TOP > 政治・経済 > 不登校が「過去最多」を更新する日本の実情 | 不登校新聞 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

不登校が「過去最多」を更新する日本の実情 | 不登校新聞 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

不登校児童生徒の内訳をみると、小学生は3万5032人で過去最多を更新。中学生は10万8999人で過去2番目に多い数字となった。前年度と比べると小中学校で1万348人増加した。一方で全児童生徒数は982万人で過去最少を…...

ツイッターのコメント(17)

◆不登校過去最多!何が出来るか?
日本の社会が寛容さがなくて生きづらい。学校なんて日本の社会の縮図だから子どもは大変だよ。
もう一度人生やり直して不登校したい /
不登校が過去最多と言うが、「子供は学校に通って当たり前」「不登校なんて甘えは許されない」という社会の空気が緩み、「無理して学校に通わくてもいい」という空気になってきたのは良い傾向だと思う
@shygoo_a 年々増え続ける不登校児の中には発達障害の子も含まれているはず。
みな日本流「躾」の被害者。
不登校が年々増加しているようですね。作業療法もこの辺に取り組んだ方がいいと思います。問題が複雑化するので、人ー環境ー作業の視点を持たないとなかなか解決に向かわない
学校へいくって考えから、一度離れてみなよw
いじめや不登校が過去最多になったんじゃなくて、今まで隠れていたのが見つかっただけという。今後もどんどん増えるかも。
もう学校だけに頼る世の中を変えて行きましょう!
出る杭は打たれるからな。
前ならえは言うまでもなく、学校でやることの多くが、
大人の自分なら、ストレス以外の何物でもない
不登校が割合で示されてるのが難点。生徒数の減少を考慮すれば、不登校の絶対数は変わってないのかも。

生徒数ではなく、学級数に依存してたりして。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR