「Tカード情報提出」CCCに欠けている意識 | ゲーム・エンタメ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ツタヤの会員証を起源とするポイントシステム「Tポイント」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、裁判所の令状なしに「Tカード」の情報を捜査当局に提供していることが報道され、波紋を呼ん...

ツイッターのコメント(67)

カルチュア・コンビニエンス・クラブネタ懐かしい
@Hibiyatakumi 世の中独自ポイントシステムが多くて、ぱっと思いつくだけでも両手じゃ足らないので。

Tポイントはこの問題がね。このためにMBOしたのではと思ってます。(MBOに応じたホルダーでした)
@natsuco0130 Tカード、私も5年ぐらい前に解約した。。ドン引きするよね。。
「捜査関係事項照会」は管理職(警部級以上)のチェックが入るそうだが、その管理職が自分の為に私的濫用してたらもう止める術はない(実例あり)。
平気でいられる人は、何月何日何時何分にどこで何を買ったかという事まで知られてもいいのかな?
東洋経済(1/22): 「CCCが悪びれることがない理由は、令状なしでの捜査当局への情報提供に違法性がないためだ。個人情報保護法では法令にのっとった第三者への情報提供を認めており、刑事訴訟法に沿った」
不快に感じていたのは、この個人情報の扱いに関する雑さと意識の低さ。もうTカードは要らない。
@Jz_Style 捜査当局に勝手に個人情報提供されるからさ。使ってないし。年会費ゼロでも失う物は多いね。
あ〜お漏らし予備軍ですね。
ていうか、すでに現在進行系でちょっと漏れてますね〜。
本田 雅一さんの記事。「 | 経済ニュースの新基準」
 
PR