TOP > 政治・経済 > 航空機の機長はなぜ「積乱雲」をおそれるのか | エアライン・航空機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

航空機の機長はなぜ「積乱雲」をおそれるのか | エアライン・航空機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

飛行機が大きく揺れたときにいちばん大切なのが、お客様や客室乗務員にけがをさせないことである。飛行機が大きく揺れると、乗客または客室乗務員がけがをすることがある。現代の飛行機において、「揺れない」とい…...

ツイッターのコメント(16)

積乱雲の中を飛行するのは非常に危険みたいなので、ルート上迂回もできないとなると欠航?
確かに今シーズンは欠航が多く、機体が変わったせいにも見えていたけど、やっぱり気候が異常なのだろうか。🤔🤔
パイロットって10時間とか集中してこんな難しいこと考えてるんだね(´・ω・`)
オート操縦とかあるからイレギュラー起きない限り楽なんじゃないな?とか安易に考えてた笑
台風の中離陸して1時間も乱気流を食らい続けたのは高所・飛行機恐怖症が悪化した理由の一つ / “ | 経済ニュースの新基準”
ベテランと新人の組み合わせ
そうだよね。。でも、改めて読むとなるほどってなるな。
びっくりの記事
『積乱雲によっては、肉眼でははっきりと見えるのに、レーダーにはまったく映らないものがある‼』
国交省は、羽田新ルート(案)では積乱雲を監視する為の《ドップラーレーダー》を設置するから下降気流は心配ないと説明しているが、危ないんじゃないですか⁉
怖くてパイロットにはなれそうにありません。
車で精一杯。 >
クルー・乗客の貴重な人命を喪うわけにはいかないからだ / “ | 経済ニュースの新基準”
* ドップラーレーダー!その搭載で飛行機が乱気流に巻き込まれることはへったが、地上に少ないので竜巻から逃れるのが難しい。 >
現代でも飛行機の運航は機長の能力に支えらえれているんですね。
// 制限速度が340ノット(飛行機の速度を表す単位:1852㎞/h)//

マッハ1.5で空中分解しちゃう😱
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR