TOP > 政治・経済 > 杉原教授が語る「錯視」―不思議な世界の秘密 | ソロモンの指輪~「本能と進化」から考える~ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

杉原教授が語る「錯視」―不思議な世界の秘密 | ソロモンの指輪~「本能と進化」から考える~ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

13コメント 登録日時:2018-11-21 08:09 | 東洋経済オンラインキャッシュ

――杉原錯視は、どうやって不思議な現象を作り出しているのですか?数理科学を応用して、「ありえない」立体を作っています。立体を片目で見るか、カメラで撮れば、平面画像が得られます。平面画像の基となる立体…...

Twitterのコメント(13)

数学面白い!→
一昨年だったか,神保町の展示で見た作品は第3世代までで今は第9世代まできていることに驚愕
混乱する
メダパニにかかったみたいw
大好きこういうの。

| 経済ニュースの新基準
仕事の関係もあって、錯視の話には食いついてしまう。◆ | 経済ニュースの新基準
錯視の歴史がわかっておもしろい。
立体を片目で見るか、カメラで撮れば、平面画像が得られます。平面画像の基となる立体は、数理的には無数に存在しますが、人間はその中の1つの形に決めて認識します。その際には、3方向の平行線だけから構成された立体を「直角立体」であると誤認しやすい」 @Toyokeizai
[東洋経済オンライン]
以上

記事本文: 杉原教授が語る「錯視」―不思議な世界の秘密 | ソロモンの指輪~「本能と進化」から考える~ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

30コメント 7 時間前   - anond.hatelabo.jp