TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 「親の葬式をしな...

「親の葬式をしなかった」59歳男に一生残る後悔 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

81コメント 登録日時:2019-04-20 11:16 | 東洋経済オンラインキャッシュ

近年、冠婚葬祭の儀式の簡略化にともない、自分の死後は「葬儀不要」「お墓はいらない」という人が増えています。しかし逝く側、送る側の思いにギャップが生じ、遺された人が苦悩するケースも珍しくありません。田…...

Twitterのコメント(81)

高すぎるんだよなぁ()
何かと考えさせられる記事。必要派・不要派・・・・・意見真っ二つだわな。
「親の葬式をしなかった」59歳男に一生残る後悔
令和となる新しい時代
よく考えてみたいと思います。
これは意外にあるあるな件

葬儀は故人の為だけじゃなく
実は遺族の為なのです
「葬式不要」ではなく
利益率重視の葬儀屋が不要。

葬儀は寺でやればいい。

葬祭ディレクターの実技試験に
幕張りが含まれているのは何故?

寺で葬式やるためだよ!
逝く者と遺される者のギャップは生きているうちに埋めた方がいい→
「父は自分たちに負担をかけたくないという思いで、葬儀不要、お墓はいらない、と言っていたのかもしれませんが、自分たちに限っていえばコストに反映されない負担の部分が大きかったような気がします」

「合理的」が、かえって割り切れなさを残す。
本当に葬式しないのもそれなりに大変みたいですね。
『 「葬式不要論」が合理的と断言できない理由』
「親の葬式をしなかった」59歳男に一生残る後悔。まぁ、自分自身へのケジメと言う部分も有るから、一概に何も要らないと言うのも有るんだろうけどね。でも、残された人の方が大事だから、亡くなる人がそれでええと言うなら、別に無理をしなくてもだとは思うけどね。
元気なうちに親子・夫婦でよく話し合うことが大事ですね。「きっとこう理解してくれるに違いない」は「たぶんそうは理解してくれない」です。
● | @Toyokeizai
葬式は残された者の為 心の癒し!派手である必要はない!:
@Toyokeizaiさん 家は葬儀はせず、直葬&お食事会で、故人をお送り出し、葬儀や戒名にかかる予定の費用は、敵を取る為に全て介護事件の訴訟費用に!!
こうした想いを抱える方が今後増えていくこと

分かっているのに止められませんね…

その原因を誰かに求める気はありません。ただ、まだ間に合うことはお坊さまやお寺さん、葬祭や終活に関わる方々に粛々としていただきたいです
だよねー。式典は、自分のためにやるわけじゃ無いからね。
葬式も然り、結婚式も然り、なにかの式って、形式だけで面倒?だと思われがちだけどその本当の意味を考えるといいかも。
合理的で無い?いやいや🤫実はめっちゃ合理的だよ^_^
|
>読んでてアマゾンのお坊さん便に違和感を感じたの下りで違和感を感じた。ステマ?
葬儀が終わっても、手続きやお墓仏壇など、子どもたちや後見人の対応が続きます。(東洋経済)
#終活 #葬儀 #相続 #手続き #お墓 #仏壇 #東洋経済 #親 #子ども
今の僧侶は仏道修行してない葬式仏教。簡易にすませたお葬式で後悔するなら、自分がお経をほんの少し読めるようになってお経をあげてあげたらいいじゃないですか?簡単ですよ。とらわれないなら徹底して突き抜けるべきです。
「負担をかけたくない」という子を想っての「葬儀はしなくていい。墓はいらない、散骨で」という選択でより負担や不安を与えていまう例。

法事の度にamazonで僧侶ポチッとっていうのやっぱり違和感なのかね。
葬式しないってどんな事になるかなんて一般の人は頭の中で映像化されない。
アドバイザーやカウンセラーの人は無責任な情報垂れ流さないでね^_^
よくよく考える必要がありますね
ほんとこれ。
こじんまりとでもいいから形式でしといたほうが絶対に楽だと思う。
選択肢が多い故に、迷う。
葬儀だけが未だに蓋をされ、改革の手が加えられない。エンディングノートや樹木葬などは広まったけど、仏教徒ではない人を無理矢理 宗徒化することや、礼服=性別で形を分ける(女が喪主なら和装、スカートが正装)のも古臭すぎる。
葬儀はしたが、手続きでバタバタしているのでこの苦労は実感。【引用】
僕が一族の墓、その管理者に就任した暁には。叔父を一族の墓には入れないし。一族の墓を墓じまいすると思います。
遺された方は葬儀も墓もいろいろしてあげたくなっちゃうんだよねえ
お坊さま、お寺との付き合いは施餓鬼絵や秋の法要など細くでも長いお付き合いをしたほうが良い
相談ものってくださり何より亡くなった後にグリーフケアをしてくださった
「墓はいらない」という遺言は、たとえ公正証書であっても効力はありません。
これ全く知らなかった。どうやら公正証書だけではだめで、身内への財産譲渡などの条件付きであれば法的効力を持つとのこと。
なんかスッキリ。疑問は即解決。
葬式はしないのに四十九日はやるとか、ポリシーが一貫していないために生じた問題にすぎないように思える。
中々面白い記事でした。
先立つ者は遺す方々に迷惑は掛けたくないと思うものですが、現実の問題は中々難しいと言うことですね。

そしてこの記事へのコメントを見ていて「死別」という概念の捉え方が時代とともに変わってきているのだなと言うことも物凄く実感しました。
残る人たちでの話し合いが必要。 /
私の、他界した母ちゃんも似たようなこと言ってたな。
「自分が死んだら、葬式はこじんまりとやれ。派手にジャンボまでやらなくていい」
と……
葬式に大金をかける意味がわからない。大金がかかるのも分からない
確かに、本質的には葬式は残された親族のためのものだから本人が決めるというのもおかしな話なのかもしれない。
私のようにパートナーや家族がいなければ埋葬して終わりもあるけれど、いる場合は事前に決めておこう。
「考えなしに直葬にしたら意外と大変でした」ってだけの話じゃーん/にしても「59歳男」ってなんかひどくない? /
要らない派です。
必要性がよくわからない。お金をかけなくても亡くなった人への気持ちは変わらないはず
死んでから生きてる人に迷惑かけたくないぁ。生きてる間にいろいろ済ませておくのがよいのかな。
仏壇屋としてはよく聞くストーリーです
冠婚葬祭は親戚付き合いの
為にある。
親が親戚付き合いをあまり
してないと不要論を唱えだす
らしい。子どものせいでなし。
したければすればいい,したくなければしなくていい。葬儀代を払えないという理由で,遺体を隠し続けるなんていう事件もあるんでね。
この話、無理がある
葬儀はいらない=その後の儀式も要らない
てこと

作り話の可能性大

葬儀屋の回しもんか?
東洋経済やからきっとそう⇒
プランAを拒否するなどとのたまうのは簡単だけど、しっかりとプランBを用意してないと良い結果にはならないよ、というお話に見える

| 経済ニュースの新基準
葬儀は基本的に不要です。亡くなったお父上が「火葬だけでいい」と言ったのも正しいあり方です。墓も位牌も不要です。
自分が死んだ時のことを考える
多分伴侶も看取ってくれる人もいないから葬式も墓もいらない
問題はどうやって「消えるか」
遺体になってからは連れて行ってもらう必要がある。SFのように昇華する技術はできないかしら
面倒な話だなあと正直思いつつ大事なことだし参考になる記事
全ては景気次第。金銭の余裕があれば考え方は違うでしょう。信仰に関係なく日本人としては何か形として残るものは欲しいのではないでしょうか?
多分、50年後は、葬式の形そのものが違うと思うの…当然、今のままの形も残るだろうけど、凄く変わってる気がします
そうそう、葬式はしといた方がよい。
葬式が何のためにあるかって、生き残った人間のためにあるんだから、宗教儀式はゼロで良いが何かしらの会は持った方が何かと合理的だろうよ。 /
要領悪い人々はお金がかかりますよって典型的な事例かと…。
それとも葬儀会社への忖度かね。
多分親は遺される子供を想って、自分の葬式やお墓は何もしなくて良いとか言うのだけれど、御参りして手を合わせる場所がないのは少し寂しいかも知れない。

>

東洋経済
@Toyokeizai
亡くなるご本人の希望もありますが、「お葬式」や「お墓」はご本人よりも残された家族の行事なんですよね。
そりゃー皆んな火葬のみで済まされりゃ、ライターの貴方の葬儀、終活コーディネーターの仕事が無くなって困りますよね。
実例に基づく話は説得力ある。難しい問題だけど、シンプルにし過ぎるのはどうかなと思う。やはりそこは遺される側の問題なのだし。→
遺された側も大変。
なるほどねー。俺は信仰もないし海に散骨して欲しいと思ってたけど、残った人はいろいろ大変なのか。
やるなら一通り全部やる
やらないなら一切何もやらない
オレは死んだら骨も残らないほど火力MAXで焼いてもらってチリにしてもらいたい
あの世より競馬場の地縛霊希望
母の急死の後、間も無く父も老人ホームで車椅子生活。金銭的な損得だけでは割り切れないことを実感しています。
葬式不要と考えるなら、生前に自ら段取り整えておくべし
通夜葬儀もしてないのに法事はするのか。ネットの価格は鵜呑みにしないで欲しい。
現場からは以上です。
人を弔うという行為は有史以前から人の文化的な行動としてあった訳でしょ。それを無くすということはできないだろうし、将来、形が変わるとしてもそれまでは旧来の対応をせざるを得ないでしょ。
実際にそうやってみないとわからないよね…
吉川さんの良い記事。当たり前のことばかりなんだけど、この当たり前をすっとばすとこうなるんだっていうのが良く分かる。
←葬式費用は相続税の必要経費扱いになるから、遺産が多かったら豪華に葬式するのも手だよね。遺産が無ければ、程々でOK(笑)
逝く側と送る側。
Amazonで坊さん注文できる時代て🤨”mail order bride”ならぬ”mail order priest”lmao
お坊さんがAmazonでオーダーできること、初めて知って衝撃。

@Toyokeizai
以上

記事本文: 「親の葬式をしなかった」59歳男に一生残る後悔 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事