TOP > 政治・経済 > 日本の老人ホームがドイツより庶民的な理由 | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本の老人ホームがドイツより庶民的な理由 | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

シュトゥットガルト市の南、うっそうとした森の始まるちょうど入り口に、その老人ホームはあった。シュトゥットガルトは緩やかな盆地になっており、市の中心はその真ん中の、すり鉢の底に当たるところに位置する。…

ツイッターのコメント(13)

”基本方針は、「少々狭くても、なるべく安い値段で、たくさんの人を収容しましょう」ということだ。“
「日本では、払っている税金や保険料の割には、人々が受けている福祉は悪くない。何よりも、福祉の精神がはっきりと貫かれていて、これに関しては、ほとんど社会主義の国のようだ」
この記事、色々と間違いすぎててつらい
川口マーン、したり顔で安倍政権にカイグリかよ!こんなやつばかりだから、福祉の予算がどんどん減る。マーンなんだから、日本に口出すな!掃除費用を載せたら日本でも20万だ!ボケナス! 日本の老人ホームがドイツより庶民的な理由(東洋経Yahoo!
川口マーン惠美著『老後の誤算 日本とドイツ』より一部転載です。どうぞご覧ください!/
"日本の老人ホームは、「要介護3」以上なら特別養護老人ホームで受け付けてもらえ、自己負担は10万円程度で収まる。順番さえ回ってくれば、生活保護を受けている人でも入れ、ちゃんと24時間介護を受けられる"

日本の老人ホームがドイツより庶民的な理由(東洋経済オンライン)
75歳以上の「後期高齢者」の医療費自己負担は1割。特別養護老人ホームには、条件を満たせば、自己負担月額10万円程度で入ることができる。そんな日本の「当たり前」は、ドイツでは、ぜんぜん当たり前ではない――。
>日本人は信じないかもしれないが、日本では、払っている税金や保険料の割には、人々が受けている福祉は悪くない。
ドイツの老人ホームは料金が高い。川口マーン惠美さんのコラム。  ある非営利団体のホームでは、「要介護度1」の人の自己負担金は毎月2742.38ユーロ(約35万7000円)で、「要介護度2」から「要介護度5」の人は均一2462ユーロ(約32万円)。
日本人は信じないかもしれないが、日本では、払っている税金や保険料の割には、人々が受けている福祉は悪くない。特に医療は最高のコストパフォーマンスが実現されている。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR