TOP > 政治・経済 > 人工知能は「役立たず階級」を生み出すのか | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

人工知能は「役立たず階級」を生み出すのか | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

人類の歴史には、3つのリンゴに象徴される劇的な変革があった。1つ目は「アダムのリンゴ」で、これは紀元前1万年ごろに始まった「農耕革命」を象徴している。この革命によって、狩猟・採集社会から農耕社会への転…...

ツイッターのコメント(35)

おもろかったす。
「偉大なアルゴリズムが、誰と結婚するべきか、戦争を始めるべきかどうかを、教えてくれるでしょう。」
役立たず階級(はらり予想)になる未来しかみえない+です...( ᵕ_ᵕ̩̩ )
今夜はさめざめとお布団を涙で濡らしそうです......
人類を幸せにする科学技術とは何なのか。

これは、プログラミングの勉強を初めてからの一番のテーマ。
勉強を進めつつ、どんなサービスで人を幸せにできるか考えてる。

とりあえず、「ホモ・デウス」ちゃんと読もう。
人類史を変えた3つのリンゴ
「アダムのリンゴ」
「ニュートンのリンゴ」
「ジョブズのリンゴ」
現在進行形で生み出されてるような。将来的には生産性のない役立たず階級は社会から抹殺されてしまうのです。しかも年々そのハードルが上がるので最終的には一部の天才以外は死ぬしかなくなるのです。(怖い)
銀河鉄道999の世界だね。可能性は高いと思うよ。
井上智洋先生『人類の歴史には、3つのリンゴに象徴される劇的な変革があった。1つ目はアダムのリンゴ。2つ目はニュートンのリンゴ。3つ目のジョブズのリンゴだ』
“人類史を変えた「3つのリンゴ」” "3つ目の「ジョブズのリンゴ」は、「情報革命」(第3次・第4次産業革命)の象徴だ" / “ | 経済ニュースの新基準”
こういうお脳の具合がよろしくない毛唐の戯れ言を鵜呑みにしちゃう の方が増えつつあるのを懸念しているのです >人間の脳を凌駕したアルゴリズムの出現によって、生身の労働者が不必要になるという事態だ。 / “人工知能は「役立た…”
「お金持ちの「不老階級」は、実際には不死にまでは至らないにせよ肉体をアップグレードしながら末永くハッピーに生きる。「不要階級」は、仕事がないがために貧しく、生まれたままの肉体をこれまでどおり老化させながら慎ましく死んでいく」
いま地球を支配しているのが力のあるゴリラではなく人間であるように、人間は支配される側になる。 / “ | 経済ニュースの新基準”
確かにすごいディストピアになりそうな感はあるけどね。: @Toyokeizai
神戸大学の松田卓也名誉教授は、『ホモ・デウス』の描く未来を「不老階級」と「不要階級」の分化としてまとめている★|
ホモデウス、ほんと面白い
これは読んだほうがいいよ。無用者階級!
末法思想感がある。「神戸大学の松田卓也名誉教授は、『ホモ・デウス』の描く未来を「不老階級」と「不要階級」の分化としてまとめている。お金持ちの「不老階級」は、実際には不死にまでは至らないにせよ肉体をアップグレードしながら末永くハッピーに生きる」
>人類の歴史には、3つのリンゴに象徴される劇的な変革があった。

なるほどねぇ。それぞれの変革は普通に知っているけどそれをリンゴとなぞらえるとは知らなんだ。 / (東洋経済オンライン)
さて、ヒト1.0は果たして2.0へとアップデートできるのだろうか?それこそ「神のみぞ知る」なのか?
この手の議論でいつも感じるのは、人工知能ができれば人間の労働を代替できるという短絡。人間は脳だけでできているわけではない。まず肉体を再現できるか。脳ができても肉体を再現するのがことの外難しい。今はまだコンビニ弁当の惣菜の取り分けもママならない。
この手の話で最も危惧するのが「戦争のような科学技術の成果による死と、不況による経済動向による死を同じ土俵で評価しうるライターがどれだけ居るのか」という点。おそらく、後者による死はほとんど無視される。
同感だね。/ 二十一世紀には、私たちは新しい巨大な非労働者階級の誕生を目の当たりに…経済的価値や政治的価値、さらには芸術的価値さえ持たない人々、社会の繁栄と力と華々しさに何の貢献もしない…「無用者階級」は失業しているだけではない。雇用不能なのだ。
仕事無くなるだろうな。
だから、移民政策には反対。
職業訓練校を充実させてほしい。
自分が行く可能性もあるし。

一流企業に勤めたいとかじゃない。
後で読む_φ(・_・

| 経済ニュースの新基準
ハラリ『ホモ・デウス』の書評を書きました。

"人工知能は「役立たず階級」を生み出すのか-「ホモ・デウス」が示唆する人間不要の未来-" 井上智洋(東洋経済オンライン)
4つ目のリンゴはあるかな⁉️その影響は!
←編集しました。経済学者・井上智洋さんによる「ホモ・デウス」の論考です。
そもそも役に立つとか立たないとかは誰にとって、あるいは何にとってなの?私たちみんなネオリベ的な経済至上主義に毒されすぎてやしませんか。/
さらに加速するのだろう、体に関する限り、もう二極化されている、体にお金をかけられる層とかけられない層と、
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR