすぎて退屈になってる。

| 経済ニュースの新基準
相対的な付加価値を考えるといいですよね。
自分より違う人で同じくらいの価値を与えられるなら任せる!発想と。
自分に時間が出来ることで、それを抱えるよりも価値がある仕事が出来る!という発想。
任せる、任せな...
(うちの上司でもマイクロマネジメントすぎんねんって人いるけど、逆お叱りして直してもらうようにしてる。)
他人に迷惑かけないように!
っていう教育するからねぇ。
long a goのjob上司が典型的でした。
素敵な上司達、何人潰したか
自覚が無かったです。
「もっと、信頼して任せてほしい」
ってのは「負荷をかけてほしい」訳ではないだろ
これを読んで「部下は仕事やりたがってるんだ!明日からバンバン任せよう!」って無能上司が誕生しないことを祈る
マネジャーになればなるほど、潰しが効かなくなってくるのが自覚できる。その反面、自分の時間が増えるので仕事をより俯瞰できるようにはなる。結局は覚悟の問題かな。 / (東洋経済オンライン)
仕事を任せることで業務の余白を生み出すことは確かに必要。
ただ、会社としての絶対的な仕事量は変わらないため、振られた社員の業務が圧迫される可能性も高い。
「負荷をかけてこそ成長がある」「仕事の報酬は仕事」などのマインドセットを醸成できるかが鍵になる。
良記事ー。

"リーダーに必要なことは、過去の「経験」でうまくやることではありません。必要なことは、未来に対する「投資」です。部下の育成も投資"
リーダーに必要なのは
自分の経験ではなく
未来に対する投資。

なるほど!

自分事になるのが
一番の成長への道。
昔の経験なんて陳腐化するしね。
もっと部下や仲間を頼ってもいい、ということなのです。
社内調整、社内調整、社内調整...。
ここはお役所ですかと思うこと度々😒
任せられないか、放置か、どちらかが多い気がします。そもそも相談しても課題を整理してと言う人多数な、、、。週報で報告してますよ
上司にこれ読ませたい
これは本当に皆が思っている事!!
手は離しても目は離すな。
これは1on1の普及で著名なyahooの本間さんにインタビューさせていただいた時に仰っていた言葉です。
育成の本質を突いた言葉として胸に秘めています。 / (東洋経済オンライン)
人増やさないから一人当たりの業務量が増えてる、でも賃金は据え置き。そんなん不満積もるに決まってんじゃん。
自分でやった方が速いし正確だしと言って、本来部下に与えるはずの仕事をやってしまうのは、管理職のすることではないですね。マネジメントが上手くいくためには、平社員が成長でき、チームパフォーマンスが向上する仕組みを持続的に作ることが必要だと思います。
我が社やん
これな
これ。→
以上

記事本文: 「やることが多すぎる上司」が結局ダメなワケ | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事