TOP > 政治・経済 > フェスも続々開催、「パンブーム」の新潮流 | 食品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

フェスも続々開催、「パンブーム」の新潮流 | 食品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「日本で一番パンが売れる3日間」が幕を閉じた。9月15日から17日まで、横浜赤レンガ倉庫のイベント広場で開催された「パンのフェス」だ。開催初日の15日、朝から場内はパン好きの参加者でごった返した。横浜...

ツイッターのコメント(17)

スムーズに買えるとか、食べたいお店のパンを事前予約出来ればなぁ。
でも日本は「小麦の大量生産」に向いてる風土、じゃ無いしなぁ…いっそ「米粉パン」が、もっと流行ればいいんだろうけど。 w>
フェスも続々開催、「パンブーム」の新潮流。京都は、全国屈指のパン好きな人がだけどね。後、神戸もね。関西には、元々のパン好きが多いけれどね。そういう人からしたら、何を今更なのかもしんないけどね。
@spk05290 珍しい歯を見せてる自撮り
ライブも撮影会も天気がもって良かったですね
京都の知人のお店も大盛況でした。
八ヶ岳南麓も美味しいパン屋さんの激戦区だよ。(°∀°)→
(ビール増税でストロングゼロと同じ)総務省の家計調査によれば、2010年に世帯当たりの年間のパンの購入金額はコメの購入金額を抜いた。2017年までにコメの購入金額が2割近く落ち込んだのに対し、パンは同4%増 / “フェスも続々開…”
- MSN ニュース
クリームなのでゴテゴテしたパンより肉や魚にあうパンのほうがいい感じである。
菓子みたいな甘いパンでなく、主食になる武骨な黒パン食べたいんだけど。
フェスも続々開催、「パンブーム」の新潮流。金額でコメを抜いたパン業界が向かう先。
昔は菓子パンを大量に食べていたが、現在はすっかり食べなくなった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR