PDCAより「OODA」が日本で導入しやすい理由  | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

61コメント 登録日時:2019-03-15 06:01 | 東洋経済オンラインキャッシュ

宮本武蔵は生涯で60を超える決闘を行い、そのすべてに勝利しています。それらの決闘のなかで有名なのは、佐々木小次郎との巌流島の戦いです。しかし、これはかなり吉川英治の小説『宮本武蔵』(新潮文庫)の創作が…...

Twitterのコメント(61)

PDCAより
OODA、同意見かも。
いきなりプランが難しい→doに至れない→チェックがズレあり→アクションのパフォーマンスが最大限に発揮されない。
「OODA」は初めて聞いた。
ただ、PDCAと比較すると言うよりは、見る角度が違う気がした。OODAは目の前の戦いに向けて、PDCAは戦後の反省に向けた姿勢か。
OODA、「ウーダ」って読むんだ!

日本企業が導入しやすいのはPDCAよりOODA もとは宮本武蔵が主張
キーエンスの強みがわかりやすく説明されていて面白かった。
日本企業が導入しやすいのはPDCAよりOODA もとは宮本武蔵が主張
「敵を知り、己を知らば」すなわち「観察して」
なるほど教育現場ではまさにOODAを日常的に行っている気がする。ただ組織としてのコンセンサスが弱いとダメだよね。ここが難しい。
変化が好きだね。ろくに実践できていないのに、また新モン好き。呆れるわ。
だから、OODA とは、何の略?…
(原田先生の”OODA”リポートについて)
OODAは、今を生きる経営、商品開発に通じますが、明日を生きる研究開発には発想力(社会の先を観る目)創造する目が必要と考えます。
平成五輪の書研究会
⇒東洋経済:
まさしくだよな、言葉も大事だけど、そこにこだわり過ぎてもしょうがない

"問題は言葉ではありません。大切なのは、行動であり、それを支える仕組みです"

|
OODAを繰り返すならPDCAと同じでしょ?

そもそもPにはOODが入ってないとダメだろう。

言ってることは同じだと思う。
まず情報収集で信頼性向上。
より、では無いんだよなー
こんな情報を見つけたよ

| 経済ニュースの新基準
「観察と情勢判断」
私、日本のカウンセラーやコーチなどの相談業こそ、この考えでクライアントに取り組むべきと考えてる。
そんなことより私にODAしてください。 /
PDCAであれOODAであれ、どちらの言葉を選ぼうがOK。但し、観察、情勢判断、意思決定、行動を速く回す前提。

PDCAより「OODA」
ウーダループ
しょうもない計画からスタートする時代じゃないもんね。
↓ ↓
情報面、心理面での準備段階の差は大きな差。OODAの源泉は宮本武蔵、、

@Toyokeizai
キーエンスでは、企画立案担当者が、直接、さまざまなユーザーを訪ね、現場を実際に観察するところから始め、現場を観察し、そこで課題、問題点を情勢判断する。なるほどー。
書いてることがよく分からない。この人マジなのか?
そんな古典的な
小手先の技は通用しない。
ロシアの砲弾はマッハで
飛んでくるからだ。
開始っていって
始めるのは企業だけ。
日本は負けたんだから。
宮本武蔵やキーエンスは戦わずして勝つ
観察と情勢判断はノムさんの頃のヤクルトの野球の特色でもあったよね。

”特に、武蔵は敵の心理を重視します。敵が期待し、予期することと違うことを行い、意表を突き、パニックに陥らせる。”
それが日本人の気質なんだろね~ただ、その無駄な洞察が日本企業の縮小に繋がっていったのでは?
まずOODAって何状態。
ただの言い換えあるいは視点の切り替え、別の切り口、発想の転換。Pの中にOODが含まれ、CAの中に次のOOが含まれてないとそもそもPDCAなんかまわらない。 / | 経済…”
理解不足かもしれんが、両者を比較する意味、OODAとやらの説明に武蔵が絡んでくる理屈諸々がよくわかんにゃい。 /
あとで読む。OODAがそんなに素晴らしいものなのだとしたら10年以上前から耳にしているのにさっぱり定着してる風がないのは何故なのか、それを考える方が面白いように思う。/
のがあるんですね使えそうなことはどんどん取り入れて行きたいですね
もともとこの人のOODAの本に興味あったんだけど、こういう残念な記事を乱発されるので、どんどん読む気がなくなってくるというw

@Toyokeizai
観察と情勢判断をひとまとめにしたら、労組の大会の議案みたいな話ですね。きっと「OO」軽視がまかり通るに違いない。 /
メモ【OODA】OODAループは、アメリカ空軍のジョン・ボイド大佐が提唱した理論。(Wikipedia)知らんだけだけど、なんか近頃よくわからん英字4文字略を耳にする機会が増えてきたなあ
|
写真のせいでオフェンスオフェンスディフェンスアタックの略語かな?と思ってしまう
最後の10行ぐらいに書いてありますが、ほんと“どっちが良いか”とかそういう問題じゃないかと。

個人的には、PDCAのDを更に分解しているのがOODAという構図で理解してる。
以前にも同じような記事についてツイートしたが、やはりPDCAとOODAを比較することに違和感があるなぁ。OODAの武蔵、PDCAの剣術猛者 といのもどうかと。ただ、紹介されている本には興味が湧く。これが狙いなのかと変に勘ぐってしまう。→
宮本武蔵が実践してたって言われると試してみたくなってしまうではないか
最近チラホラ見かけるOODAの記事
思えばデザイン思考もobserveから始まり、リサーチャー自身もobserveから調査設計を行い、このOは極めて重要な起点な気がする🤔
OODAとは。


何か競馬に活かせそうな気がするが…敵とはJRAではなく、他の馬券購入者。

> 武蔵は敵の心理を重視します。敵が期待し、予期することと違うことを行い、意表を突き〜〜敵の予想をことごとく裏切る行為に出て、心理的に優位に立ち、そのうえで勝負しているのです
心理戦略を加味する、かつ
最小の力で達成する手段を検討し導入する、はそのとおりかなーと
思った
結論はそれだ「行動」以上(`・ω・´)ゞ …
個々のスキルアップが必要なのね
流行るか?
OODA? 観察して考えるばかり。これじゃ遅れちまうよ。スピードも大事。
|アルデンヌの戦いは最終的にドイツは負けた。そこの説明が必要かも…。
Pで終わってたようにOに終始するのが日本の企業
PDCAより「OODA」が日本で導入しやすい理由。感覚的によくわかるなぁ。普段の思考パターンに近いし
[東洋経済オンライン]
以上

記事本文: PDCAより「OODA」が日本で導入しやすい理由  | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事