TOP > 政治・経済 > 野球「独立リーグ」は人材企業へ変貌している | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

野球「独立リーグ」は人材企業へ変貌している | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

30コメント 登録日時:2019-01-29 06:31 | 東洋経済オンラインキャッシュ

今から思えば、2005年はプロ野球史上、画期的な年だったといえよう。2004年の球界再編でオリックスと近鉄が合併し、楽天が新規参入。その余波で、この年から交流戦がスタートした。さらにダイエー・ホークスが親会…...

Twitterのコメント(30)

栃木も新潟のように地元選手を積極的に取りに行って、育ててほしい。
「”引退した選手をうちに紹介してほしい”という話です。地方の人材不足は年々深刻さを増しています」他にも活躍の場はたくさんある。いい流れ!!
| 経済ニュースの新基準
あとで読む
トキワ荘プロジェクトも、割とこういう部分を考えていく時期かなと思う。漫画だけでなく、アニメやゲーム業界も含めて。

面白いね!兼業を認めたのは大正解!第二の人生をプレーをしながら考えられるのは最高だなー(^○^)
独立リーグで最も経営が安定しているといわれるのが新潟アルビレックスBCとは?
意外な方向、でも意義あること。
人材輩出し社会と / (東洋経済オンライン)
独立リーグそのものの価値が上がっていくのは嬉しい
でも広大さんがいるぐらいまでは本当に魅力的だったんだけどなぁ…
なんか競技は違えど、甲府サポとしては他人事ではない気持ちで読んだ(苦笑)/
地方の人材不足と、スポーツクラブ。アイランドリーグも頑張っていますね。
野球の「独立リーグ」の経営面の記事。興味深い。経営者個々の努力は素晴らしいけど、こういうの読むと、日本の「野球界」は団体が多くて随分バラバラだなあと思う。代表から草の根までを「ファミリー」と呼んで一体化してるお手本が身近にあるのになあ。
中には先の見えない
迷走チームもあるだけに
この記事は興味深い👍
>四国アイランドリーグplusは、今季から現役選手の兼業を認可しました。選手はプレーをしながら、企業で仕事をすることが可能になりました。

え、そうなの?
独立リーグが面白い。野球以外のところに価値を持たせている取り組みが非常に興味深い。既存のリソースを利用して新たな価値を生めないかという視点
「最近、スポンサー様からよく質問をいただくのが”引退した選手をうちに紹介してほしい”という話です。」
しがさん @mkmapleee 、うれしいね。
“独立リーグでプレーする選手の最終目標はNPBでのプレーだが、その夢はほんの一握りの選手しかかなわない。彼らのセカンドキャリアを整備することも独立リーグ球団の重要な役割なのだ
これは『スポーツ好き×マーケティング関係』には最高にオススメの記事。

野球の「独立リーグ」は稀にテレビで見ると観客少なめで経営成り立つのかな?と思っていたけど、今ある資源と小口の企業協賛で地域密着型のビジネスモデルが作れている。設立から14年もたったのか。
野球「独立リーグ」は人材企業へ変貌している

※独立リーグで最も経営が安定しているといわれるのが、新潟アルビレックスBC.
[東洋経済オンライン]
以上

記事本文: 野球「独立リーグ」は人材企業へ変貌している | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事