TOP > 政治・経済 > 日本を守るために必要な移民政策の「鉄則」 | 政策 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本を守るために必要な移民政策の「鉄則」 | 政策 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本の外国人政策が、歴史的な転換点を迎えていることをご存じだろうか。政府は2019年4月から、一定の業種で外国人の単純労働者を正面から受け入れることを決定した。検討されている受け入れ業種は以下の通りだ...

ツイッターのコメント(26)

外国人労働者活用は難しい事があるからか企業は控えめ雇用🎌
@retopsnart 既に来た外国人を排除すると差別と言われます。
まず、不法移民を入国させないことです。

【日本を守るために必要な移民政策の「鉄則」】
Aさんブログに移民の話が出てたけど、今すごく心配な問題。
大した法整備もなく大勢受け入れたら、絶対混乱するのが目に見えてる。日本はまだまだ治安の良さがいいところなのに。目先の労働力のために安心して暮らせない国になるんだろうな…
移民政策開始で賃貸需要増→投資用不動産価格上昇の予感
その前に、やらねばならぬことがある。
「スパイ防止法」の制定なのだ

移民に紛れた大量のスパイ、工作員の入国を阻止できない。

-
政治ネタ呟くの大っ嫌いなんだけどさ、これは恐ろしい事よ。
■日本/政治

「特定技能制度」➊
外国人単純労働者の受入れのための新たな在留資格
2019年4月から施行

今秋の臨時国会に入管法改正案を提出
2025年までに50万人超を想定

「技能実習制度」→「特定技能制度」へ

日本の外国人政策の歴史的な転換点
「日本を守るために必要な移民政策の「鉄則」」(山脇弁護士)

   ------------------   PR  ----------------
在留資格の相談は甲府市の神宮司行政書士事務所へ 080-6685-9886
日本を守るために必要な移民政策の「鉄則」。外国人差別はNGだが「自国民優先」は当然だ。自国民優先が差別という事だと思うが。
各国の現実を整理した上でのご意見です。
ガイドライン自体は、日本国としての法であるがゆえの視点は許容されるべき。
プロスポーツのように、今はまだ、どこまでも国ごとのチーム分けが根幹にある。
移民政策に成功例は無い。人類愛を捨て経済と治安を冷徹に評価し続けて行けるか大変疑問です。
いわゆる「地球市民」観を取らないかぎりは、国家として採用すべき移民政策が、人類愛的な優しさが一歩後退した、ある種冷徹なものとなることはやむをえない
さっさと整備して移民受け入れ増やさんと労働リソースが足りないぞ〜
少子高齢化進んでるのにこんなに移民受け入れ制度整ってなくて受け入れ数が少ない国、冷静にどうかしてるぞ
きっと某団体とかが喧しく騒ぎ立てて、なんやかんやマスコミに煽られ、国民は流行りに流されて 一億総貧困へ……
年配の方々が大好きな忖度文化をますます失くしていく必要があるね。
@Toyokeizai
うむ。自国民優先は当然。まともな意見
移民と難民は異なる。これ重要。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR