TOP > 政治・経済 > 不登校の子をめぐり母と校長が対立したワケ | 不登校新聞 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

不登校の子をめぐり母と校長が対立したワケ | 不登校新聞 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

私には11歳の子どもがいます。子どもは地元の公立小学校に在籍していますが、小学4年から5年にかけて、ほぼ1年間、通っていませんでした。ある日突然、ふたたび学校へ行き始めたものの、自分で「月曜日から水曜日…...

ツイッターのコメント(10)

歪んだ無責任な信仰だ。何故って⁇、義務教育だから。また、国民の3大義務の一つ、教育を受けさせる義務ってヤツであり、あんたは保護者だろうから憲法違反って事だ。っま、週3でも受けさせるっては裁判で言えそうだけどね
正に化石のような校長などがおられる所ですね。
まだ、こんな校長が (*_*;)???
しかしクラスに不登校を理由に気ままに週三回登校じゃ…授業の理解度とか学校行事とか、親はどうでもいいんだろうか、担任やクラスメイトにはちょっと迷惑だろうね。
大丈夫、学校だけが社会勉強の場ではない。いわゆる『校畜』になると思ったなら行かなくていい。
未だに不登校についての理解がない先生は多いみたいですね…。

@Toyokeizai
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR