TOP > 政治・経済 > あの“ジリ貧"ブックオフが地味に復活した | メディア業界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

あの“ジリ貧"ブックオフが地味に復活した | メディア業界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

142コメント 登録日時:2019-04-21 05:39 | 東洋経済オンラインキャッシュ

2016年3月期に上場以来初の営業赤字に転落、その後も減損損失の計上などによって2018年3月期まで3年連続の最終赤字が続き、先行きが危ぶまれていた中古本リユース最大手、ブックオフグループホールディングスの業…...

Twitterのコメント(142)

赤字からの復活
活動休止からの復活
重なっているようにも思えます
ブックオフが復活してる(*^^*)


時代の潮流を見て、主軸である「古書販売」を縮小し、ホビー等にリソースを投下してる。フリマアプリの影響で、さらに下火になるのは目に見えてましたもんね。

「本を売るなら」のキャッチコピーも変えないといけませんね。
電子化できてしまうものから「かさばるもの」へ商材を切り替えただけかというとそうじゃなくて、他にもいろいろ頑張ってんだなあ
ブックオフが復活?
以前は、ブックオフ、やばいぞと煽り、今度は地味に復活したと煽る。振り回されているこっちが悪いのか。。。
これは単に商品構成を「万代書店」化(もしくは「お宝中古市場」化)してるだけでは。

【 - 東洋経済オンライン】
お、ちょっと古スーツ見に行こうかな
復活ってすごい
そのうち鮮魚を扱いだしたりして、な。あはー。まぁ、大学翻訳センター(DHC)の例もあるのでね。(なにが、でね、だ)/
寺田心とカルマのおかげでさらに飛躍するブックオフ。ブックオフなのに本ねぇーじゃーん。
これは凄い!起死回生のブックオフの復活👇
「売り場作りでは、思い切って定番の文庫本売場を2階に移動、入り口から正面の一等地にホビーやフィギュア、玩具の棚を配列し、その左側の棚に家電やソフトメディア、右側には漫画や児童書の棚を並べた。」
面白すぎてめっっちゃ読んだ
ウチの店舗とは状況が違いすぎるけど仕事にやる気が出ますねこういうの読むと
メリカルに押されるも、売り場改革でV字回復したそうな。
ブックオフの改革話。
1.店舗がある各地域に必要な新商材を追加(まんだらけ化など)
2.総合買取をリストラ、百貨店内の窓口のみに圧縮
3.総合リユース店化
地味に興味深い記事。
「過去の失敗を生かし、現場に権限委譲」
ごく当たり前の事を、淡々と積み重ねるしかないと思った。
「最も大きな要因は、総店舗数約380店のうち260店余と大宗を占める「ブックオフ単独店」にとって、長年の課題であった新商材導入など改革のメドが立ってきたためだ」。/
見てる:
よく行ってる店が取り上げられてた。確かにメインの一階がサーフィン用になってた。変わるって凄いな。
中古ホビー系が調子いいらしい。駿河屋もどんどん店舗増えてるっぽいしなあ。 /
この前茅ヶ崎店行ったら1階サーフショップになっててたまげた
最近フィギュアとか売り始めたよな。地味に嬉しい。
同じことは茨木にある古本屋が10年以上前にやってたな。元々売り場の半分がAVやホビー系だったけど、古着とかどんどん増やして。
お前ら貢献しすぎじゃないか。
近所のブックオフも大体こうなった。最初に思いついた人は素晴らしい。
割と必然だと思う。学生時代にバイトしてたけど、買取査定のシステムとか、結構長期目線で投資していた。現場のオペレーション力も高いし。
へぇ。今では、サーフボードや玩具などホビー商品が並ぶと。
よく危機的状況脱出したな。ひたすら戦い
(ゴミを買い取ってくれるだけでもまあ助かるといえば助かる。)
近所のブックオフて最近何を買っているかと聞かれたら、自分は古着ばっかり。そういうことなんだねぇ〜。
ブックオフの変化をトレース

①市場環境の変化
=CtoCサービスを中心に新規参入増

②事業コンセプトの変化
=古本に頼らないサービス提供

③コミュニケーション戦略の変化
=ブックオフなのに本ねーじゃんのCM動画

市場の変化に適応することの大切さを教えてくれる。
ここでも現場の権限委譲。マネージャー陣にどういう権限と責任与えたのか気になる。
興味深く読みました/
現状維持は退化。時代に沿って進化すべし。の良い事例。/
結局本はダメなんか…
趣味嗜好のラインナップに切り替えると。なるほどね。よく行くユーザから考えれば。 /
諸刃の剣じゃないの?ヤマダ電機なんかは手を広げすぎて、今や何屋なんだかわからなくなった。逆に店に行く動機がない
大きい統率型の経営より、小さい経済の方が地域のニーズに答えられる。その場所、場所でやらなきゃいけないことがある。
>店舗の管理体制を店舗形態別から地域別に再編。約1年をかけて各店舗の業績や来店客の特性、売れ筋商材などを把握したうえで、2018年4月、地域営業部が新商材導入や看板の掛け替えなど自己の裁量で投資をすることができる投資枠2億円を設定した
ブックオフは……
全てとは言わないけど大半の店舗で客の民度が悪すぎるのが一番問題。

通路は立読みで塞がれ…本の上に座る子供…そして何も言わない店員。

あんなとこで古本買おうとは思わん。
良いこと^_^変わればチャンスはあるってことね!
そもそもが希少価値のある本であっても古ければゴミとしか扱ってないような所だからな
似たり寄ったりの本しかないような古本屋じゃどうにもならんでしょ
逆に店舗のほうがオンラインを助けたのかな???
時流に沿って業態を変化させるのは簡単そうだけど、しっかり実行できている凄さ。メルカリの出品でも面倒くさいと感じる層って多いと思うから、まだいけるはず
|
別に古本が売れるようになったんじゃなくて、古本を切ってサーフボード当たりに切り替えたら業績回復ってお話だったので喜べにゃい……。
懐かしい。「いらっしゃいませ、今日は」まだ唱和してるのか? 古本から 他のリユース品に、
ブックオフなのに本ねえじゃん戦略が良かったんだな笑 / (東洋経済オンライン)
提灯記事に手を出してしまう東洋経済。日経ビジネスはと遠ざかりますなあ。
本がダメなのは変わっていないってことですね。
ブックオフなのに本ねーじゃーん
の破壊力がとんでもなかった件
売りに行っても二束三文・・・。今、ハードオフの方が何気に面白い。■
>2019年3月期は2度の業績上方修正を行った。ブックオフが重視する経常利益は、再建計画の目標である20億円(前期比83%増)を2年前倒しで達成したもようだ。

本以外にシフト
ホビー関連の中古は平気で定価以上で売るからなー。買い取りは二束三文だし、健全さが低い。。
そのうち社名変更をやりそう
本以外に舵。
信じられないが確かに地味に復活しているし、その方向性も間違ってはいないと思うけど
>大型店業態への投資を再開する
ちょっと改善するとすぐ大きく儲けようとするから失敗するんとちゃう?
最近ヤフオクでCDとかマンガ検索すると、ここが引っかかる確率が高い。ちなみにヤフオク相場価格で暴利というわけでもない(ただプレミアものもしっかり値上げしてる)。 / | 経済ニュース…”
メルカリなどの出現でリユース業界が危ぶまれていましたが、さすが最大手のブックオフですね。

いつの時代も変化に強いものが残っていきます。
勉強になりますね。
もっとこう奇抜なおもちゃを多く扱うとSNSにぴったりなネタを求めて客が増えそうな気がする
最近うちの近所にも、小さなブックオフがオープンした。まだ入っていないが、僕の知っているブックオフとは違う。
これが続けば本物だと思うけど・・
ちょうど、立て直しに奮い立っていた時期の、しかも力を入れていたホビーに携わってアルバイトができたのはほんと幸運だったよね
/
仕事中にブックオフにいて携帯にでると店内BGMで「あっブックオフですね」と言われる(^^;)
すごい!本から多商材のリユースへの転換を現場に権限委譲しながら実行。
次の展開にも注目したい。
-  吉祥寺店とか、棚一つのスペースだけど、新品のボードゲーム置いてるしな。売れ行きは知らん
オフハウスと変わりなくなったな。
これからは地域密着型ビジネス
ブックオフなのに本ねーじゃんはそういうことなのか
衰退産業と思われる古本業界で、V字回復。商品構成を変えるマーケティング、現場への権限委譲、店舗の絞り込み、本当の総力戦だったと思う。
工夫次第で活路は開く。すごい。
めちゃくちゃ勉強になる。(°_°)
これは単に本格的な大不況が始まった証左に過ぎないのでは。
炭鉱のカナリアが死につつあるだけ。
(2019年4月21日掲載) -
ジリ貧…
あー、ブクオフ行きたいよー
「ブックオフなのに本ねえじゃんwww」の舞台裏。 /
ブックオフなのに本ねぇじゃん
ブックオフ復活か
ブックオフが回復するってことは景気は後退局面だな〉
近所のブックオフスーパーバザーは外国人が大量買いしている光景をよく見かけるから、安上がりなお土産ショップとして広まっているのかねえ・・・。 /
なるほど、仲良いはずのハードオフ(ブックオフと資本関係無し)と競合して不思議に思ったけど、売場変革による結果論ということか。 /
方針は正しいかも知れないけどこれハードオフとぶつかるしハードオフと正面から戦っても勝てないでしょ /
ホビー増えたのはわかる xboxのソフト減ったのは不満←
武蔵小山店、児童書が豊富なのか。もう少ししたら息子連れていこうかな。
コメント欄に登場した元業界関係者を名乗る人物から、提灯記事認定されてたのに笑っちゃった。まぁそうね.
身近な所でこんな改革がね〜
ブックオフなのに本ねぇじゃんって結構効果あったんだな
業態変革 -
。2019年3月期は2度の業績上方修正を行った。経常利益は、再建計画の目標である20億円を2年前倒しで達成した模様。
僕が学生時代にバイトしていた茅ヶ崎駅北口店が、様変わりしているみたいです。
これが今後のブックオフのロールモデルになって、いずれ本の置いてないブックオフも出てきたりするんでしょうね。

メルカリやらCtoCの中...
/あの“ジリ貧”ブックオフが地味に復活した -
これからは、業態転換が必須の時代になるね。

過去の成功事例は、5年と持たないのでは?

IT、AI、5Gと時代の流れが更に早くなるよね😁
もうブックオフじゃない、いや、名前の捉え方が変わったという事か…

“ブック”を“オフ”したよ

せやろがい
てっきりtrdkkrが活躍してのことだと思いました
「約1年をかけて各店舗の業績や来店客の特性、売れ筋商材などを把握」「新商材の選定も、「地域や各店舗の特性に応じた新商材の導入の権限を統括エリアマネージャーやエリアマネージャーに委譲」」 / | 東洋経済オ…”
少なくとも中古品を処分のために買い取ってもらうならB2Cがいいと思っているのでいいことなんじゃないかなと思う。個人的には余計なトラブルのリスク背負ってまでC2Cは使いたいと思わない。
へぇー、そう変わってたんや。“地域や各店舗の特性に応じた新商材の導入の権限を統括エリアマネージャーやエリアマネージャーに委譲” /
おはようございます、本日も営業開始でございます。平成元年生まれの人に令和元年のお子さんが生まれたらダブル元年親子。こちらもそろそろ30年

事業を整理してノウハウを集約して成功例を作って現場に権限渡して展開する、って口で言うのは簡単ですがやるのは大変ですよね。
ブックオフユーザーとしてなんか嬉しいこれ。
月1で古本買いに行ってるだけやけど嬉しいな。
へぇ〜 ブックオフって2016年から赤字だったんだね〜

どーりで、iPadの買取り価格が他店に比べて異常に安くなったワケだわ。

黒字は一時的、ダメでしょ?
クソ広い田舎の店で行くたびに売り場が変わるのは勘弁してほしいが(;´∀`)
✅本やソフトメディアと親和性があること、近隣にホビーショップがないことを総合的に勘案してホビーの導入を決断

✅入り口から正面の一等地にホビーやフィギュア、玩具の棚を配列
床屋も学ぶ点があるよね。
視点や切り口を変えて間口を広げる。技術に合わせるのではなく市場ニーズに合わせないと。
@Toyokeizai
ブックオフ📘はよく行くし、茅ヶ崎店にもたまに行くけど、
サーファーはブックオフで売り買いする思考は無いかもね😅
この記事は面白い。
メルカリなどの潜在的なリユース需要をうまく生かした結果ともいえる。しかし、リアル店舗での商材拡大は在庫を抱えるリスクもあるから現段階で復活と判断するのは微妙かもね。

メルカリより簡単に売り買いできるリア...
面白い業態になってる…
多角化したってこと? / (1 user)
近所にある店も10年前と比べて様変わりしててビックリ!

時代の流れだけどよく行ってただけにちょっと寂しい
トレカを扱ってる店舗で1万円超えの高額カードを普通に展示して反りや日焼けを発生させるのはダメだろ 続
まだまだ復活は程遠いように思える
前年比プラスは事実だけどIR資料にも「底打ちの兆しが伺える」って表現がある通りで、本人たちが疑心暗鬼っていうね。一方ヤフーとの資本提携解消とか対メルカリで注力するアプリ改善が遅々として進まないとか文字数 / | メディア…”
おお、すごいな。
素晴らしいけど、こうなってくると後々会社名も変えた方が良くなりそう。
ジリ損ブックオフが地味回復。
ホビー商品等の買取、販売に注力。

『ブックオフなのに本ねぇじゃ〜ん!!』
ブックオフには中古本を漁りにたまに行く。やはり品揃えがいいから本屋としてのECにはない楽しみを感じる。
本以外について、買取調達の課題はないのかな?と思う。メルカリ、ヤフオクが便利になって店舗に売りに行くのが相対的にめんどくさくなっているから
【私はブックオフ好きで、店舗のハシゴもするけど】
「ブックオフなのに本ねぇじゃん!」は決して無駄じゃなかった!
地域営業部、投資枠2億円っていうのは工夫もしやすくなって各店舗の士気も上がりそう。
ハードオフ・オフハウスグループとの、フランチャイズ若しくは、業務提携が功を奏した模様。全くの別会社なので、執行役員の異動等が、実施されたと予想します。
私は、在庫を持つ商売、意外と好きで応援しています。
一周回ってメルカリよりブックオフ。
[東洋経済オンライン]
以上

記事本文: あの“ジリ貧"ブックオフが地味に復活した | メディア業界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事