TOP > 政治・経済 > 38歳・名古屋の残留請負人「玉田圭司」の進化 | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

38歳・名古屋の残留請負人「玉田圭司」の進化 | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

13コメント 登録日時:2018-11-30 06:32 | 東洋経済オンラインキャッシュ

サッカー日本代表としてワールドカップを経験した後のキャリアの重ね方は人それぞれだ。玉田圭司(名古屋グランパス)が初参戦した2006年ドイツワールドカップのメンバーを見ても、大会直後に現役引退を表明した中…...

Twitterのコメント(13)

昇格出来なかったプレーオフで見た後ろ姿も昇格した時のプレーオフ直前に練習していた時の姿も一生忘れません。
問題は現役選手からも「玉ちゃん」て呼んでるんか(^ω^)
中村憲剛選手はヤットにはさん付けで、玉田選手のことは玉ちゃんて呼ぶんだw

| 経済ニュース.. -
哲学が今のサッカーになるんだよね…自分は離れたいし、離れる…
実直な姿勢や人間性が見える、素晴らしい記事だった。
>シュートを打つ大事さとか、貪欲さみたいなものは学んだ。彼のプレーを見ながら『こういうところでシュート狙うんだ』とか『こういう動きするんだ』っていうのはすごい勉強になりましたね。実際、フォルランはチャンスがあったらまずシュートを狙う。
フォルラン選手についても話してるので、ディエゴさんのサポの人は是非とも読んでほしい
[東洋経済オンライン]
以上

記事本文: 38歳・名古屋の残留請負人「玉田圭司」の進化 | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事