国が画策、運賃「値上げ」で駅ホームドアを設置 | 駅・再開発 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

昨日の夜、駅に降り立ったときにはホームドアが設置されていなかったのに、今朝になったら設置されていた。こんな経験をした人が少しずつ増えているだろう。国土交通省は2020年度までにホームドア設置駅数を約8...

ツイッターのコメント(75)

JRもホームドア増えてきたしね。視覚障碍者の落下事故を防止できるホームドアのほうが、車椅子の旅行者より優先じゃない。
構わないし寧ろ賛成
国は高級ホテルじゃなくて、ホームドア設置をすすめろよ。
利用者の過半数が賛成

・10万人以上の乗降数駅でホームドアが設置されているのは半数以下
・整備にかかる費用は国/自治体/鉄道会社が三分割、が原則
ホームドアのデメリットも考慮した上で導入するかどうか決めましょうよ
通信のユニバーサルサービス料みたいなもんだろうか/
利用者の過半数が賛成とありますが、正社員のほとんどは交通費全額支給、非正規の多くは交通費自己負担という実情もふまえるべき。
そもそも時限立法である加算運賃制度は廃止すべきで、デフレとマイナス金利の今こそ建設国債を財源に整備すべきです。
まあ、利用する人の安全のための費用なんだから、利用者が負担するという考えに行き着くのは当然か?
我らが東急電鉄さんの全路線は、横浜高速保有のこどもの国線以外、来年度中には可動式かセンサー式が整備されます。
 
PR
PR