TOP > 政治・経済 > 「スキルアップ副業」の思わぬ「落とし穴」 | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「スキルアップ副業」の思わぬ「落とし穴」 | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

働き方改革の影響で、会社勤めをする多くの方の帰宅時間が早くなったと思います。その分、「仕事がたまるばかりで終わらない」「残業代が入らない」という嘆きも聞こえてきますが、「プライベートが充実した」「子…

ツイッターのコメント(16)

私の勤務先も
副業OKにしてくれないかなぁ、、、。
本業に支障が出たりしたらいけないけど副業でスキルアップややってみたいことを挑戦できるのはいいですね!
副業の所得が20万円を超える場合、確定申告をして税金を納める必要あり。(住宅ローン控除や医療費控除を受けるために確定申告する場合は、副業の所得が20万円以下であっても申告書に記載する必要あり)

副業を始める前に是非一読を。
@Toyokeizai
副業で忘れがちな「就業規則、労災、社会保険、確定申告」。これらは副業で稼いでから考えるのではなく、5分でいいので事前知識として仕入れたい。
副業もだんだん一般的になってますね♬
これをやらなければ一生環境を変えることはできない!!
社会保険のことも丁寧に説明されている良記事。

やっぱりこれからの時代、多様な働き方でスキルアップしてね&将来に備えてね!ってことなのだなぁ…

「えっ、仕事1つしかしてないの?」みたいな時代も来るのかな😅
副業の3つ目のメリットは本業にもプラスの効果があることです。
現状としては無理だな、社会保険。どこも制度がないから…。
☑️副業のメリットは主に2つ👇
「1つ目は本業とは別のスキルや経験を得ることで「新しいキャリア形成」につながること。2つ目が生活費は本業で稼ぐ分、副業ではそれほどお金を気にせず「自分がやりたいことに挑戦できる」ことが挙げられます」
副業推進賛成です。

優秀な副業者にうちで働いてもらいたい。

起業のノウハウだって教えられるから、お互いWin-Winだと思う。 / (東洋経済オンライン)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR