TOP > 政治・経済 > たびたび炎上「専業主婦論争」に出口はあるか | 育休世代 vs.専業主婦前提社会 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

たびたび炎上「専業主婦論争」に出口はあるか | 育休世代 vs.専業主婦前提社会 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

35コメント 登録日時:2019-02-20 05:31 | 東洋経済オンラインキャッシュ

主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル)の調査機関しゅふJOB総研が2018年11月に実施した調査によると、専業主婦・主夫であることに、後ろめたさや罪悪感のようなものを覚え…...

ツイッターのコメント(35)

専業主婦って言うとお金持ちって思われたり
肩身が狭いって思うこと多いな
選択肢って多ければよいというわけではないのはよくわかる。
子どもと向き合う十分な時間が経済的自立の犠牲と引き換え、就労が家族と過ごす人生とトレードオフってね〜〜考えないようにしてるんだからっ。
内容はともかく「相対的剥奪感」とかの表現が他にも使えるなって思った
面白いです。この記事の結論部分にはおおいに共感できます。 / (東洋経済オンライン)
結局働いても働かなくても、母親は大変なんだよね。
中野さんの記事はいつも自分の生き方を再確認できる貴重な情報源✨
家庭内はおいて
3号という特典の意味がもうない
俺の年金をなぜ3号にあげるんだ
もう自分の年金は自分でおさめてくれよ
うちの妻は専業主婦だけど、僕が扶養している感覚はない。世帯をひとつの会社として考えたら、僕が営業で妻が総務みたいなものだから、僕の収入は夫婦二人の収入。

専業主婦が罪悪感を抱く必要はあるのか 社会のシステムが煽る対立
アメリカのスーパー富裕層を相手に仕事してるけど専業主婦の奥様は皆たおやかで美しく幸せそう。そして夫婦仲が良い。これなら専業主婦でも羨ましい。金欠なのに働く気もないダラ主婦は罪悪感ってか危機感は無いのかね。私だったら発狂する。何より貧乏が嫌いなんでね。
専業主婦が罪悪感を抱く必要はあるのか 社会のシステムが煽る対立

じゃかぁしわい!ワシかて専業主夫やぞ。おととい来やがれちゅーねん!o(`ω´*)o
専業主婦で後ろめたさを感じる事は全くない。保育所等の財政負担を掛けてないのだから国からしたらメリット大!
どっち選んでも「後ろめたい」そしてそれを攻撃に使うからもう…自尊心がほしい✨
いつもこういう記事見て思うこと。
カレーがいいか、パフェの方が美味しいかと同じでは?
専業主婦も共働き女性も、罪悪感を抱えている。心情的には分かるけど、まず人からの差し出口に心を揺らさない覚悟が必要ではないかと。
まぁ「後ろめたくない」と言ったら、嘘だわな。
働く女性と専業主婦の差が大きすぎる。
働く時間が長い(特に終業時間は)子育て時期には辛い。かといって、10時14時の仕事はそうそうない。
働く女性からすると、10-14の間専業主婦は何やってるか知りたい。一方で外で働いていた方が楽、というのも分かる。
@Toyokeizai そもそも、男性は家庭を顧みないことに罪悪感は無いのかという。
家事が家電など整備されてかなり楽になり、専業主婦は経済的に貢献おらずこういう話になりがちだが、育児がとにかく女性に負担が行きがちで24時間手がかかり保育特に病児保育の不足でとにかく辛い問題で泣ける。 / “ | 育休世代…”
まずはお
まずは対立を煽ってきた社会学者が退場することですよ。話はそれから。
他人の家の在り方
他人の家の家計事情に口出しするのは とっても下世話で行儀が悪い事だって 気づいた方がいいと思う。
専業主婦・専業主夫がいたって、別にいいじゃない。
例え 仕事ってほど家事してないとしても余所様の事。
この論争って、多様性が認められていないってことを表している気がする。人は人、自分は自分。もし本人が納得して今の状況(共働き/専業主婦)を選択できていないのであれば、やはり制度面が問題なのかなと感じた。
後ろめたいとかそんな単語が出る時点でどうなんだと思うよ。
| 「もしかしたら自分だって選べたかもしれなかった選択肢」であったと同時に、「いつ自分がそちら側に行くかわからない選択肢」でもあるはず
そもそも専業だから兼業だから云々いう人間は他に考える脳ミソのないあほってことでいいよね。そうなんだーで済む話。夫婦で決めた話になんで他人があれこれ言う必要あるの?元を辿れば社会的な話になると思い文字数
とても論理的で 分かりやすかった。 | 経済ニュースの新基準
子育てに向き合う時間とフルタイムで経済的自立のトレードオフ状態は、本当に前時代の負の遺産だわ。
私の親は専業主婦だが家事も子育てもせずに宗教活動だけしている本物の寄生虫
これと社会が子育て支援を怠っているのは別枠の話だ
今の社会制度では貧困とキャリアを望まぬ形で専業主婦に成らざるを得ない人が沢山いる
早急に対応が必要
もともと、愛情でつながると言いつつ「専業主婦」という「職名」で呼ばれる、ということに違和感があるんだよね。今や「House...
以上

記事本文: たびたび炎上「専業主婦論争」に出口はあるか | 育休世代 vs.専業主婦前提社会 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準