TOP > 政治・経済 > ベイスターズが「野球普及」に全力を注ぐ意味 | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ベイスターズが「野球普及」に全力を注ぐ意味 | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

35コメント 登録日時:2018-10-14 11:13 | 東洋経済オンラインキャッシュ

これまでもこのコラムでは、NPB球団の野球普及活動を取り上げてきた。各球団の危機意識はかなり強い。今回は、セ・リーグの横浜DeNAベイスターズの普及活動を取り上げたい。9月初旬、横浜市磯子区の岡村幼児園に、…...

Twitterのコメント(35)

ちっちゃい時にこんなイベントあったら、もっと野球好きになってたやろなぁ。残念ながら野球にはトラウマしかないw
"少年野球を見に行って感じるのは、『大人のストレスの発散の場じゃないのか』というくらい指導が荒っぽい" / “ | 経済ニュースの…”
「これまでは、子どもたちを300人集めてOBが野球教室をやった、という感じでした。もちろんファンサービスや思い出作りの野球教室も悪くはありませんが、それだけで終わってしまう可能性が高い。大事なのは教えたことをどう継続してもらうか、です」JVAの中の人、読んでますか
ベイスターズが「野球普及」に全力を注ぐ意味。阪神もやってるとは思うんだけど、あんまり見えて来ないなぁと。ディナーショーと朝日オートセンターでのサイン会位かなぁ。
ものすごい大事なことを我がチームは取り組んでて心から誇らしいし、うちの坊主にもいつか是非参加させたい。ただ、これって各球団だけでやってても厳しい。 じゃあプロ野球チームが無い青森はどうすんの? 茨城は? 福島は? リーグ全体として取り組まないと
»
> バスを運転してるのは畠山(もと)選手? なつかしー!
女子野球についても少し言及されてるけど、DeNAさんでその辺もっと関わってもらえんものか。
プロ野球の為に
巨人さんも少し見習った方が良い
>体育館で島田直也、大原慎司などの元選手とスタッフが指導

懐かしい名前がある(´・ω・`)
他球団の事だけど…。
これは素晴らしい取り組み❕
マリーンズも良い事は取入れなきゃね📣
これはいい試み。
(広尾晃) 【東洋経済オンライン】
野球ですら全力じゃないといけない状況なのよな。
長期的な視点でファンを作ろうとしてるよな。- -
野球見に行きたいけど、球場遠い
野球をする子供が増えるといいなぁ。
いま市民はみんな、浜スタに行きたくなってきていて、チケットがなかなかとれなくなりました(^^

横浜のベイスターズ。
横浜スタジアムがなんか好き。
>本当の厳しい指導とは、怒鳴ったりすることではないと思います。礼儀礼節は大事ですが、強制するのではなく、なぜそうしないといけないのか、子どもに理解させることが大切でしょう。
指導者のパワハラは、審判に「教育的指導」が出来る権限と責任を持たせて試合中に注意しないとあかん。

子供が笑顔で楽しめるスポーツじゃないと、裾野は拡がらない・・・
こんな活動もやっていたのか。DeNAの先を見据えた数々の取り組みは素晴らしい。親会社になって貰い本当に感謝。
仕事でお世話になったことあるけど、ベイは神奈川に密着しようとすごくがんばってるなぁって思う⤴︎✨
野球好きが増えますように♡(´˘`๑)
>筒香嘉智選手も、野球人口減少への危機感を持っており、意識も高いです。
筒香選手は日ごろから『野球は楽しくやらないと』と言います。
チームのスター選手がそう言っているのに、私たちが子どもたちを怒鳴って野球をやらせるわけにはいきません。
DeNAは良いね、偉いね。

“畠山準、鈴木尚典、川村丈夫、島田直也とプロで実績を残した人が普及活動を担当していることも特徴だろう。”
(;^3^)<本当に本気で取り組まないといけない問題。ハッチ、島田さん、タカノリ、かーむらさん、皆さん今後も頑張れ!
[東洋経済オンライン]
とは言ってもプロ野球の観客数って年々増えてるんよな〜

ただ、DeNAのこういうとこマジで抜かりねぇな
以上

記事本文: ベイスターズが「野球普及」に全力を注ぐ意味 | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事