TOP > 政治・経済 > 共和党「まさかの上下院完全勝利」はあるのか | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

共和党「まさかの上下院完全勝利」はあるのか | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

アメリカの中間選挙が6日に迫った。ドナルド・トランプ大統領にとっては就任後、最初のレファレンダム(国民投票)となる。当初「下院は民主党が奪還、上院は共和党が死守」という雰囲気が漂っていた。ところが、…

ツイッターのコメント(17)

立場が違い、視点が違うと、こういう面白い発想ができるのかぁ。
 米中間選挙が終わったあとのレポートに関心が向きます。
今までで大統領側の政党が勝ったのは少ない(2回?)らしいし、今回も無理じゃ?
明日の日本時間にアメリカの中間選挙の結果が発表される予定です。どんな結果であれ、慌てない事。Brexit、そしてトランプ氏が勝利したあの日、多くの日本人が慌てて投げ売りした為、大損しています。ストップロス必須です。
(東洋経済| )情勢に明るい記事。トランプの人格や極端な物言いはともかく、現政権の政策継続を支えなければ、という支持が集まりつつあり、下院の行方を不透明にしている。安全保障と貿易について共感する共和党支持者は多い。
の皆さん、「敗北宣言」の準備は出来てますか?
中間選挙では共和党は凄い勢い。トランプ大人気。あんなに馬鹿なのに大人気。日本でも安倍晋三が大人気。今の世界では馬鹿ほど大人気。勉強なんてしなきゃよかった。馬鹿で日本会議に入ったら最強なのでしょう。ただネトウヨなんかやっても何の得もなさそうですけど。
米国政治のリアル
ちょっと長いけど興味深いお話。
題名と中身アンマッチ/
アメリカの政治史。なかなか興味深い。
宇宙人か巨大隕石が地球を襲ってでも来ない限り、分裂してしまったアメリカ人が二極化を避け団結するイメージは浮かばない(抜粋)

それなんていう映画?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR