TOP > 政治・経済 > 日本人英語「Yes・No」の乱発がダメな本質的理由 | 英語学習 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本人英語「Yes・No」の乱発がダメな本質的理由 | 英語学習 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

英語がかなり話せる人でも、「なぜか会話が続かない……」「雑談ができない」という悩みを持つ人が多くいるようです。ネイティブである私としては、彼らが陥ってしまっている英語の落とし穴の1つが、基本中の基本…...

ツイッターのコメント(14)

Yes, Noと後に少し言葉を付け加えるだけで会話って変わるんだね
【言われてみれば確かに】日本人英語「Yes・No」の乱発がダメな本質的理由| 「そっけないYesやNo・会話をあっという間に終わらせ・ネイティブは・返答にYes/Noを使わないことが多い・機械的・ではなく、「相手が本当は何を尋ねているのか」を考える」
習うの受験英語だし、しょうがないよね。。
これこれ!会話が弾まない理由はコミュニケーションを学ばないから!
これは日本語でも同じで、会話を深めるには、イエス・ノーでなく、「なぜ」「どのように」「何を」の質問、つまり、オープンクエッションにする必要がある。 / (東洋経済オンライン)
あぁ〜、なるほど。たしかにイエス・ノーで会話切れちゃうわ。
yes noでしか答えれないなら英語を完全にものにしてないでしょ
日本語で朝ごはん食べた?って友人に聞かれたら「うん。」で終わらなさいでしょ?
「朝は◯◯食べたんだけどあんまり口に合わなくてさーそういえ...
「Do you speak English?」って聞かれない? 経験的には能力を聞かない気遣いを英語圏の人はすると思ってます。 →  -
これって日本語でも同じだよなあ
以上
 

いま話題のニュース

PR