TOP > 政治・経済 > 花王、紙おむつ「メリーズ」急失速の複雑背景 | 専門店・ブランド・消費財 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

花王、紙おむつ「メリーズ」急失速の複雑背景 | 専門店・ブランド・消費財 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

トイレタリー国内首位の花王に、不安要因が出てきた。花王は2月4日、2018年12月期決算を発表した(国際会計基準)。売上高1兆5080億円(前期比1.2%増)、営業利益2077億円(同1.4%増)と堅調ながら、期初に会社…...

ツイッターのコメント(33)

爆買いを基準にすると、落ちるよね
「メリーズは以前、おむつ界の『エルメス』と言われていた。」
そうなんだw
プレ値になりやすいけどなぁ。🙄
いよいよリセッション入りだなあ。まさかのソーシャルバイヤー規制がボディブローのように効いてくるとは... / 花王、紙おむつ「メリーズ」急失速の複雑背景
中国人なめたらあかん。国に持ちかえらんと露に送ってそこから発送してまっせ。メリーズ モノはいいけどキャラが弱いのが痛い。他社はディズニー シマジロウ  アンパンマン など
2,000円のオムツなんて買う人いるの?主婦のことを分かってないなぁ。
「おむつ界のエルメス」とかいう二つ名が賛辞なのか何なのかよくわかんない喩えペコ
若者のメリーズ離れ……
新たなチャイナリスクが露見。
>ソーシャルバイヤー(転売業者)はメリーズの在庫を大量に抱えており「その在庫を吐き出すため、個人商取引が行われているECサイトにどんどん出品した」(花王の広報) すると花王が正規ルートのプラットフォーマー(IT企業)を通じてECサイトで販売する製品と価格差が広がり始めた
今までさんざん儲けてるんだからいいんじゃないの?
私もメリーズ派👐❤️
おむつ界のエルメスって(笑)めっちゃブランド力あるな!
メリーズは以前、おむつ界の『エルメス』と言われていた。
二次流通の課題ですな。
ムーニー・パンパース勢としてはメリーズの人気の理由がわからん…と思って開いたら、中国での人気の変化だったのね… //
兄妹二人でレゴが貰えるほどパンパースを買いまくった(たまにグ~ン)けど、メリーズって使ったことあったかな? そのくらいの認識。
メリーズは以前、おむつ界の『エルメス』と言われていた。

エルメスに怒られないのかな。
爆買い転売業者をインバウンドに換算してたら政策間違うよ→ 中国政府ソーシャルバイヤー(転売業者)規制。今年1月にEC法が施行され転売業者に許可証の取得や納税義務。それで昨年後半から日本製品の買い控え。
花王失速と聞いて、胸がときめいてしまう私はやはりだいぶ追い詰められているのだろうか。/
中国政府によるChinese転売ヤーへの課税
転売屋相手に仕事してたら一般客に見放されたって話だね。
高富みてるー??
中国の爆買いが萎んだのと、SBサイズが無いからだと思います。
(片方は真っ当な理由だけれども、もう片方は業界人としての異常な理由)
懐かしい2014年、1人一個で、赤ちゃん連れなら二個制限あった。
結局ムーニーマン→パンパース→マミーポコに落ち着いた
爆買い騒動あったなあ
ドラッグストアで人家族での購入数が規制されてたから買わなかった。パンパースが正義 / “ | 経済ニュースの新基準”
> メリーズは以前、おむつ界の『エルメス』

それは知りませんでしたwww
我が家(マレーシア)はほぼメリーズ一択。
中国市場の影響(しかも転売屋規制)をモロに受けたのね。
市場規模がデカいだけに、何かあったときのリスクも大きんだなぁ
 
| 経済ニュースの新基準
出物(オムツ)ビジネスは金になるだろう。なんせ毎日のこと😅14億人を無視出来ない💧
転売業者の方が安売りしてたらそりゃ高い方から買おうって人は少ないわな… なんともかんとも / “ | 経済ニュースの新基準”
以上
 

いま話題のニュース

PR