TOP > 政治・経済 > 子供の「読解力を高める授業」が本質的すぎた | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

子供の「読解力を高める授業」が本質的すぎた | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

201コメント 登録日時:2019-01-04 07:38 | 東洋経済オンラインキャッシュ

『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』の著者、新井紀子さんが代表を務める「教育のための科学研究所」が開発・実施しているリーディングスキルテスト(RST)により、日本の中高生の多くが、教科書を正確に「読め…...

ツイッターのコメント(201)

同じ?異なる?
>「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」
>「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」
近頃ポケGOしたいがためにスマイルゼミを頑張ってる息子ですが、得意不得意が明確になってきた。男子だからなのか図形には強いけど読解問題は弱い。今ココだよな。
小学校入学までに、ある程度の量の絵本の読み聞かせや、身近な大人との日常会話を積み重ねてさえいれば、この程度の日本語の力は身につくともうのだけど。息子を見ていれば。
「AI に負けない子どもを育てる」ってタイトルの本を見て、 AIわかってない人がAI敵視してるのかと思ったら全く逆で、AI で受験合格できるかを研究してきた人が書いた本だった。超面白そう。
実際に読めていない例。文構造が理解できていないのもあるかもしれないけど、背景的な知識や語彙が不足しているせいで読み飛ばしている可能性も高い。幕府と大名の関係がわかっていれば間違えない問題。
個人的には主語なしで話す人の話って物凄くわかりにくい。外国語だと難しいが、日本語だとできるのが厄介。
小学生の時に基礎的な読解力を身に付けるのが全教科のために重要なのは小学生の時に自覚してたから何も異論はないのだけど、読解力目的の授業が多いと本好きな子には苦痛だったりするかも…
|
@schlafen16 この記事もなかなか興味深いですよ。お時間のあるときに目を通してみてください。
AIの読解力には議論もあるみたいだけど、日本人の読解力の低さは事実みたいです(私は以前にTV番組で見ました)
読解力…

▶︎次の2つの文が表す内容は、「同じ」でしょうか、「異なる」でしょうか。

「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」

「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」
後で読もう読もうと思っていたがまだ読めてないし今、読む体力もない…
読解力を涵養するにはどうすればよいのか。新井紀子さんらによれば、起こっていることを、見ていない人や詳しくない人に正確に言葉で伝える「実況中継」の練習がよいらしい。-子供の「読解力を高める授業」が本質的すぎた 「AI 教科書が読めない」著者が考案!
@Hib52Fan @UdonSoba_Eater 読解力の問題もありそうですね。文章で出題されると意味が汲み取れないとか。
ちゃんと読む
あと、読解力のない人は本当に多いので、英語よりこっちの方が大事だろと思う。小学生は。
ちょっと前のメモ▷
テレビで見たけど、秀逸な授業やった
今の国語の授業は、作品を鑑賞することに重きが置かれていますが、そもそも読めていなければ鑑賞はできません。中学校の教科書を読めるようにすることが、日本にとって一番大切なことで、公教育が必ず成し遂げなければならない。
これは参考になる

日常会話なら伝わればいいというレベルでいいけど、
対話的で深い学びの質を上げるためには正確な言葉を使いたい

大人も子どもも
この さんの
【AI vs 教科書が読めない子供達】
はAIにできることとできないことを
知る上で勉強になった。

同時に がいかに大切か。
思考の基礎は言語力。
幼児期からの英語教育より
母国語オンリーでいいから
言語を使いこなす教育をしてあげて!
子供の読解力がないのは、国語の授業に問題がある⇒きわめて正論だと思います
中島聡さんのメルマガから紹介。
これ伝達ミスりがちな人研修にも使える!/
見落としてた記事.抽象数学やると,こういう訓練たっぷりできるぞ.ちょうど授業で定義から例,例から定義の両方向で小テスト問題作ったところだった.

東洋経済
“一意に伝わったかどうかグループで確認”することで、改善ポイントが見つかる。読むだけでなく、書く側にもトレーニングになりそう。
大事
・「実況中継するときは、相手に一意に情報が伝わるように工夫する」
・「作品の鑑賞」以前に「読解力」を身につける
子どもどころか大人でも「事実や思考をそのまま簡潔に言葉にできる」人はまれだと思う。これがどれほど生活やビジネスの支障になっているか想像もつかない。
【読解力をあげる授業】
授業1:文を読んで、正しい並べ方を考える
授業2:抽象的な文を具体的に表現する
授業3:一意に決まるように実況中継する
授業4:他の人の実況中継を確認する
これは参考になります(^O^)
実況中継するときは、相手に一意に情報が伝わるように工夫する
こういう演習をもっと増やすべきだよな。
半数近くの子どもが、冒頭の文章の意味が取れないとは…本当なのかな…?
ようやく読めた。これはこれでアリだとは思う。(冒頭の読解問題、間違えた…。)
次の2つの文が表す内容が同じか?の中学生の正答率が57%だって!大至急対応を!
「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」
「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」
相手がなにを求めているかを読み解くってのは、どの世代でも役に立つ。子供にとっては
・日頃から「問い」を受ける
・答えを自力で考えてアウトプットする
・答え合わせと何故そう考えたのか話す
だけでも成長機会になりそう
これは国語だけど、プログラマー/システムエンジニアに必要な論理的思考力だとも思うの。
すげぇいい授業だと思うけど、開幕の問題はちょっと引っかけでズルくない 笑
読み間違えて間違えました
生徒の半分はおいていかれてるのだろうなぁ(べたべたの丁寧な文法の授業が必要のはず)。きっかけとしては大事にせよ。
オセロわかりやすい。国語で学んで欲しいのは読解力と作文力。誤解生まない文章を書けること、怪しい文章を読みわけて確認すること、仕事でも出来てない人多い。
IELTSではグラフなどを見せて英文で説明させるライティング問題が出てくるけど、その対策にもなる授業。数学と国語の間の微妙なところなので、先生が意識して教えないと身につきづらそう。
結局のところ、論理的な思考とか論理表現を、日本語でやる、というのがこれまで全然なされてなかった、って話だよね。
読む方っちゅーか、書く方で書き方のアレさ加減でいろいろご迷惑をかけたりしがちなので留意しまくってることが全部(以上)書かれていた… 海より深く反省
人に有ってAIにないのが読解力…らしい
タイトルは「論理的思考を学ぶ授業」とかの方がよいかも。
「読解力」は一文を一意に読む力、だけではないと思いますので。
教科書が読めたい子供たち…

読めることを想定して作られた教科書を主体にした授業は崩壊してしまう!?

『AI 教科書が読めない子供たち』の著者が考えた授業とは…
確かに、生徒はよく読めてない。だからしっかり読む訓練しないと、その先に進めない。
20190104「 教科書が読めない」著者が考案!」(東洋経済オンライン)
なるほど参考になる授業案。しかし実際は、「読めない」のではなく、「読まない」んだよなあ。
子供だけじゃないと思う
投資やお金の絡むの世界では読解力が高い人が稼げるようにできている
決算短信や国税庁の各税の資料はあえて難しい書き方
特に税関係資料は

教科書が読めない」著者が考案
一意に決まるように書いてみる、一意に決まってるか判断する。なるほどねー。
あ、これのことです。
「国語や算数・数学、理科、社会の問題を「解く」能力を培う前に、問題文を理解する日本語を読む力を涵養しなければならない。」「今日の課題は「オセロの実況中継」です。」 / “256115”
最近では駅伝など、
スポーツなどでよく見られる”実況中継”。

誰でもわかるように”的確に”
目の前のことを伝える高度な技術です。

その”実況中継”を子供の授業に取り入れた記事がとても興味深く、”大人”の私たちにも参考になる内容となっています✨
►►►
コグトレにも通じるところがある. 臨床現場で患者様の理解力を把握するのに使えないのか, と考えておる訳です. @Toyokeizai
ロジカルな国語の授業してる教員はいるけど、個人の裁量。
こういう研修が全国で受けられればいいけど。(自治体がケチだったり、激務で難しい…)
うちの教室だと成績特に関係なく、現中1から急に読解力が無くなってきてるのを痛感してる。数学や理科で文章だけ読んで意味を考えずに計算式を書き出す子が急激に増えてる。現小6でそれなりに出来る子でも、式と答は合っていてもその計算にした意味を全く答えられない。
記事タイトルは「読解力を高める授業」だけど、現場的には「情報の扱い方」+「話すこと・聞くこと」の授業として位置付けいるんじゃないかという予感すらする。/
作品鑑賞の前に読解力の向上に賛成。僕は日本語の文法や精読法を勉強した記憶はなく、英語や自然科学を勉強する中での自学自習だったので凄く遠回りだったと思う。音読や素読が見直されてきたので、欧米のように文法や文章作成法を国語の時間で扱って欲しい。古典はそのあと。
この問題,社会がきわめて深刻に考えないと日本は5年後ですら最悪の展望だけしか開けない…/
メモメモφ(・・;
すごく面白い。表現力の重要性はよく耳にするけれど、出発点として正しく理解する、ということがまず大切。
うちの息子くん国語に相当苦戦しているので、他の教科も壊滅的だな・・なんとかならんかね🤔🤔 🤔
もうTLの方々がおっしゃってるけど、「読解力」って一文を一意に読む力「だけじゃない」と思うんだよなあ。テクスト全体をどのように解釈し、意味づけるか、そこをこれからやっていかなきゃいけないと思うんだけど。 / “256115”
「事実を正確に一意となるように」表現するの、結構むずかしいよね。でもそれをしないと解釈が一意にならない。
3次元…球面上の場合どうなるんだこれ…w
ナチスは福祉に突撃してる人ってつまりはこういう事なんじゃないか、と。
教科書が読めない」新井紀子さんが考案 子供の「読解力を高める授業」が本質的すぎた(岩本宣明) 東洋経済オンライン
機械に教えるレベルまで要素分解できる人は、子供に教えるのも上手。去年行ったセミナーもすごく面白かったし。
うちの市では「読解」という授業をやってるんだけど、こういうことを狙いとしてやってるのかな?→
「今の国語の授業は、作品を鑑賞することに重きが置かれていますが、そもそも読めていなければ鑑賞はできません。」ほんと、その通り! >>
読解力こそAI時代の必須授業
私が塾でやってる「漢字の書き方を電話で説明する」って授業、意外といいアイデアだったんかな
これは映像処理型の物の考え方の人と文字情報処理型の物の考えたの人の違いじゃないのかな、、/
"「異なる」が正解です。ですが全国の中学生857人の正答率は、なんと57%。「2択問題」の正答率はあてずっぽうでも50%になることを考えれば、驚異的な低さです"
国語の読む力ももちろんだが、算数の論理的思考やプログラミング的学習の話のような気もする。
大人でもできてないしなぁ。>
自然言語と一緒にプログラミング言語学ぶのが良いのだろうな。
『AI 教科書が読めない子どもたち』の新井紀子さんの読解力を高める授業おもしろい。出口汪さんの授業もだけど感覚から入らず言葉の意味や論理をきちんと学ぶと理解できる→おもしろさがわかるになるんだよね。
次の2つの文が表す内容は「同じ」でしょうか「異なる」でしょうか。

「幕府は1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」

「1639年、ポルトガル人は追放され幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」

これは大問題ですよ

@Toyokeizai
タイトルが煽りすぎだが、内容は妥当。全ての授業の基本「国語」を勉強する意味だわな。
おもしろい!
新井紀子氏が代表を務める「教育のための科学研究所」が開発・実施しているリーディングスキルテストから⇒「 教科書が読めない」著者が考案!」岩本宣明、東洋経済、2019年1月4日
「新井さんは、「中学校の教科書を読めるようにすることが、日本にとって一番大切なことで、公教育が必ず成し遂げなければならないこと」と指摘」 同感!
あとでゆっくり読もっと
もっと見る (残り約101件)

記事本文: 子供の「読解力を高める授業」が本質的すぎた | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事