TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 野村克也「メモを...

野村克也「メモを取る習慣が弱者を強くする」 | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

125コメント 登録日時:2019-01-13 07:14 | 東洋経済オンラインキャッシュ

かつて私が著した『野村ノート』(小学館)は、50年にわたる野球界での生活の中で蓄積してきた私なりの考えを1冊にまとめたものだ。実はこの本のベースとなったのが、現役時代から私が毎日のようにつけてきたいく…...

Twitterのコメント(125)

メモ! | /
「この仕事の意味は?」「利益を上げるには?」「どうやったら相手に喜んでもらえるか?」そういったことを問い続けろ。
@nattu723 この記事をみたとき、なつみさんのこと思い出しました!ノムさんもメモ魔のようです!
前田さんのメモ魔と合わせて読んだ方がいいと思う。
野村メモ。 /
■メモをとるのが苦手な方は、日記を書いてみませんか。それを書くために、終日簡単なメモをとる。これを習慣化できれば、メモをとることに苦を感じないハズ……。要点をピックアップする練習になると思いますよ。
思考補助ツールとしてのメモが、最近話題だけど、備忘メモの大切さも改めて確認。
自分なりの答えをメモする、大事ですね!
Factを積み上げて分析・解析して次の経験に活かすのは難しい。だから野村さんは武骨なだけでなく思考も凄かったのだと思う。

|
【メモ】
勘ではなく根拠に基づく意思決定を。興味深い。読もうこの本。/
前田裕二のメモの魔力といい、2019年はメモブームが来そうだな。
『 - 東洋経済オンライン』
深い…
メモを取ることで「なんとなくな感覚」を明瞭化していく

イチローもそうだが、長く活躍する人はこの感覚の明瞭化が優れている
『根拠のある配球なら、たとえ打たれたとしてもその失敗を次に生かすことができる。』
普段メモをつけても見直すことがなかった。
この記事を読んで、メモは単発だけだはなく、継続してアップデートすることが大事だと感じた。 /
視界に入る圧倒的多数のものはいつか忘れる。ほとんどは、その場で、長くともその日のうちに。気づいたことを文字にすれば残るが読み返さなければ忘れる。メモを残すだけでなく、まとめ、見返し更新する所がすごい。 / "野村克也「メモを取る…"
野村元監督は若い頃って苦労してたんだー
諦めたりせず自分ができないことにも
地道にメモを取り続けたプロセスは素晴らしい。
努力は人を裏切らないし、自分自身をを育てている。
Evernoteで思考の過程や仕事のメモを残すようになってから色々とうまくいくようになった気がする。
わたしは物覚えが悪いのでこの習慣は続けたい。
これも読んで前田祐二氏の『メモの魔力』を連想した人は読書好き。
"適当に出したサインで相手打者を抑えたとしても、次に生かすことのできない根拠なき配球では何の意味も持たない。" 野村克也「メモを取る習慣が弱者を強くする」 |
メモっていうのは偉大な物なんだなとつくづく思う!前の会社でメモをとる習慣は身に付けられたけど、もっともっと取っていこうと思うなぁ。SHOWROOM社長の前田さん、監督の野村さん、ブロガーのはあちゅうさん。すごい人はみんなメモ魔だ📝
( ..)φメモメモ
仕事でも株でも見習いたい。
前田さんのメモの魔力と一緒にノムさんの本も売れてるみたいね。
ここにもメモ魔
ノムさんの凄さの本質は

メモを整理し、次に活かすために思考と試行を繰り返した事にあると思う
いつの時代もメモ魔は優秀なのかな。
インプットしたことを自らアウトプットして整理するのは効率が良い。
自分の選択、行動の根拠を常に問い続ける
メモをとる習慣の本質は問題意識や改善意識を常態化させることにあると思う。何も考えずに決まった仕事の型通りにこなしてしまうことは実に多い。 /
メモかかない、図書かない、式書かない。何度言っても根付かないので、この記事よむとちょっとホッとする。
ビジネスでも本当にその通りでしたm(__)m。
@Toyokeizai 社会人になってから(=プロ野球選手になってから)、サバイバルのためにメモを取ってふりかえる習慣を始めた野村氏。学ぶべきものは多い
そういえば昔「いちいちメモを取らないで!」といったバカな経営者がいたっけな。で自分は手帳持ってんの。
ご紹介。羽生善治さんも同じような趣旨で「意味のある敗北」というようなことを指摘されていた記憶があります。/



「根拠のある配球なら、たとえ打たれたとしてもその失敗を次に生かすことができる。」
備忘録として。 /
人間とは不思議なもので、1晩経つと前の日にあった細かいことのほとんどは忘れてしまっている。
野村克也氏は、周囲から「メモ魔」と呼ばれていたそうです。毎日欠かすことのなかったメモによって自らを高め、チームをまとめ、強者に勝利してきました。メモをどのように役立てたのか、野村氏が語ります。
長く結果を出し続ける為には、いつでも「○○とは」と問題意識を持つことが大事!

残したメモを後で読み直すと気づきが得られる
仕事におけるメモは大事ですよね。
こまめにメモとるのはやっぱり大事だよな。俺もちゃんととろう
野村監督はは永遠に監督だよね。個人的には野村監督がいなければ日本のプロ野球にデータという概念が根付くまでには時間がもっとかかっていた可能性もあるよね。

また、SHOWROOMの前田さんの著書「メモの魔力」から一...
今日長男が練習から帰って来て「ボールのどの辺を打った方がいい」とか図入りでメモをしていた。誰に言われたわけでなく自主的に。

その姿を見て親バカだけど「あー、この子はこれから上手くなる」って本気で思った。今はまだ身体も小さく痩せっぽっちだけど成長が楽しみ‼️
やるべきだとわかっていて、面倒で、目を背けてやらないことはたくさんある。そういうことを地道に少しずつやっていこう。
この記事久々に面白かった!

○前田さんはメモを抽象化してそれを転用するメモ

○ノムさんのメモはその時の自分の考えや相手の分析などの気づきのメモ

同じメモ魔でもやり方がこんなにも違うんやなー
・メモは「学びの宝庫」
→根拠がある行動なら失敗しても次にいかせる
・同じ質問でも時が経てば自分の成長として確認出来る

成功者はつねに「○○とは?」と根拠を問い続けている。
野村克也氏もメモ魔!そう聞くだけで親近感。スポーツ選手に多いと聞くが、芸人さんにも多い。私が知るだけでも島田紳助氏、鶴瓶氏、ぐっさん等。単なるネタ帳と違うメモ。分析ノートだったりタスク帳だったり。私も極めるぞ!
野村ノート。メモを取る習慣が弱者を強くする。
党首の場合、冴えてた時はメモなんて取らなくてもやっていけた… 最近はメモを取らないと忘れてしまう… 【追記】メモより板書だな。ホワイトボードでディスカッションするのが一番面白い。 /
かつて私が著した『野村ノート』(小学館)は、実はこの本のベースとなったのが、現役時代から私が毎日のようにつけてきたいくつもの「メモ」である。
プロセスを大切にしたいなら、常日頃から「〇〇とは?」と問題意識を持って考え、自分なりの答えをメモし続けることが重要である。
攻略の糸口を見つけていくにはメモを取るしか方法がなかった。

なぜヒットを打たれたのか、あるいは抑えることができたのかを考え、それらを克明にメモし、家に帰ってからそれらをノートにまとめた。
野村さんの尊敬するところは、野球の実績とメモやノート。 /
インプットこそ正義
アウトプットこそが大正義
にぼくはなりたう /
メモをとるマメさだけでなくメモの検索性も重要だとおもっていて、もう紙のノートには戻れない
メモをとるべき、とらないべき、色んな意見があるが、どちらでもよいから自分に合った方法を見つけたい。
私はメモ取りたい派。
情報量が多い時代だからこそ、メモが必要とされてるのかな。 /
今まで野村さんの書籍はだいたい読んできたけどどの書籍もビジネスの世界で生きる本質的なことがまとまってる。
ご自身及び人の成長に向き合い続けてきたからこそなんだろうな、と。
メモの有用性については痛いほどわかっているのですが、自分の場合、習慣化がほんとむずかしい。日本には連用日記というものがあるのですが、この連用という機能はメモの有用性を理解する鍵となります。今年はやってみるかな。
本日も森保感得のメモを録る姿が見られると思います。ああいう場ですらメモを録る貪欲さ。自分も常日頃もっと高いレベルでメモを録っていけるよう更に意識していきたい。
かっこええ
説得力がちがう
野村さんもメモを活かす天才ではなく努力家。
メモの魔力に追い風が。
全く普段意識していなかった事が確かにメモならば残せますもんね!
メモを取った時の一年と
メモを取らなかった時の一年
では一年後の差が大きく出るという実感があります。 /
感覚的理解でなく、言語化の理解に意味がある。
メモ魔。
体を使う印象が強い、運動でもそうなんだな。
メモの取り方注意ですなー
◆ | 東洋経済オン… - ( 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 )
野村克也「メモを取る習慣が弱者を強くする」
弱者を強くする…メモ…うむ。
設定狙いも同じだと思います!
イベント依存も良いですが毎日のデータ収集が最も地道で大変ですけど最も安定の近道だと思います
次、積読状態の野村ノートよも。
戦後初の三冠王かつ世界のプロ野球史上初の捕手の三冠王で名将、『ID野球』野村克也さんも『』だった。
メモが弱者を強くする!?

メモ癖は付けて損ないよなー。
これからやってこ(๑╹ω╹๑ )✨

出来てないのを否定せず、新しく取り組めばOK🙆‍♂️
メモを取るのは当たり前のことなのだけど、できない学生が多いからナ……。「プロセスを大切にする」ことの重要性を説きつつ習慣付けさせるよう指導をしていきましょうかネ。

 ̄ ̄ ̄ ̄
前田社長(@UGMD)といい、野村監督といい、結果を出している人はみんなメモを取っているな。

自分の中でもメモをブームで終わらせることなく、続けることが大切。

#前田裕二
#メモの魔力

| @Toyokeizai
メモブームが来ているのかな?
もっとメモしないとなぁと反省。 /
前田さんの本に啓発されたので3しょうか、メモに関する本が多くなってきましたね。野村さんだけに注目したい。:
良さそうな本だなー♪読んでみようかな♪
> 根拠のある配球なら、たとえ打たれたとしてもその失敗を次に生かすことができる。

"同じ過ちを繰り返すな"と少年野球時の恩師に教わったけど、社会人の今となって深く理解できてる。笑

メモを取る事が目的にならぬように気をつけないとね。
何にでも理由がある!
メモはかなり重要だな⚡
前田さんのメモは知的生産の側面が、野村さんのメモは圧倒的に細かい備忘録の側面があると思った。
プロセスを大切にしたいなら、常日頃から「〇〇とは?」と問題意識を持って考え、自分なりの答えをメモし続けることが重要である。

毎日、何でもいい。「この仕事の意味は?」「利益を上げるには?」「どうやったら相...
覚えきれるわけないのでメモをとり、忘れた頃に振り返りできるから強いですよね。奇抜なことをやる前に当たり前に当たり前のことをやりきれることが大事。
@UGMD さんと同じ世界観を名将も持たれてる
メモ大事ですよね。 /
メモしたら?っていうか、学び取りたいひとは自然にそうなるね。
人によってメモを取るやり方も姿勢も問題意識も全然違ってくる

前田祐二さん以外の人の取り方も参考にして、マネしてやってみよ
野村メモをメモしとこφ(・ω・`)
これぞ努力(積重ね)って内容だった(良記事なんでEvernoteに記録)。
「私は頭が悪いうえに、人一倍不器用である。」ってあったけど、できる人と比べればの話だよね。
どんな分野でも言える素晴らしき習慣!
メモ魔を読んだあとだから、より理解できる。メモの可能性すごいやん
結果を出す人はプロセスを大切にする。
これは
が益々売れますわ。
わくわくしてきた。
野村克也『野村ノート』「メモを取る習慣が弱者を強くする」
野球詳しくないけど野村さんもメモ魔だったんだ!!
これはトレードにも通ずる→
"プロセスを大切にする生き方" →
毎日何でもいい。「この仕事の意味は?」「利益を上げるには?」「どうやったら相手に喜んでもらえるか?」上記を問い続け、自分なりの答えをメモしよう。同じ質問でも時が経てば答えが変わることもある。その変化を「自分の成長」として確認できるのも、メモの大きな利点。
野村さんのメモとサッカーの言語化は同じこと。相手をどうすれば攻略できるか。その発想から相手チームのプレーをメモとして残すことで傾向を知り、戦い方を決める。その繰り返しがID野球になり、結果的に野球自体の体系化につながったから長く活躍されているのだと思う。
野球界にもメモ魔がいた
「結果よりもプロセスが大事」。そのためにはメモを取ること。良い教えだ。/
子供の頃から野村監督が大好きで大好きで…その影響は大きいよ。
問題意識を持って考え、自分なりの答えをメモ!
・人間は忘れる生き物だからこそメモはその日のうちにとる
・メモすることで自分の成長がわかる
メモの魔力は、流れがきてるね。こんな記事がこのタイミングででてくるとは。 /
また適当なことを
ほんとそのとおりです。野村監督はさすがですね。
前田裕二さん(@UGMD )が
現代のメモ魔だとしたら

野村克也さんは
昭和のメモ魔なんだろうな。

『野村メモ』も読んでみようかな。
勢いで物事をやってしまうよりはリスク回避からの方がサラリーマン的
以上

記事本文: 野村克也「メモを取る習慣が弱者を強くする」 | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事