千葉台風関連の記事一覧

TOP > 政治・経済 > なぜ”戦う哲学者”は子どもを持ったのか | 中島義道の人生相談道場”悩ましき哉、人生!” | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

なぜ”戦う哲学者”は子どもを持ったのか | 中島義道の人生相談道場”悩ましき哉、人生!” | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

27コメント 登録日時:2013-12-04 09:32 | 東洋経済オンラインキャッシュ

獣や魚がどうなのかは知らない。だが古今東西、老若男女、人が悩み、迷うのは確か。“戦う哲学者”中島義道氏が開く人生相談道場に“同情”はない。ここに あるのは、感受性においてつねにマイノリティに属してき…...

Twitterのコメント(27)

生きるにあたって、必ずしも善や幸福を追求する必要はなく、必ずしも悪や不幸を避ける必要はないんじゃありませんか? 「この世が、あるいは自分が、悪や不幸に満ちているからこそ生きている」という、ヒネクレタ道も残されているんじゃないですか?
中島義道先生の人生相談のこの回、切れ味のある言葉が続々と出てきてよかった
続いて人生相談の4では「自然」という言葉を使ってますが、人間の本質を「自然性」に据えることと、哲学の基盤を「子供の素朴な感性」に据えることは共に「サヨク」の思想なわけでして、今の私にはそれが明瞭に見えるのです。
義道を超える逸材(反出生主義者)現る☆
「生きるにあたって、必ずしも善や幸福を追求する必要はなく、必ずしも悪や不幸を避ける必要はないんじゃありませんか?」
とにかくジワリティが高い
んー、これで「なるほど」って思う人居るのかな。 ...
“死にたい、死にたい」とわめいている人が、地震が起こるや否や慌てふためいて逃げるのも「自然」ですし、裁判官や神父が万引きするのも、痴漢行為をするのも「自然」” | 中島義道
中島義道氏による美しき人生相談→[ニュース]東京新聞:
あああ、耳が痛い 『「通常人」を全身全霊で軽蔑し嫌悪しながらも、彼らに無性にあこがれていた』
@thn_k なぜ”戦う哲学者”は子どもを持ったのか~ "それまでの「何をしてもむなしい」という思いはそのままでしたが、だからこそ自分のうちに潜む「普通」を探り当てたうれしさ、「普通のむなしさ」を手にした喜び~"
”自分のうちに潜む「普通」を探り当てたうれしさ”かぁ…
はてなブックマーク-人気エントリー | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
※チンケな人生を歩まされる子供に対する責任をどう思っとるんじゃ!この似非哲学者め!
「「論理的に矛盾のない人生」とは、実にチャチな社会的ゲームであって、大の大人がそれを武器にして他人を責めたり、自分を反省するのは、恐るべき未成熟」:
「通常人」へのあこがれ←これは少し有るかも♪
| 新世代リーダーのため�...
なかなか面白かった。「私はこれまで他人をずいぶん攻撃し非難してきましたが、思い出すかぎり、その人の人生が論理的に矛盾だから、整合的でないから、という批判は一度もしたことがない」 / “ | 中…”
以上

記事本文: なぜ”戦う哲学者”は子どもを持ったのか | 中島義道の人生相談道場”悩ましき哉、人生!” | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事