TOP > 政治・経済 > 日米を襲う「債券バブル崩壊」の恐ろしい結末 | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日米を襲う「債券バブル崩壊」の恐ろしい結末 | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

筆者は2018年、アメリカの中間選挙前後から「『トランプ勝利』でも株の反発は長続きしない」(10月31日配信)など、6本の記事を配信してきた。その中で「金利上昇の理由がインフレか財政赤字拡大かで、下落...

ツイッターのコメント(22)

2018年の記事だけど
資産分散で債券にウェイト置くのは再考したほうがいいかなぁ
@Nomoreeigadoro 次は債券バブル崩壊が言われてますね。
次に利上げに転じた時にトリガーが引かれるのでしょうか。
Facebookをやられているなら春山昇華さんという方をフォローされると良いと思います。
大局観の持ち主です。
> 2018年初のリポートでIMFは債券市場の膨張による債務問題を次の世界経済の最大の危機として取り上げた。経済の建前ではなく、政治の裏を読めば、IMFはトランプのアメリカにも一党独裁の中国も両方警戒している。
副島隆彦氏ご推薦の、シカゴ在住のトレイダーさんです。滝澤 伯文(たきざわおさふみ)氏です。

この方の情報メルマガは、月額29800円!月額です。

それを元に投資するらしいですよ、投資家は。
"日銀の「ソブリン性」が傷つけば、日本株はその瞬間からハイエナのようなヘッジファンドの絶好のターゲットになる恐れがある。"

@Toyokeizai
主要国で日銀だけが異次元金融緩和を続けることのリスク

『規模が大きく、金融市場を開放してしまった日本で日銀の「ソブリン性」が傷つけば、日本株はその瞬間からハイエナのようなヘッジファンドの絶好のターゲットになる恐れがある』
ダリオ氏はこの本を無料で公開している。10月からの株の下落局面で、筆者が知る最も弱気なコメントは、アメリカ株は40%から60%の調整になるというものだ
「国際政治上のキャピタル戦争の本質は、敵対国の債券市場を縛り、自国の債券市場を拡大するモノポリーゲームの駆け引きになる」→
"仮に日本が直近のカルロス・ゴーン氏逮捕にも見られるような「ダボスルール」の無視を財政面でも断行すれば、相場観で言うと"
株の下落の次に何が待ち受けているのか?(滝澤 伯文)
【 | 東洋経済オンライン】
野口悠紀雄氏は何年も前に「今の日本は債券バブルだ」と喝破してる。
しかし、国も市場も止まらずここまできてしまった。
大変興味深い記事でした。ほぼ同意です。
ありがとでしたm(_ _)m
僕が解釈を誤った米国の権力闘争の解説が書かれておる。(続):
トランプガーアベガーうーんこの
先週、試しに15年ぶりに買った米国現物株のGSは、今朝投げて失敗。二営業日前に買ったダウ株先は引けで売って正解。やはり僕は現物株は向いてないな、、。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR