「雑な暗殺」疑惑に騒然、サウジ皇太子の末路 | アジア諸国 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館を舞台に、サウジから派遣された暗殺団15人による著名サウジ人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が惨殺された疑惑。脱石油を目指すサウジの経済改革を主導して...

ツイッターのコメント(47)

@panasea75 @papawazu 業績が思わしくないソフト。
中東の融資を チャラにでもしたら 中東からの刺客テロ
など五輪に乗じて 紛れ込まないトモ。


・・・・
疑惑を深める証拠が次々と上がる中、否定するサウジは反論に値する証拠は何一つ出せていない

まるで某日本の様な構図。国際世論はこの状況で「サウジ王室」の関与を疑っている。「政権」の関与を是が非でも疑わぬ一部日本人がどれだけズレた思考をしているかのいい標本だ
こんな血塗られた人間が天皇陛下と過去に皇居で懇談したかと思うとゾッとする。
重要人物切断殺人事件!
サウジ、トルコ、アメリカらの今後に注目。
サウジと組んだソフバンの株価下落の訳?
これ、当然世界中のメディアは追求するだろうけど、どこに行くことになるのか。次の国王という位置が更に複雑にしているし。 / “ | 経済ニュ…”
@KenRoth 日本語ではこの記事なかなかです。
サウジでは「ムハンマド皇太子は事件に関係ない。」
日本では「安倍ちゃんは加計の不正にも、公文書改竄にも関係ない。」

週末に事態は急展開の可能性 | アジア諸国 - 東洋経済オンライン
モーリー氏のネタをパクったと思われる記事を発見したので追記。
週末に事態は急展開の可能性 | アジア諸国 - 東洋経済オンライン
週末に事態は急展開の可能性(東洋経済オンライン)
 
PR
PR