TOP > 政治・経済 > 自動運転車の事故はだれが責任をとるべきか | 自動運転 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

自動運転車の事故はだれが責任をとるべきか | 自動運転 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

最近の自動運転車の公道実験の報道は、その実装に向けた技術的課題を克服しつつあるかの印象を与える。その一方で、報道の末尾に、自動運転車に纏(まつ)わる法律や規則の整備がまだ課題として残っていると付け加…

ツイッターのコメント(22)

流通する老人が起こす事故の話は第三者の話かもしれないけど、これから当事者となりそうなのはこっちだろうね。
自動車より変数が少ない鉄道で自動運転の試みがまだ多くないのは、技術要素というより、このへんですよね
こういう事を考えるとやはり「技術(テクノロジー)」の時代から「哲学(フィロソフィー)」の時代に成ったのだなと思う。
"人工知能は、悪意が少なからず存在するわれわれの社会に受け入れるには、あまりにも無垢すぎる。" 新しい技術を社会が受け入れていく過程では、慎重に考えるべきことだなと思って読んでいたら、大学時代の先輩の記事でした。 /
直接的にはメーカー責任だろう。保険料という形で間接的に利用者が負うことになろうが。異常事態には何も考えずに緊急停止で良いしだれを生かすかなんて考える必要はない 「 | 自動運転」
事故を起こした車両のシステムに意図的な改ざんがあったかどうかについては、システムの学習に用いたデータとアルゴリズムを保存しておけば、開発者は自分の無実を証明できるのではないかと思います
基本的には購入者ですが瑕疵があればメーカーや国も❗( ̄▽ ̄)b
これは熟読ですね
▼ | 経済ニュースの…
責任を取るってどういう状態を示してるのかな。イノベーションを阻害し因循姑息を正当化する非常に曖昧でいやらしいジャップ用語だよね。 /
簡単だよな、物理隔離だよ、自動車道には自動運転車以外の立ち入りを禁止する。バグによる暴走は製造物責任。と言うことは、安全規格の精度次第では? /
犯人がいる交通事故を10件減らしても、犯人がいない交通事故が1件でも発生するなら受け入れられないのが人間 /
ここでもたつくと、検索がGoogleに握られたように自動運転も外国産しか無くなるだろう。補償はメーカーと情報を共有する新型保険で保険会社が、事故調査は調査委を組んで国が究明。法律も早めの整備を。 / | 東洋経…”
メーカーごとに事故率が違う可能性を考えたら各メーカーが保険屋と手を組むくらい。「悪意ある人間にとっては格好の「遊び場」が誕生する」可能性はあるよね。↓鉄道事故は鉄道会社の所有地のみで起きるから別。 / |…”
責任をとるAIを開発すればいい /
これは自動運転車に止まらず、今後来るべきロボット社会全般に関わる問題。
フライトレコーダーの様に事故時のプログラムコードの実行記録を厳重に保管するシステムが必要。また、意図せぬコードが実行されない様に監視する強力な管制システムも必要と思われる。
自動運転車の事故の責任問題は、搭乗者もメーカー、開発者も事故を起こす意図は持っておらず、善良な道徳的人間に降りかかった不運な事故だ、という状況理解に基づいている。しかし、この状況理解は常に正しいわけではない。清水和夫さんのコラム。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR