TOP > 政治・経済 > 「親の葬式をしなかった」59歳男に一生残る後悔 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「親の葬式をしなかった」59歳男に一生残る後悔 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

近年、冠婚葬祭の儀式の簡略化にともない、自分の死後は「葬儀不要」「お墓はいらない」という人が増えています。しかし逝く側、送る側の思いにギャップが生じ、遺された人が苦悩するケースも珍しくありません。田…...

ツイッターのコメント(101)

親父も「俺が死んだら墓作るな。そこらに骨まいてくれ」でした。けど、場所が近い親戚にお越しいただいて葬式したし、市営霊園に納骨しました。
最低限ではありましたが、心からやってよかったと思っています。
弔いは残った人のもの。死んだ後の指示までは出したくないなーと改めて感じた。
"自分たちに限っていえばコストに反映されない負担の部分が大きかったような気がします」と振り返ります"このように「コスト」をカネとだけ言うのは問題だ。/
49日法要でamazonで頼んだお坊さん、費用が6万5千円ってあって、え、めっちゃ高いやん。都会すげーって思ったw
これね、業者が直葬で済ませる為にやらなければならないことをリスト化してないからこんなことになんのよ。直葬を奨める業者の如何に無責任なことか。
役所・金融機関・保険などの手続き関係は、葬式とは関係ない。
弔問者に対しては、「香典・供物・弔意・弔問は、一切の例外なく謹んでお断りしています。弔意は、お心の中で故人に向けて下さい。」で通す。
をして、生前からよく考えておく必要はある。
そうそうこの記事探してたンだぜ、碌に考えなしに直葬というのが相当なリスクであると理解できる内容だぜよ
逝く側の思いと送る側の思いにギャップ。看取りの後はどうするかという人生会議も必要。

お金の問題ムズい。
私も無宗教だし負担かけたくないから葬式いらんなぁと思ってたけど、こりゃ確かに大変だわ…なら家族葬かな…
ずっと続いてることにはやはり何らかの意味がある。
自分だけの浅はかな考えで一度止めるともうそこから始めるのはほんとうに大変なこと。無理だと言っていいと思う。

生前葬が最強だ。

集まった人達に本人から、葬式はしない、墓はたてず散骨すると伝えればOK。

ボケる前にね。
今の時代、お寺さんに頼めば契約の坊様を寄越してくれます。家族葬にすれば宜しいです。
私の友人も寺を持たない防様ですが大変まとも。丁寧にやってくれます。

その後お寺に祀ってもらって永代にしてもらう手もあります。墓無しで代々いけるそうです。
重ねてこれも見て欲しい。逆に坊さん関係じゃない人に見てほしい笑笑
先に相談してくれたら、こんな方法もあるよとか状況に応じたアドバイスもしてあげれるのになといつも思う。

普段から気になることは聞いてもらえるように、関係の構築が大事だなぁ・・・
「コスパ厨は感情コストを理解できていないからダメ」という名言があったな
Amazonで坊さんの手配が出来るなんてなんていう世の中!でも普通に売れそうだな。
良い記事だと思う。送る側と送られる側の思いは、意外に違うことも多い。きちんとすり合わせるには、避けて通れない「本人が亡くなる前のお話し合い」なのである。しかし「死ぬ話なんて」と避けている人も多いが「本番」で色々思うのは、必ず送る側なのである。
今ならなんらかの形で自分の死後どうするのかメッセージを残すのは簡単だけど、高齢者だと難しいでしょうね。

「死んだらどうするか決めてメモ残しといて!」

ってなかなか親に言いにくいし。大切なことだけど。
高すぎるんだよなぁ()
何かと考えさせられる記事。必要派・不要派・・・・・意見真っ二つだわな。
「親の葬式をしなかった」59歳男に一生残る後悔
令和となる新しい時代
よく考えてみたいと思います。
これは意外にあるあるな件

葬儀は故人の為だけじゃなく
実は遺族の為なのです
「葬式不要」ではなく
利益率重視の葬儀屋が不要。

葬儀は寺でやればいい。

葬祭ディレクターの実技試験に
幕張りが含まれているのは何故?

寺で葬式やるためだよ!
逝く者と遺される者のギャップは生きているうちに埋めた方がいい→
「父は自分たちに負担をかけたくないという思いで、葬儀不要、お墓はいらない、と言っていたのかもしれませんが、自分たちに限っていえばコストに反映されない負担の部分が大きかったような気がします」

「合理的」が、かえって割り切れなさを残す。
本当に葬式しないのもそれなりに大変みたいですね。
『 「葬式不要論」が合理的と断言できない理由』
「親の葬式をしなかった」59歳男に一生残る後悔。まぁ、自分自身へのケジメと言う部分も有るから、一概に何も要らないと言うのも有るんだろうけどね。でも、残された人の方が大事だから、亡くなる人がそれでええと言うなら、別に無理をしなくてもだとは思うけどね。
元気なうちに親子・夫婦でよく話し合うことが大事ですね。「きっとこう理解してくれるに違いない」は「たぶんそうは理解してくれない」です。
● | @Toyokeizai
葬式は残された者の為 心の癒し!派手である必要はない!:
@Toyokeizaiさん 家は葬儀はせず、直葬&お食事会で、故人をお送り出し、葬儀や戒名にかかる予定の費用は、敵を取る為に全て介護事件の訴訟費用に!!
こうした想いを抱える方が今後増えていくこと

分かっているのに止められませんね…

その原因を誰かに求める気はありません。ただ、まだ間に合うことはお坊さまやお寺さん、葬祭や終活に関わる方々に粛々としていただきたいです
だよねー。式典は、自分のためにやるわけじゃ無いからね。
葬式も然り、結婚式も然り、なにかの式って、形式だけで面倒?だと思われがちだけどその本当の意味を考えるといいかも。
合理的で無い?いやいや🤫実はめっちゃ合理的だよ^_^
|
>読んでてアマゾンのお坊さん便に違和感を感じたの下りで違和感を感じた。ステマ?
葬儀が終わっても、手続きやお墓仏壇など、子どもたちや後見人の対応が続きます。(東洋経済)
葬儀後のほうが数倍も大変…親の葬式をしなかった59歳男性の後悔 #終活 #葬儀 #相続 #手続き #お墓 #仏壇 #東洋経済 #親 #子ども
今の僧侶は仏道修行してない葬式仏教。簡易にすませたお葬式で後悔するなら、自分がお経をほんの少し読めるようになってお経をあげてあげたらいいじゃないですか?簡単ですよ。とらわれないなら徹底して突き抜けるべきです。
「負担をかけたくない」という子を想っての「葬儀はしなくていい。墓はいらない、散骨で」という選択でより負担や不安を与えていまう例。

法事の度にamazonで僧侶ポチッとっていうのやっぱり違和感なのかね。

葬儀後のほうが数倍も大変…親の葬式をしなかった59歳男性の後悔
葬式しないってどんな事になるかなんて一般の人は頭の中で映像化されない。
アドバイザーやカウンセラーの人は無責任な情報垂れ流さないでね^_^
よくよく考える必要がありますね
ほんとこれ。
こじんまりとでもいいから形式でしといたほうが絶対に楽だと思う。
選択肢が多い故に、迷う。
葬儀だけが未だに蓋をされ、改革の手が加えられない。エンディングノートや樹木葬などは広まったけど、仏教徒ではない人を無理矢理 宗徒化することや、礼服=性別で形を分ける(女が喪主なら和装、スカートが正装)のも古臭すぎる。
葬儀はしたが、手続きでバタバタしているのでこの苦労は実感。【引用】葬儀後のほうが数倍も大変…親の葬式をしなかった59歳男性の後悔
僕が一族の墓、その管理者に就任した暁には。叔父を一族の墓には入れないし。一族の墓を墓じまいすると思います。
遺された方は葬儀も墓もいろいろしてあげたくなっちゃうんだよねえ
もっと見る (残り約51件)
 

いま話題のニュース

PR