TOP > 政治・経済 > 本当は恐ろしい「収入合算」の住宅ローンの実態 | 街・住まい | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

本当は恐ろしい「収入合算」の住宅ローンの実態 | 街・住まい | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

物件を気に入ったものの、世帯主1人の収入では審査が通らない……そんなときに金融機関から提案される“次の手”が「収入合算」です。夫婦2人分の収入で見てもらえれば借入可能額が増える、という仕組みに惹かれて…...

ツイッターのコメント(13)

物件を気に入ったものの、世帯主1人の収入では審査が通らない…そ
んなときに金融機関から提案される“次の手”が「収入合算」。

けれども後になって返済が苦しいと相談に見えるのは「収入合算」で借りたケースが圧倒的に多い。
本当は恐ろしい「収入合算」の住宅ローンの実態。「返済が苦しい」と相談に来る数はかなり多い。
#連帯債務 #連帯保証 #銀行 #酷い #事情 #変わる #生活 #夫婦
ーかなり恐ろしいし、不利でもある。
なんかもう数字出すぎてよーわからんばってん、ローンちゅうのは恐ろしいもんやな。
マイホームが夢とか、素敵なマイホームに住めば幸せ、とかいう策略に乗って変なイメージに振り回され無理して分不相応な物買ったんだから、当たり前だ。
FPさんはペアローンのほうがローン控除で得するパターンを言いませんよね。別に構いませんが。
@Toyokeizai
以上
 

いま話題のニュース

PR