TOP > 政治・経済 > クルマ社会沖縄に「ゆいレール」は根付いたか | ローカル線・公共交通 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

クルマ社会沖縄に「ゆいレール」は根付いたか | ローカル線・公共交通 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

沖縄都市モノレール「ゆいレール」は、沖縄の玄関口那覇空港から那覇市中心部や新都心のおもろまちを経由し、世界遺産の首里城がある首里に至る路線だ。ゆいレールは2003年に開業し、今年で15年目を迎えた。当...

ツイッターのコメント(29)

何度でも言う。OKIKAほど使えないICカードはない。コンビニですら使えない。遅延はゴネ、延伸計画やお金は利権から。
ゆいレール延伸工事してたの知らなかった…
「朝は通勤・通学する家族が同じクルマに乗り合わせることが多い。しかし、帰りはそれぞれ別の時間に帰宅するため、帰りだけゆいレールを利用する利用者が一定数いる」 / “ | ローカル線・公共…”
僕が小さいころ, 周りの人が絶対上手くいかないって言ってたから嬉しい (うちの地元には絶対延伸しないやっかみだったのかも)

(東洋経済オンライン)
外野から見ると絶好調ではなさそうだけど失敗でもないよね、って感じはする・・・輸送力は現状の2両編成を3両にするより、2両編成2本併結で4連とかにする方が簡単な気がする (ホーム長のさがどうなってるのか知らんけど
おお、伸びるんだ。確かに前回行った時結構混んでたな。そしてSuica使えて欲しい。
さんざお世話になったゆいレール。「帰宅だけ」の利用者がけっこういるっていうのが面白い
帰りだけ使うって概念があるのか…
--
沖縄には鉄道がないと聞いてたんだがあるじゃないの〉
これは成功しましたね。 / “ | 経済ニュースの新基準”
那覇市中心部はクルマもバスも大渋滞で全く時間が読めないからモノレールは助かる。レンタカーをモノレール終点で借りる人が増えて那覇市内を通らなくなると渋滞緩和効果もありそう。 / (東洋経済オンライン)
元々R58の通勤渋滞解消の為に作ったのに今度はゆいレールが激混みするようになったので「自家用車で通勤してクレメンス」って呼び掛けてるの心底意味分からん。
1987年に開業予定だったって知らなかった。でも今でも、家族で行くときは車をレンタルしちゃう。一人旅で行くならゆいレールが使えるとありがたい。
昨日乗ったトコなので、あとで読む
開業から15年、来年夏には延伸開業も予定-東洋経済オンライン
那覇・ゆいレールの事例。当初反対で建設まで紆余曲折あったこと、赤字経営を沿線開発や路線延長等で利用者増・黒字化にしたことなど、宇都宮LRTも参考になると思う
沖縄は未訪の地、どっちから乗るのが正道なんだろう?
「割合が多い順に通勤客約35%、国内観光客18%と続き、その次に多いのは、利用客の14%を占める"帰宅客"、つまり「帰りだけゆいレールに乗る」人たちだったのだ。」
@Toyokeizai 昨年、那覇での埼玉西武の応援遠征の際、初めてゆいレールを利用しました。
観光客には首里城までの足?
率直に言って混み過ぎ、延伸したらパンクする、おもろまち〜那覇空港感の区間運行望む>
家族が朝は同じクルマに乗り合わせ、夜帰宅時は各人別の時間に帰宅するため、帰りだけゆいレールを利用する人が全体の14%と>
へぇー!だから羽田型なのか?→ゆいレール構想の起こりは1965年に遡る。前年に開通した東京モノレールを見た、当時那覇市議会議長の高良一(たから はじめ)氏がモノレール建設を提唱したことから始まる。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR