TOP > 政治・経済 > 大阪の「ゴミ処理場」に中国人富裕層が行く理由 | 中国・台湾 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

大阪の「ゴミ処理場」に中国人富裕層が行く理由 | 中国・台湾 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

26コメント 登録日時:2019-02-20 05:32 | 東洋経済オンラインキャッシュ

「東京や大阪の訪日中国人観光客」といえば、銀座や心斎橋などの繁華街を中心にスーツケースを転がしながら歩く若者、または団体ツアーで来日し、カラフルな服装と派手な振る舞いで存在感がある中高年のイメージが…...

Twitterのコメント(26)

昔外国人にグループインタビューしたら

・東京の魅力は密度の高さ

という結論になった。

・自然と都市の両立
・小さい面積に複数の文化が成立
・人口の多さがディズニーランドなど商業施設を支える
など
■舞洲の工場は知っていましたけど、「有名なオーストリア出身の芸術家である故フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーがデザインした」は知らなかったなぁ。
根津美術館は天井低くも木造でもないし...単純に展示品と庭園と建物全体のセンスが非常に高いのが理由でしょ
訪日中国人の目的が、買い物からアート巡りや健康診断などへ変化しているそう!病院の待合室で中国名がよばれるのを聞くのが当たり前になる日も近いのかなぁ。


 大都市を訪れるリッチな訪日中国人の攻略法」
日本人とは着眼点が違うな。自分も中国人がするようなニッチな旅がしたい
彼らの目的地は舞洲にある「ゴミ処理場」。「WeChatの芸術系のパブリックアカウントで読んだよ。お城みたいに芸術感があふれているし、観光客、というか日本人にも余り知られていないようなので楽しめたわ」
。オーストリアの芸術家である故フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーがデザインした「ゴミ処理場」。
日本人よりよっぽど日本のアートシーンに貢献してくれてますよね。
バカですね・‼️
維新が「ムダ遣い」だと叩いてきた過去の遺産が、インバウンドの時代になって活きてきたというこの矛盾。
日本のアートや建築物に関心の高い中国人富裕層の方々。日本のコンサートホールにも来てくれるかな?
ゴミ処理場が観光地になるって?
顔真卿展、確かに中国語の人が多かったな。少なくとも半分くらいは・
まさか負の遺産だったあのゴミ処理場がこういう風に注目を集めるとは...

世の中何が起こるものやら
バブルの塔。昔行きました。
サマソニ大阪のシャトルバスが目の前を通る時にザワつくやつ。擬宝珠みたいなやつたしか1個100万円
中国人富裕層の観光客にアートが受けている訳。
車でしか行けないとこにあるのに、わざわざ見に行くのか……まぁ、写真撮りたくなるわな。
近くの公園なんかは、そっとしておいていただければ助かります

| 経済ニュースの新基準
先週の「ごぶごぶ」でロケしてたとこか。
アート、健康診断、インバウンド
以上

記事本文: 大阪の「ゴミ処理場」に中国人富裕層が行く理由 | 中国・台湾 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事