TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 安倍政権を断じて...

安倍政権を断じて「保守と呼べない」根本理由 | 国内政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

105コメント 登録日時:2018-10-11 08:43 | 東洋経済オンラインキャッシュ

――第二次安倍内閣は異例の長期政権となりました。この間、安倍政権は一般に保守政権と見られ、安倍首相も自らのことを保守だと強調してきました。しかし、中島さんはこの見方に異議を唱えています。中島:安倍政…...

Twitterのコメント(105)

安倍政権が革新主義的な振る舞いをする
反対派も戦後民主主義的な価値観に捕らわれている
今こそ本来の保守が必要
80年代を境に別物になった戦後の保守論壇 | 国内政治 - 東洋経済オンライン @Toyokeizai
>次の世代の論客たちは、幼少期から少年・少女期に大東亜戦争を経験した人たち…渡部昇一は大東亜戦争開戦当時は11歳、石原慎太郎は9歳、西尾幹二はわずか6歳…戦争を主体的に体験したとは言えません…当時の状況や風潮に対して主体的な認識を持つことなど不可能です。
自らの考えが絶対に正しいと思い込み、その正しさを所有、反対意見を排斥するのは革新政権のやること_φ(・_・
@nauchan0626 彼らや安倍政権は「保守」とは正反対の革新革命右翼、昭和の軍部と同じ。これ暇があったらどうぞ
連合国にも言える話で、第二次世界大戦を起こしたルーズベルトが共産主義者なら、後継者のトルーマン 今のトランプもルーズベルトと全く同じという事になるな。
反対意見を聴かない人は保守とは呼ばない。
岳志氏の記事は読むべきかと。
「国会での振る舞いを見ても、野党の質問に答えず、答弁時間を潰そうとしているだけです。安倍首相は自らの考えが絶対に正しいと思い込んでいる」
@Toyokeizai
保守とかリベラルとか道でも良い理屈。日本を思うか思わないか。思日、非思日の二つしかない。
保守というより反日でしょう。
確かに保守と呼べない何かが保守と呼ばれて久しいけど
でも最近は日本の保守っていうのは何を標榜にするものなのかよく分からなくなって来た
以前は皇室がそれになると思ってたけど、保守の発祥が英国王室なら日本の皇室はそれに該当しないんじゃないかと思う
今更感だが。
アレは反動極右政権であって、保守でもいわんや革新でもない。以上

─ | 東洋経済
<安倍政権は革新政権>
「保守主義は人間の理性に対して懐疑的な見方をする」
安倍首相には「自らの考えが絶対」という国会での発言を見ても理性に対する懐疑はない。そもそも「国家戦略特区」だの「スーパーシティ構想」だのと空疎で怪しい言葉を乱造するのは保守ではない。
簡単な話だよ「反動はいても保守はいない」となぜ書かない?こんなの10年以上前にわかっていたことだろう
福田恆存が泣いてゐる…(/ _ ; )
親交のある中島岳志先生の記事。
参考になります。
「国会での振る舞いを見ても、野党の質問に答えず、答弁時間を潰そうとしているだけです。安倍首相は自らの考えが絶対に正しいと思い込んでいるのです。そのように正しさを所有し、反対意見を排斥するのは、革新政権のやること」
「安倍政権は、保守ではなく、革新政権と呼んだほうがふさわしいのではないでしょうか」
「保守」とは敗戦国における戦勝国との「同盟」関係への翼賛のことであるがそれだと格好がつかないので反共主義を「バーク」という金の色紙によって経済的軍事的な従属的地位の押し付けを「大東亜戦争」という銀の色紙によって飾り立てるということになる
旧世代の保守主義者は、戦後を迎えるとき「ああ、昭和7年前に戻るんだな」と過去のリベラルな時代と対比できた、と聞く。実は進歩的文化人と当時言われた世代も「終戦を子供時代に迎えた」世代はちょっと異様 / "安倍政権を断じて「保守と呼…"
排外的な姿勢と歴史修正主義、戦前賛美は本当に保守なのか。
今、保守と向き合って日本を考える。
東工大リベラルアーツってのがクソい元なんですよ〜
読了。言いたいことは良く分かる。
@立民御用学者=中島岳志。立民を社民&共産と同じカテゴリーに入れて「リベラル保守」でヨイショするテキトーな人ですな😰😩💆
安倍の政策って大恐慌をいち早く脱した高橋是清の劣化コピーなんだよね。江戸の諸改革が失敗したように現状認識で間違ってるから成功出来ない。厨二病のコピペ小僧ですよ。/ |
中島岳志は、恩師たる西部邁に薫陶を受けただけに、「本来の保守主義は人間の理性に懐疑的な見方をする、ラディカルなものの中に理性への過信をみる」思想を全面に出すのはいい。>
中島岳志氏 【
彼らが大東亜戦争を肯定的に論ずるのは、戦後の歴史教育が関係していると思います。戦後の左翼的な教育に対する反発から、大東亜戦争を擁護するようになったのでしょう
「お、意外なところでエドマンド・バークの名前が出てきたな」と思ったけど世間的にはそういう人だった。
これは今日においても言えることです。現在の日本でも本来の保守はマイノリティです。そのため、西部邁先生からはよく、日本には自覚的な保守派は10万人くらいしかいない、だから保守に関する本を1万部売るのは大変だぞ、と言われました。
「反動」という用語を避けるからこんなおかしな議論になる。/
"人間は道徳的にも能力的にも不完全な存在です。どんなに優秀な人でも間違いを犯し、誤認を繰り返しますし、嫉妬やエゴイズムからも自由ではいられません。実際、フランス革命は惨憺たる状況を生みました。このように、本来の保守主義は人間の理性に対して懐疑的な見方をする"
これは保守と革新の話などではなく、保守の中における穏健派と急進派の話ではないだろうかという気が。 ~
フランス革命とはユートピアを作ろ思想で、保守とはユートピアを否定する思想。80年代以降の『保守』渡部昇一達は戦場を直接経験せず左翼への反発もあり戦前を理想化する。戦前という『ユートピア』を築こうとする革新勢力が安倍政権。強く同感。リベラルこそ保守!
"保守は人間に対して懐疑的な見方を持っており、大東亜戦争を導いた革新主義とは相容れません。それゆえ、本来の保守派であれば、大東亜戦争を肯定的に論ずることはそう簡単ではないはずですが、私が20歳になったころには、歴史修正主義的な言論があふれ..."
「保守とは異質なものが保守派を名乗るようになった」という指摘は重要。思想的背景も確たる信念もなく、「強かった日本」への単なるノスタルジーが支配している。>>
メモ。⇒ 中島岳志:
これ。ほんとに。右とか左とか思想が違うだけならお互いの立場を意識して議論できる。歩み寄れるし、妥協できる。思想の目的は本来皆同じだから。
@Toyokeizai
今の時代、保守だ革新だと言う分け方はナンセンス。
つーか自民党は革新だろ?
リベラルだよ。
なるほどな。合点がいく部分はある。
安倍自公政権って、品性、知性、教養、人徳、正義等々が無く、悪知恵満載で国民の生命、財産を毀損。
自然環境、地域社会、歴史遺産の破壊を進んで行う政権が保守であるわけがない。
これだけ悪が蔓延した国家に於いては、今更イデオロギー論など不毛に過ぎる。評論家にはそれが判らない。

日本会議お友達政権です
戦後の政治家はどうだったんだろう?「朝生」あたりで、保守を自認している人たちや、「保守とは本来こういうもの」という持論を持った人たちを各方面から呼んで、「真の保守とは?」をテーマに保守議論をやってみると面白そうだ。個人的には、田中秀征氏の話を聞いてみたい。
保守でも極右でもない!ただの売国政権!→
安倍政権の何処が保守?
国を売る、売国奴
極左といっても過言ではない!
言ってることは分かるんだけどもなんかカユいと言うか腑に落ちないというか。。
何も変えない安倍政権なんか何年も支持しないだろな
何でも反対する党の支持率見れば
【似非保守&反日・中島岳志】
はまだこんなところでデタラメ理論を振りまいているのか?
安倍政権を断じて「保守と呼べない」根本理由 80年代を境に「別物」になった戦後の保守論壇 | 国内政治 - 東洋経済オンライン
気持ちは解るが相変わらず論立てが雑。パール判決論争の時もこんなだったな。
Toyokeizaiから
:私も安倍が本来の保守政権とは思わない。だからと言って革新とも思わない。日本では政治上革新は左翼勢力に対しての表現だから誤解を招く。保守的革新とも思わない。
あまりいい記事とはおもえないが、エドマンド・バークを知れたことは良かった。

@Toyokeizai
確かに安倍政権を保守と呼ぶのはいささか無理がある。
安倍は祖父岸信介への憧憬とコンプレックスで政治を行っているだけだ。
じゃあ周りの支持者は?
そりゃ空っぽの安倍を担いだ方が何かと都合がいいからに決まっている。
"戦後に共産主義の影響を受けて過激化した学生たちに、戦前の二・二六事件の青年将校たちの姿を重ねます。そして、戦後の日本が戦前と同じ轍を踏まないように、共産主義を徹底して批判したのです。" / "安倍政権を断じて「保守と呼べない」…"
成る程、ネトウヨに対する違和感はこの辺に有るのか。保守的な右翼の人がネトウヨを批判する訳も、元を辿るとここに来るのかな。
保守
言葉が先走り
本来の保守から遠のく

自民党より共産党の方が
保守にみえてくる
頭が錯乱状態😂

やはり近代史-現代史の勉強が必要でしょう
戦争を読み解き-保守を考察する事!
政治家や政治記者の多くは「保守」を間違えて使っている。愛国心を煽り中韓を排斥するのを「保守」と思い込んでいる。自分の考えを正しいと盲信し反対意見を容赦しない安倍政権は断じて保守ではない。むしろ革新政権だ。日本を戦争に導いたのは革新政権だった。要注意だ。
一つ勉強になった
安倍政権が保守で無く革新とは同感なのだが、誰も戦争賛美してないと思いますが。歴史修正主義というけどサヨク連中が好き放題書いたのをもう少々中立に戻そう程度でひっくり返そうなんて誰も言ってないのでは。 / "安倍政権を断じて「保守と…"
必死だなあこの人。

本来革新政党がやるはずの政策を安倍政権がやってしまうもんだからそっち側の存在価値が皆無で焦ってんでしょ。
東洋経済めずらしく良記事だと思った。
<その通りと思います。>
渡部昇一は大東亜戦争開戦当時は11歳、石原慎太郎は9歳、西尾幹二はわずか6歳でした。戦争を主体的に体験したとは言えません。
《「保守の不在」を解消することは、安倍政権のような革新勢力が台頭している今日こそ必要とされていることです。》…左も右も空想的かつ暴力的な革新主義で通底する。慎重さを保ち守る勢力が弱い。
安倍氏ほどリベラルな議員は居ない。
目から鱗。なるほど、すべてが繋がった。
安倍首相は自らの考えが絶対に正しいと思い込んでいるのです←自分がアンチだから、そう見えるだけだと何故気付かない?
まあ気付けばコテコテ反日パヨク(進歩的文化人)になんかならんか。
日本では保守主義の流れがきわめて脆弱です。このこと自体が、実は日本の弱さ/西部邁先生からはよく~省略~保守に関する本を1万部売るのは大変だぞ、と言われました。
リベラル保守とやらがまたわけわからん事言ってスベってるねw
元々政策は違うやろ、だがそんな事はどうでもいい【
ウヨさんへ
安倍さんは自民党の党是である自主憲法制定に忠実なだけ。憲法変えること以外に興味ないからどんな政策でもそれが政権維持に結びつくなら実行してきた。保守か革新かなんてことにもあんまり興味ないんじゃないかな。 / "安倍政権を断じて「保…"
革新じゃなくてリベラルって呼ぼうぜ。
もしも改憲しやがったら許さん😡
単なるカテゴライズによるレッテル貼り。
しかも革新を不当に貶めてゐる。
"本来の保守主義は人間の理性に対して懐疑的な見方をする" /
「保守の不在」を解消することは、安倍政権のような革新勢力が台頭している今日こそ必要とされていることです。

@Toyokeizai
中島さん、昨日、とことん共産党でお話しされてた、特に冒頭の箇所を録音も録画も出来なく残念だったけど、こちらに載ってて良かったー
👆 だって、自民党は、英語表記に、リベラル と書いてあります😓 今更何を…
昔から極左と極右は良く似てると言われてるもんねえ。
とても興味深い記事
今の右派にも左派にも違和感を感じる人に読んでほしい
: 東京工業大学教授 国内政治 - 東洋経済オンライン
なるほどなぁ、、
非常に興味深い記事
>本来の保守主義は人間の理性に対して懐疑的な見方をするのです。しかし、安倍首相にはこの懐疑主義的な姿勢がありません。
保守してるのは、自分と仲間の立場だけかと・・・
こういう絵を見ると、殿様と家来の関係が伝わるが、他の政権の時もこんな感じなんかね?
安倍政権は革新政権である=政治学者・中島岳志氏
保守と呼べる人は殆どいなくなった。
以上

記事本文: 安倍政権を断じて「保守と呼べない」根本理由 | 国内政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事