TOP > 政治・経済 > サイゼリヤが「低価格なのに儲かる」カラクリ | 外食 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

サイゼリヤが「低価格なのに儲かる」カラクリ | 外食 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

79コメント 登録日時:2019-05-21 16:07 | 東洋経済オンラインキャッシュ

ミラノ風ドリア299円(税込み・以下同)、ハンバーグステーキ399円、コーンクリームスープ149円、グラスワイン100円……。これらはすべて2018年12月時点でのサイゼリヤのメニュー価格だ。改めてその安さに驚く人も…...

Twitterのコメント(79)

電子マネー使わないからじゃないの?w
食材を自社生産していること。しかも、ただの自社生産ではなく、栽培・収穫から加工、調理まで一貫して行う製造直販。
大人になって気付かされるサイゼリヤの魅力ってあるよな、、ボトルワイン美味いし、料理美味いし、たらふく食べて飲んで2000円だし、好き。1000店舗超えてもずっと安定経営なのすごすぎ。
「キッチン半分戦略」
儲かる企業は従来の常識を疑い、考え抜いた独自の戦略を実行している。
サイゼリヤってファミレスの中でも一番低価格でやってると思う。個人的にもよく使ってる。
にしても5期連続で売上高が伸びてるのは思わなかったなぁ。企業努力ってすごい
サイゼリヤが低価格でも増収増益を続けられる理由

→店舗での調理工程を削減してキッチンを狭くする
→原材料の開発・製造からワンストップで行う

自社プロダクトの求められる水準(安くてボリュームがあるそこそこの味)に応えつつ、利益を出すための営業努力のお手本のよう
サイゼリヤが好調な理由

店舗面積を極力抑え、何よりキッチンのサイズを小さくし、お客数の座れる数を増やす。そして郊外の不採算店舗は潰して、駅近などアクセスが良く、美味しい100円ワインを運転を気にすることなく気兼ねなく飲めるようにしている。
経営分析論の復習にどうぞ。

| 経済ニュースの新基準
機内食みたいな感じか。「ところで、なぜキッチンを半分にできたのか。それは、基本的に「調理をしない」から。」
>いろいろあるけど、クレカやポイントないのも経費削減に効いてるよな
サイゼリヤという埼玉が生んだコスパ最強イタリアン。
一人でも友達とごはんでも家族との外食でもデートでも全然行けます。
個人的にエスカルゴが好きです。あとフォカッチャの上にシナモンとアイス乗ってるデザート。
基礎的なことですが。
なるほど。基本的に「料理」をしないので狭くていいキッチン。それを可能にする農業生産から加工・調理まで自社で行う製造直販。収量の多いレタスの自社開発生産、豪州の専用工場で作るホワイトソース…
サイゼリヤはキッチンを極限まで小さくすることで収益が上がるモデル
加えて食材調達コストを落とす目的での一貫した自社生産

確かサイゼはキッチンで火を使った調理はあまりしておらず、ほぼレンチンだった気がする
ヒント:オタクが久石奏セットを頼むから
売上は増えているが利益は増えていない
つまり儲かっていない
まぁ低リスクではありますなぁ。

()
サイゼリヤは今も昔も近所に唯一のファミレスなんで頑張って欲しい。サラダ美味いから2番目に好き。
1番はシズラーw
【サイゼリヤが「低価格なのに儲かる」カラクリ】

コストゾーンの削減。映画館に当てはめれば、映写室をなくしたリフト映写や半ブースにして客席数を最大化する手法と同じですね。
すごい↓

安くても儲かるサイゼリヤの秘密はどこにあるのか。それは店舗の「コストゾーン」の縮小にある。コストゾーンとは、具体的にはキッチンだ。サイゼリヤは店舗面積に占める割合を従来比の半分にしたのだ。

サイゼ「低価格で儲かる訳 @Toyokeizai
本日のサイゼリヤ記事
お金がないときにする事
サイゼリア飲み最高
「もう1つ、サイゼリヤが儲かる理由として忘れてはならないのが、食材を自社生産していること。しかも、ただの自社生産ではなく、栽培・収穫から加工、調理まで一貫して行う製造直販」

サイゼリヤが「低価格なのに儲かる」カラクリ|
なるほどですね。

#
おもろいね
平日からサラリーマンがワイン飲んで悪目立ちする理由がわかったの(ФωФ)
キッチン縮小と、食材の自社生産
他にもありそうだけど
「サイゼリヤ」は価格が安いのになぜ儲かるのか?

キッチンの面積を半分にし客席を増やしたり、食材の栽培や収穫まで自社行うなどの工夫があるそうです。

サイゼリヤが儲かるカラクリ
非常にinteressantな記事だわ
サイゼリア
低価格なのに5年連続売り上げをせばせる理由。

調理場縮小してテーブルを増やして
回転よくしていってる

材料費の削減
(レタスなど種から独自で品種改良しているらしい
しかも一つのレタスで5人分のとれるように品種改良)

なんだただ努力家かよ。

オススメ↓
「サイゼリヤが低価格なのに儲かっているカラクリ」

サイゼリヤの売り上げは2014年から2018年まで5期連続で順調に伸びている

1.「キッチン」面積が小さい
駅前など都内の狭小地などでも進出できるようになった

2. 品種改良まで行う「製造直販」も強み
すごい。 / “ | 経済ニュースの新基準”
ガスレンジも無いって衝撃的(・∀・)
何年か前の経済系オンライン記事でここが取り上げられていました。「売り上げノルマはない」と明言されていましたが、読み込んでいくと「利益ノルマがある」とも解釈できました
私は サイゼ推し toma
冷凍出してるイメージだったけど、色々な努力してるんだなぁ。
結果普通に考えたらわかるけどそれを実行するのがすごい
品種改良、ゲノム編集、自社生産してる食品関係の会社は伸びるよね
【キッチン面積を半分にした】←これが決め手

キッチン半分→店舗面積減→駅前に出店
実現するため店で調理しない
冷凍食品じゃないの?livedoor: サイゼリヤが儲かるカラクリ.
レタスの種から自社開発してるってマジか(*_*)
気になってたやつだ

店内でほぼ調理しない→キッチン面積をカット→客席増
今日のお昼のご飯もサイゼ♫
ランチうまうまでし。
今後も安売りで利益出せるのはこういう仕組みを作ってるところだけ。
最近けっこう高くつく(;_;)
キッチンエリアを最小にして客席増やし、食材は自己調達等の工夫
個人差有りますが、サイゼリヤの魅力は、今まで食後に胃がもたれた事が無いんですよ
多分食材の品質は落してないのかと
そりゃ高原を丸ごと購入してるからやろなぁ
サイゼリヤはキッチンを小さくすることで都心の狭小地をはじめ、これまで出店できなかった地域にも進出できるようになった。近年の出店はアクセスのいい駅前やテナントビルやショッピングセンター、商業施設などにほぼ限られ、逆に郊外型の不採算店はどんどん閉店している。
まじか。。。
“サイゼリアはレタスを種の段階から開発している。普通のレタスが1玉でサラダにして数人分しかとれないところを、サイゼリヤは品種改良により5人分以上とれるような高効率のレタスを開発した。”

| 東洋経済
・店舗のキッチンを小さくする。

⇒客席を増やしたり店舗を小さくしてテナント料の削減

なんだか大した事無い理由だな~とも思ったけど効果は大きいみたいです。

最近、サイゼなんか行ってないわ~(´・ω・`)
サイゼがすごいのは間違い探しだけじゃなかった!!!
サイゼリヤ、色々と工夫しているのですね。
いっぺん食べに行ったらわかるやろ。
サイゼが安い理由、納得
。例えばレタスなどは、種の段階から開発している。
やっぱサイゼ神だわ
ナイス
サイゼリヤ‼️
サイゼ結構好きなんだよなー。沖縄にも来て欲しい。あと、餃子の王将!
@kantamizutamari
水溜りボンドの企画ってほんと時代にタイムリーなんだよなぁ。。カンタくんさすが
んむうう
去年の秋くらいに書かれた記事ですかね。 >
ランチはガストの方がいい!
サイゼリヤが儲かるカラクリ
[東洋経済オンライン]
サイゼリヤはキッチンを小さくすることによって、都心の狭小地をはじめ、これまでは出店できていなかった地域にも進出できるようになった。
以上

記事本文: サイゼリヤが「低価格なのに儲かる」カラクリ | 外食 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事