TOP > 政治・経済 > 東京都が「英語オンリーの村」を建設した理由 | 英語学習 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

東京都が「英語オンリーの村」を建設した理由 | 英語学習 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

"How can I help you? What can I get for you?”(「お客様、何かお持ちしましょうか」)"Blanket, please."(「毛布をお願いします」)"Anything else?"(「ほかにはございますか?」)"I want a pillow."(「枕…...

ツイッターのコメント(10)

これは楽しい!この施設を維持して更なる発展をさせるにはコストがかかりすぎるだろうけど、VRや超臨場感コミュニケーションを用いることでコストダウンを。 /
出足は上々で、個人利用は年内まで、学校での利用は来年3月までの予約がほぼ埋まっているとのこと。
英語が特に必要ではない日本人が、英語でコミュニケーションをするには、教育言語を英語にするしかない。
私生活を日本語で、学校では英語で。
それ以外に方法はないよ。

大人は英語を勉強したい人は勝手にやってる。
五輪控えて64年の再現かと思える書店店頭の英会話テキストコーナー、敗戦翌年開始のNHKラジオの「カム・カム・エブリボディ」も連想。日本の英語教育は進歩どころか後退しているのでは> @Toyokeizai
言語を学ぶにはその言語しかない空間に入った方がいいもんな。
東京都が「英語オンリーの村」を建設した理由 海外の街や飛行機内など「リアルさ」を演出 -
実際は施設内が英語オンリーということ。地方自治体で公用語を英語にするところが現れたりすると注目を浴びるような気がする。過疎化、高齢化する中で難しいかもしれませんが、 / (東洋経済オンライン)
以上
 

いま話題のニュース

PR