TOP > 政治・経済 > 政府のポイント還元事業、その「意外な狙い」 | 岐路に立つ日本の財政 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

政府のポイント還元事業、その「意外な狙い」 | 岐路に立つ日本の財政 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

29コメント 登録日時:2019-03-18 06:43 | 東洋経済オンラインキャッシュ

今年10月から実施されるキャッシュレス決済へのポイント還元事業に参加する決済事業者の募集が3月12日から始まった。所管する経済産業省は当初3月6日から始める予定にしていたが、募集開始に必要な準備に時間を要…...

ツイッターのコメント(29)

キャッシュレス関連事業に2800億、キャッシュポイント還元事業に千数百億ですと。
お偉いさんの考えることは、私のようなボンクラには理解不能。
消費税上げる→ポイント還元で消費冷え込み対策&キャッシュレス推進(ただし予算2800億円投入)  なーん。
意外もなにも、だいぶ言われてきた話ではある。消費者的には、ポイントは期間限定だし、あんまりカードが増えるのもなあ。
天下り組織が税金を盗む為の事業。
全然、「意外」ではないんだけど、
もっと踏み込んで書けなかったのか。

キャッシュレスが増えて得をするのは、
主に、手数料がもらえる銀行じゃないの?
ぜんぜん意外ぢゃない。そもそもそこやろ?って話。

でも、よく知らない&わからない人は一度読んでおくべし。
経産省は、決済事業者の競争を促し引き下げを強力に推し進める意向。キャッシュレス・消費者還元事業は、消費増税対策の一環の事業ではあるが、キャッシュレス決済普及に向けた仕組みが埋め込まれた事業でもあるようだ。
キャッシュレス決済、特にQRコードでのスマホ決済の普及が目的で消費増税対策は手段です。国内の中小小売店と決済事業者の淘汰、外資の進出が目的です。
| 経済ニュースの新基準
記事はフェイクで
コメントが本文
意外でもなんでもなく、むしろキャッシュレスの浸透こそが狙いでしょうよ。

ってか、消費増税は今からでもやめるべき。
なんなら消費税という税制自体を廃止すべきだと思うわ、マジで。 / (東洋経済オンライン)
キャッシュレスの仕組みを導入するんは、いろんな事情や思惑が交錯してややこしそうやなあ。
カード会社への補助はないんだよね
増税を機にキャッシュレス決済は普及するか? - 東洋経済オンライン
クレジット決済も導入出来ない様な小さな店はどうしたら良いんだろう。薄利多売だと手数料が痛い
個人的にはクレカやSuicaを経て、iPhone8にしてからはApple Payで完全にキャッシュレス化が終了しています。最近財布の中身がスカスカで、何ともお恥ずかしいw…
キャッシュレス社会の国民のメリットって
よく考えないとねぇ……
なんで9ヶ月なんだろうって思ったけど、考えてみれば7月から東京オリンピックが始まるんだな。
@Toyokeizai
 キャッシュレス決済普及に向けた仕組みが埋め込まれた事業。ポイント失効率40%位みてるのか?w
そもそも乱立して使いにくいんですけど?
高齢者が多い医療現場にはどれ程普及するだろう。
以上

記事本文: 政府のポイント還元事業、その「意外な狙い」 | 岐路に立つ日本の財政 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事