TOP > 政治・経済 > ニセ切符対策で進化、中国の鉄道「現金レス」 | 海外 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ニセ切符対策で進化、中国の鉄道「現金レス」 | 海外 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

最近、日本でも話題の多いスマートフォンなどを使った電子決済サービス。IT化が急激に進んだ中国でスマホ決済が幅広く普及しているのは日本でもよく知られている。日銀が発表した調査レポート「モバイル決済の現状…...

ツイッターのコメント(15)

身分証明書番号って所謂マイナンバーカードと同じじゃん。と言う事は野党が反対したのはスパイに優しくするためと分かるし親分はこれでは何考えてるんだろ、となるね。
日本人が中国で切符を購入しようとすると
身分証明書としてパスポートが必要となるので窓口購入が大半かな。
すごいな。
中国ではもはや駅でチケットを買う人がいないという現実。
日本で言う所の「みどりの窓口」に並ばずに券売機で十分なのは見習うべきかも→
中国凄いなー。ってか、テンセントとアリババが凄い
社会問題の解決として超が付くような強制力が発動しないと、キャッシュレス化はなかなか進まないだろうねぇ/
日本でも早いとこ全指定席列車を統一的に予約できるシステムができないかな....多くの私鉄が指定席列車を走らせてるから、私鉄相互JR乗り継ぎとかうまいことシステム化って
日本人は、ニセ切符なんか作らないから…🙂
どこへ行っても転売ヤーの存在は鬱陶しいものなんだなぁ。支那本土も例外ではなかったか
「乗客本位の対応に向け、ITでできることをうまく連携させている点は注目すべきだろう」
そのベースにあるのが、国による身分証明IDカード携帯義務なんでしょ。日本でそういうことやれと言ってるの?
@Toyokeizai
以上
 

いま話題のニュース

PR