TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 東京の「生活保護...

東京の「生活保護」はまったく機能していない | 貧困に喘ぐ女性の現実 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

346コメント 登録日時:2019-03-22 05:58 | 東洋経済オンラインキャッシュ

中村:藤田さんはいま、ZOZOTOWNの労働問題やコンビニオーナー問題をやっていますが、雇用の問題は、本当に諸悪の根源。女性だったら非正規の単身やシングルマザーというだけでかなり厳しい貧困になる。貧困は生活…...

Twitterのコメント(346)

「働いても生活保護以下の人が増え高齢者になっていく。2021年以降日本は破滅的に」
「だから労働運動が必要。賃金上げろなど、要求していかないと変わらない」@fujitatakanori

貧困である自分にできることは自分の状況の可視化しかない。そのためにこれからもつぶやく。
@Ricorico_oco 「生活保護は、生活扶助費、住宅扶助費、医療扶助費など、8項目の扶助がある。それを分解できれば圧倒的に使いやすくなる」
「いまの制度はもう生活に困窮したら8つの扶助をガーンと全部支給。ほかの国だと、困窮する前に予防的に分離して支給する」
藤田氏だけどこれには賛同
記事だけでなく、コメント欄も是非に。

若者の置かれている環境はますます過酷。
逃げ切りとロスジェネ世代に挟まれ学生を抱える者にとっては他人事ではない。
「夜系の仕事」を労働と見なさないのがなんか無理なんだよな。生保については同意できるところもあるんだけど。中村氏の「ルポ」はどうも僕の肌に合わない。 ◾︎
非正規ワープア公務員は本当にやめてほしい。自治体がそんなことしたらおしまいでしょって思う…。
藤田孝典×中村淳彦 対談
“大学生に対する支援が「なにもない」

中村:女性の貧困はもうどの世代を眺めても、深刻な状態にあるけど、特に女子大生は大変なことになっている。大袈裟じゃなく、膨大な人数がパパ活や風俗に流れていて、正直メチャクチャなことになっている。”
「女性の貧困も原因をたどれば、すべて国の政策だし、公的機関が貧困や分断を助長している現実がある。」←それでも座して死を待つ多くの日本人。だから、日本人気性は奴隷や家畜のそれだと言ってる。
これ読んでると今のヘイトも弱者への不寛容も「まだ食えてる階層」の無知が根底にある気がする。高度成長期からバブルまでの宴席に慣れ切って、いま自分達に酒肴がないのは隣の座敷で盗み食いしている奴らがいるからだと叫ぶ。本当の泥棒は身内の幹事役任せた奴なのにね。
「本来、大学の学費は無償化、あるいは支給するのが一般的な先進諸国ですよ。OECDの加盟国でも大学の学費がこれだけ高騰、高くて、なおかつ給付型の奨学金もないなんていう国は日本くらいですから。」
貯蓄がなくなり次第ナマポ生活になる予定なので生活保護を勉強中。適用は基本的人権と相互扶助の間で揺れてる印象。
この連載、とにもかくにもえげつなくて読めば読むほど気が沈む。
今の日本のどこかに暮らす誰かが直面している現実。
東京の「 」はまったく機能していない いまの日本は「階層」がはっきりしている。
貧困に喘ぐ女性の現実!
日本は「階層」がはっきりしている。

勢力拡大
3/29【貧困問題】本人だけの話でなく日本(日本人)のありようがそんな状況を作り出す。他人事ではない。誰かのために悩まなければ、誰も自分の事で悩んではもらえない。それでいいのか? ↓
『東京貧困女子。』
読むと憂鬱になれる「東京貧困女子。」の無料公開は本日までです。
富裕層と超富裕層が増加
Dead or Alive🤷
この本、第1章がまさにぱぱ活なので読みました。売る側のリアルな現状だけでなく、買う側の視点や皮肉がこもった文章や数値データもしっかり載っている🙏
めっちゃ重かった……これ。
今日までだけど、電子版無償公開してます。ぜひ。
官制ワーキングプアは深刻な問題だと思う。
そういう意味でこれ読んでてかなりしんどいです だいたい不景気のせい
正直読んでてめちゃめちゃ暗い気持ちになる、、、今は大丈夫でも私自身も親も彼女たちのようになる可能性はすぐそばにある。
今は毎日忙しいけど明日の我が身、、、
昔から恐れてる
28日まで全文が無料の記事がある。これはヤバイ。この時代って何なのだろうか。
「東京貧困女子」が全文無料公開ということで読んでるけど、暗い気持ちになる...
貧困は隣り合わせだなという気持ちと、小学生の頃前歯が虫歯だらけだった友達とか今どうしてるかなとか、息子には貧困を味わせたくないとか色々考える。
みんなに読んでほしい3/28まで無料公開
上原公子さんも大津市議選候補の中川哲也さん応援集会で話されていました。日本の貧困問題は危機的状況に陥りつつあります
こういうのも結局、格差社会以前に日本が元から前近代の出自階級社会を清算してないからで、まあ日本が悲惨な形でガラポン自滅する以外に解決しないのではと諦観してる。
東洋経済オンラインの連載をベースにしたルポ「東京貧困女子。」

読み出したら止まらなくなった。今日一日これで潰れそう。
3/28まで無料で全部読める。
「東京貧困女子」、発売前の28日まで全文無料公開。コピーやDLは不可。こんな出版形態は初めて?一人でも多くの読者に届けたいという気概を感じる。
@Toyokeizai

明日まで「東京貧困女子。」無料で読める。
これは氷山の一角でしかないからこれに対して自分が何かをするにはあまりにも大きすぎる。
最近すごくいい笑顔をしていた人を見てから、まずは身近な人を1人素敵な笑顔にしたいなって最近思った。
@vhitomin こんばんは。面白い記事を見つけたので読んでみて下さい。
全文公開って😦😦😦
現代社会の重たい重たい現実がありました。『東京貧困女子。』3/28まで全文無料公開とのことです。
藤田:だから労働運動が必要なの。「ちゃんと正社員として雇え」とか「ちゃんと賃金上げろ」とか「職場改善しろ」と要求していかないと変わらない。抵抗をしないとそのままです。
大学に進むのが人生のウィニングチケットだった時代は終わり、卒業生には奨学金という名の終わりのない借金が降りかかる。国力は学力で決まる。100年後の日本の為に大学まで無償にしてください。
#東京貧困女子 #女性の貧困 #日本の貧困問題
4ページ目の「官製貧困」はわたしのこと。
期間限定無料公開中。奨学金にハラスメント、高学歴シングルマザー。女子をめぐる状況は厳しい。
政策が悪い悪いと叫んで政策立案者たちを攻撃する者たちは掃いて捨てるほどいるけど、何をどうすれば良くなるのかという見通しを持つ者の話を聞く機会は本当に少ない。この人の意見を全て肯定するわけではないけど、議論はできそう。
こういう事なんですよ。
3月22〜28日まで期間限定で全文公開されている『東京貧困女子。』を読んだ。紙一重で自分、と思った。どうしたらいいんだろう。
東京貧困女子。
28日まで全文無料公開。すごく暗い気持ちになるけれど読んでよかった、というか、やっぱ目を背けてはいけないことだった。
28日まで新刊を全文公開という新しい試み。医学部の女子大生が身体を売らなければ生活していけない話に絶句。■
@iwakamiyasumi 藤田 孝典・NPO法人ほっとプラス代表理事 / 中村 淳彦・ノンフィクションライター:路上で野垂れ死にする人を見ることが日常になるのも、もう秒読みじゃないかって覚悟しています…(東洋経済)
いまこれ読んでる。
裕福でない家庭から東京に出てきて大学生やってる女子がおかれている酷い状況に息をのむ。
そして、twitterで流れてくる馬鹿なオッサンがやらかしたわいせつ案件や、バカウヨジジイのミソジニー発言を目にする。一層の怒りがこみ上げてくる。
読んだほうがメリットはありますね28日まで全文公開してるそうです。私は養護施設出身なのでよく理解できます。
──
この先に期間限定での全文公開あり。私は読む予定。
コメントかなりの階層化
>ほかの国だと、困窮する前に予防的に分離して支給する。とことん困る前に社会保障を支給することは、世界的にみると標準的な福祉政策です。
中村敦彦さんまた本出すって。『東京貧困女子』て。『東京貧困男子』じゃ売れないんでしょうね。本屋も売れるか売れないか、だからなぁ。
コメント欄の、貧困に陥る人は節約が苦手ってのわかるわー
堪え性のなさ、日々のタバコやソシャゲ課金やめたらいいのに
官製貧困っていう言葉で書かれているけど、バブル以降の公務員批判がもとになってるんじゃないかなと

@Toyokeizai
東京貧困女子。これが日本国の現実です。
28日まで無料公開中、是非お読みください。ふつふつと怒りが沸いてきます。間違いなく政府自民党は日本人を追い込み未来を奪い、マジに滅亡させようとしています。早く気付いて。
大学生に対する支援が「なにもない」
3月22〜28日の期間限定で全文無料公開。
日本は大学生への支援制度ほぼない。階層の二極化が進み、最下層が近い将来かなり分厚くなってしまう。必読です。女性だけの話ではないです。
「3月22〜28日の期間限定で全文無料公開」と言うことでしたので一気に読ませて頂きました。
携わった人が尽く壊れて行く介護の現場の壮絶な体験談には打ちのめされるばかりです。言葉がありません。
>住宅扶助だけで生活が立て直せる人は、たくさん存在しますね。

>本当はその手前、家賃だけとか医療費だけでも支給してあげれば、ずいぶん変わるはずですよ。
この記事の最後にあったので…
この現実を他人事と思っている輩は本当におめでたい。そんな自身や家族は大丈夫だと?
そもそも46年前に衣食住が満たされていたわけでしてそこらへんの仕事がなくなった帰結かと >
3月22〜28日の期間限定で全文無料公開だって。
帰路に期間限定公開の『東京貧困女子。』を読みました>>>
東京の場合は生活保護より減税の必要性ですね。

根本的に間違えた解説をしてますね。この人。
(・・?)誰に訴えかけるべきか?
抜粋》中村:貧困は自己責任と言うアッパーミドルの人たちも、いまの若い学生たちの現状を知れば危機感を覚えるでしょう。
藤田:基本的にはその層がやっぱり政治力も発言力も持っているし、力もある。
「階級」て呼んだら社会学的な定義上なにか問題でもあるんかな。世代を通じて再生産・固定化してるなら「階級」って呼ぶことにした方がいいと思う。
『公的機関の男性正規職の女性非正規に対するパワハラもすごいみたいだし、もう日本はダメなんだなって感じる。』
そうなるように仕向けてる
と”私は”思う
パパ活の需要はこれからも増える一方〜
とても良い記事なのに「でも、いちばん増えているのは『第1・十分位』って言うんですけど、所得を10階層に分けたいちばん下の層(下位10%)です」というセリフにツッコミを入れたくなる理科系な私。
▼東京の「生活保護」はまったく機能していない〜いまの日本は「階層」がはっきりしている〜
官製貧困…。
やっぱり国民が貧しくなっていってるのは国策かい。
これまでの取材で憤りを感じたのは「官製貧困」ですね。自治体の臨時職員とか、介護も保育もそう。
昨日はこちらの対談にある「期間限定全文公開」をチラ見したら止まらなくなって、のめり込んで飲み込めれるように読みきって今もザワザワが褪めない…後半はネットで読んでたけどまさに貧困のリアル!本買いますわ~てか、皆さん読んでくださいよ~絶対におすすめです。
この記事を読んで日本という国は恐ろしい国だと改めて思った。 「貧困の可視化」って物凄く重要だしこれは重要な記事だと思う。 結局は持てる者が持たざる者の現状に興味もなく思いやりのない社会になってることが問題。
経済は政府がある程度コントロール出来る。つまり貧困が多いのは政府の方針。|
国を動かす層が聞く耳を持つのか?という切り出しが良いな。必要な考え方
とはいえ、声を上げるだけでは限界を感じます。教育無償化とて彼らのデモよりも財務省による安倍内閣取り込みの一貫で生まれた訳ですし。
私も個別対応していると生活保護の手前の支援があるといいと実感する。納得の記事。
単身高齢者の生活保護は確実に増えるだろうし、劣悪な環境にいる貧困女子の増加は人口維持にも関わる。
「大雑把にいえば月5万円くらいのお金が足りていない」
確かに。5万あれば人間の形を保てそう。文化的な生活をするなら更に3万、病気持ちとしてはその上2万は欲しいと感じる
まず在日外国人への
支給を全面的に一切無くすべきやろ。
"生活保護は、生活扶助費、住宅扶助費、医療扶助費など、8項目の扶助があるのですが、それを分解できれば圧倒的に使いやすくなります。若い女性でいえば、住宅扶助があれば助かるとか。 "
何か中途半端だなあと思ったのは、「女子大生」を強調し過ぎて、逆に「男は何とかなる」と思わせる記事になってること。
絶望しかないけど、出口を労働運動とか政治に見出しててはダメでしょ。
在日に生活保護やる現場の公務員が悪いと思います。
とりあえず読んでみましょう。
ちょっとしたきっかけで始まる貧困。一度レールを外れると二度と戻れない社会。他人事ではない。【 | - 東洋経済オンライン】
居酒屋で聞くグチレベル
藤田孝典氏:「生活保護は、生活扶助費、住宅扶助費、医療扶助費など、8項目の扶助があるのですが、それを分解できれば圧倒的に使いやすくなります。若い女性でいえば、住宅扶助があれば助かるとか」
引用:....これまでの取材で憤りを感じたのは「官製貧困」ですね。自治体の臨時職員とか、介護も保育もそう。今回の取材では、非正規の図書館司書に話を聞いたんだけど、彼女の痛々しい言葉はいまでも忘れられない。『その日暮らしは十分できます。もっと経済的に(続
東洋経済オンラインによると、「東京貧困女子」という本が3月22〜28日まで期間限定で全文公開中だそうです。

たまたま見つけて昨晩読ませていただきました。購入せずですいません。
一気に読んでしまった。

どんよりした気分になるけど、最後まで読むと少し救われた気持ちになるのは何故だろう?

全てを「自己責任」で片付けてしまっていいのか。
私も何かに躓けばすぐに待っている現実。

@Toyokeizai @atu_nakamura
"昨日まで困窮者の相談を窓口で受けていたけど、その2カ月後には自分が生活保護とか。平気でそういうケースがある。"
"人は貧しいといがみあう。"
派遣で働く私も人ごとではない。収入低く低コストで生活する能力ない人はホームレスになる社会
記事の中で、過去の連載をまとめた電子書籍が期間限定で無料公開されていて、一気に読んでしまいました。もうどうしようもないんじゃないか、という筆者の結論はすごい。
日本の今の状況を示している面白い記事。ーーーー
貧困女子とか聞くけど月いくら貰えたら貧困女子じゃないの?
年収換算でもいいけど。
「生活保護なり、制度をもうちょっと使いやすくする必要性がある…8項目の扶助があるのですが、それを分解できれば圧倒的に使いやすくなります。」
このままだと国力が弱るよな、って思うんだけど。
政治家たちは何を見ているんだろう。
私が若い時より、かなり酷いことになっている。
未来は良くなる、と思えないと辛いよ。
人は貧しいといごみあうんだって。。。何となく。
生活保護費が高いのは、とことんまで困ってから支給されるからですね。シングルでこどもがいるけど病気で働けないは多い。
↓続く
女性の貧困や暴力は階層や所属が固定化しがちな東京だと気づきにくいことも多い。多様な人と出会う地方都市だと女性の不遇を実感する。
大学入試の先がこういうこと。悲しいけど実感として当たり前のようにある。文科省の官僚や政治家に対して言いたい。あなたたちの愚策でこのような状況を拡大させ若者からかけがえのないものを搾取し続けているということを。蓋せず表に出てない部分を見る力を持とう。統計も。
やっぱこの手の問題はリプ欄が荒れるなーーー>
国や自治体が関わる非正規雇用は、最低賃金や最低生活費に合わせて制度設計している。国や自治体が積極的に国民や市民を貧困化させているので、もう救いがない。
あとで読む用。
でかいタイトルだなあ。生活に困っている人もいるけれど今の経済政策で求人は増えているよね。困窮の現状、経済政策による生活保護受給者の現状と両方述べなきゃフェアじゃない。 / “ | 東洋経済オンラ…”
こういう人は共産党に投票した方が良いと思うけどなあ~。
今の日本は個人で守るしかない時代。
とても住みにくい国になった。
40歳を目前にするとリアルだよ
-
「私は世界」のことを、マナトのことを思い出した。と思ったら、アフタートークにいらしてた藤田孝典さんだった。
女性にしかスポットを当てないの嫌い。貧困に男女は関係ない
日本は色んな所が遅れています。
「所得だけでなく、男女、世代とさまざまなところが分断されていますよね。人は貧しいといがみあう。女性の貧困も原因をたどれば、すべて国の政策だし、公的機関が貧困や分断を助長している現実がある。」 @Toyokeizai
医療費月4万以上掛かるから生活保護受けようと思ったら
追加で2万くらいしか出ないのに市営住宅1万で部屋借りれ言われて
医療費も保険の効かない鍼じゃ助成効かなくて車もダメだってなって1月くらいで物理的に生活無理ってなって辞めた
担当は教育委員会に移動とかで逃げてた
東京に限定した理由は?
ともかくこれから移民いっぱい来るわけで、加速度的に社会保障傾くよ。
支離滅裂

自らの思考可視化が先決

ふぁっ 複雑記者
本当にこれは国の失策だと思うし日本の政治家はほぼ世襲で金に困ったことがないから下層の苦しみが理解できない。家賃だけでも国の補助があればかなり違うんだよなぁ…
ネットカフェがあるのは大都市部だけだ!それでも贅沢過ぎる!随分恵まれた貧困だな!
受益権をもっと身近なものにするため、全国の図書館に、『生活保護手帳』を蔵書すべきと考えます。
・・・・・・・・
官製貧困、生活保護分離論、対岸の火事じゃない
階層に負けないメンタルも一つの能力になるんですかね。
役所で働く人の非正規の割合もひどいもの。行政サービスする人を減らしすぎ…個人主義の国になる…
都会は派遣しながら住むにも家賃が高いから悪循環。田舎は家賃が安くても仕事がない。
「そんな人はいない」旨の決めつけを見かけるたびに思うんですが、大抵は「そんな人」もいるし、正しく「自分はまだ知らない」と言ってほしい。
え~そんな人いないんだぁって無垢な人に思い込ませる可能性やその影響を、有識者として語るなら考えてほしい。
全く機能していなかったらバタバタ人が死んでいくと思うんだけれど。
年金にしろ生活保護にしろ制度の内容が画一的過ぎるんだよ。。
いずれも本来必要のない人にまで支給して、本当に必要な人には行き届かない。
そりゃ貧富二極化は免れないよ。。
「生活保護は、生活扶助費、住宅扶助費、医療扶助費など、8項目の扶助があるのですが、それを分解できれば圧倒的に使いやすくなります」 / “ | 経済ニュースの新基準”
場所や県や政府によりルールに乗るより1人1人に合う生活保護ルールが必要かなと思ってしまった😫
記事中に22日〜28日は本の全文を公開しているとあったので読んだけど気持ちが落ち込んでしまった
それでも東京で働きたいですよね???
生活習慣とかアル中の集まりに行って話を聞けば全く同情のできないロクデナシだらけであることも可視化するべきでは?
国や自治体が積極的に国民や市民を貧困化させているので、もう救いがない
本当に必要な人がわけわからん理由で弾かれてパチンコ行くようなクズが貰ってるんだから対象の人たち一から精査しろよ。
もっと見る (残り約196件)

記事本文: 東京の「生活保護」はまったく機能していない | 貧困に喘ぐ女性の現実 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事