TOP > 政治・経済 > 過激な部活動が「ほどほど」にはならない理由 | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

過激な部活動が「ほどほど」にはならない理由 | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

学校の部活が社会問題になっています。特に、平日は早朝・放課後、休日もすべて部活の練習に時間を使ったり、体罰を伴うような指導をしたりする「ブラック部活」問題が注目を浴びています。「部活をやめてしまえば…

ツイッターのコメント(19)

白書は過労死が多く発生していると言われる3分野について、重点的に分析しています。教職員、IT、医療がそれに該当し、先生は、まさに過労死寸前の働きぶりであることが指摘されました。
アンケート調査の結果、先生(教職員)の重大な病気につながる負担は学級担任と部活動
最後に工業高校での進路指導における企業からの要望が載せられているが、企業が部活動を続けてきた生徒を欲しがる話は実業系高校ではよくあるようです。中には学業成績よりも部活動を続けたかどうかで高校生の採用を決めている企業もあるとか。これ、本当に良いのでしょうか?
やりたい先生だけでやってくれたらいいのに…
高校生として部活に関わる色々な人を見てるけど『同調圧力』っていうのがものすごい力なのは間違いない…😓
もっとやろう!は大きな声で言えるけど、ほどほどにしとこう!なんて言えないのが多くの部活動の実態なんでしょうね🤔💭
@Toyokeizai やる気のある人の意見だけ通る世界>①先生同士の同調圧力、②生徒からの期待、③保護者や社会からの期待
万年実質帰宅部だったわたしには、はじめて知ることばかり。
子のときはどうなっているかな。

部活は,まず生徒たちの熱量を考えろよって話なんだと僕は思う。

甲子園とか目指してる人は命かけてるわけですよ。
顧問がほどほどで止めても彼らは止まらない。
定量的評価が困難という学校特有の事情、ありますよね。「やった方がいいこと」は限りなくあり、実際やる人もいると、際限なく仕事が増えていく…/ @Toyokeizai
書きました。各地で聞いた先生の本音をもとに、なかなかやめられない、減らせない理由と構造問題を整理しました。
③の親の期待が一番厄介だと思う
特に母親が熱心過ぎるパターン
部活はなぜほどほどには出来ないのか?
「機能」「コスト」というキーワードを拾って、分割し場を再構築していく必要がある。公・民のクラブチームへ助成、投資し場を創っていかないと(続)
あのその、先生の憂さ晴らしの場になってるんだが。

別に専門機関作ってやった方がいいのではないのか?
同調圧力(先生)と同調圧力(生徒)と福祉的役割
やっぱり同調圧力じゃないか!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR