TOP > 政治・経済 > 中国人がSNSで赤裸々に相談する悩みの中身 | 中国・台湾 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

中国人がSNSで赤裸々に相談する悩みの中身 | 中国・台湾 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

久しぶりに旧知の30代の中国人女性、王霞さんに再会した。王さんは中国の会社で働いているが、数カ月前に転勤で東京にやってきたばかりだ。居酒屋の席に座り、私が「久しぶりの東京暮らしはどうですか? 楽しい?...

ツイッターのコメント(15)

異国での心細さというのもあるだろうけど、フレンドリーというかぶっちゃけ感が強い。
ウィチャットは中国ではほとんどの人間がいる利用してるが中国本社を経由して共産党の情報源だ、日本人は使うべきではない。
めちゃ「へぇー!」ってなった。
使わなわからへんな!
中国人に限らずネットが普及してから「自分で考えて決断する力」が低下したよね。少し迷ったらすぐネットで調べて、ネット上で相談する。こういうネット依存症の人は意外と多い。
俺の場合Twitterって男子新體操コミュニティーのチャットをしてるって事ですね!(笑
ファーウェイん使いたくないとか?
カーラ「中々面白いね。海外に居ると国籍を却って強く意識するのも分かるよ。」
俺もリアル晒すの無理だからな
在日中国人はSNSウィーチャットを、赤裸々な相談も含め頻繁に活用する。チャットの量の多さ。中島恵さんのコラム。  中国人同士という適度な距離があるので、気軽に離婚の相談までSNSでさっとできてしまう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR