TOP > 政治・経済 > アニメが観光産業を革新する武器になるワケ | レジャー・観光・ホテル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

アニメが観光産業を革新する武器になるワケ | レジャー・観光・ホテル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

埼玉県久喜市鷲宮。人口3万6000人程度の小さな地区が、とあるアニメのファンの聖地になっていることをご存じだろうか。2007年に放送された『らき☆すた』である。アニメの中で、地区内に実在する神社などが...

ツイッターのコメント(31)

鷲宮はいつも地に足のついた振興策で、バクチせずに日常の延長なのが凄いとこ。あとアニメ系は「商業的に失敗」と言われても根強いファンがつく特徴がある。そうそう大ヒットアニメなんで出ないけど観光に繋げることは可能かと。 →
岡本先生の記事!
成功例は両者がしっかりと歩み寄った結果かと、そして沼津はこのまま行けばおそらく成功例に名前を連ねられそう / “ | 経済ニュースの新基準”
実感してない人多いけどアニメによる経済効果は

地方にとっての救世主だよね

地方の自治体は自分の地元を舞台に

アニメの政策依頼を積極的にかけた方が良いと思う。

アニメ好きとしては

地元が舞台だと嬉しい😆
日本の文化これ、本当に今やらないとだよ/
まあ、世界中がこんな風な事やれば素晴らしい世界になると思います。(*≧∀≦*)
ほほー…世の中には移住する人もいるんだね…いったいどんなやつだろう。こんなやつだろう\ ( `● ω ●´ ) /
らき☆すた聖地鷲宮の次のイベントは11月4日(日)『リアル謎解きゲーム・鷲宮2038失われた聖地』なんだよね。(・ω・)
観光社会学。
いまさら鷲宮とらきすたの話をされても「お、おう…」としか言いようがない…………
記事に共感。良いこと書いてある
大洗への言及が少ないが、あれはあれでプロの手練過ぎて再現性が難しいので、こうした記事では伝えにくいとこはありそうw / “ | 経済ニュ…”
輪廻のラグランジェのことも書いてやれよって思ったら、ちょっとだけ触れられてた>
←企画・編集しました。
岡本健(奈良県立大学地域創造学部准教授) | レジャー・観光・ホテル - 東洋経済オンライン
(本来なら、作品の作り手にもっと感謝をすべきなのではと思ったり。)
<高円寺も聖地にならないかな?w
東洋経済ONLINEで記事が出ました(^ ^)登録無し、無料で最後まで読めます!!
チェック →
レッツ巡礼( ´∀`)
かがみんは完全に現地に同化したゆるキャラになってるしな
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR