TOP > 政治・経済 > 「検察側の罪人」は単純なスター映画ではない | 映画界のキーパーソンに直撃 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「検察側の罪人」は単純なスター映画ではない | 映画界のキーパーソンに直撃 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

55コメント 登録日時:2018-08-25 09:23 | 東洋経済オンラインキャッシュ

――これまで多くの社会派映画を手掛けてきた原田監督が、木村拓哉、二宮和也というジャニーズの2大スターを迎えたところにこの作品の面白さを感じるのですが、スター映画を撮るという命題と、ご自身の作家性との…...

ツイッターのコメント(55)

読んだ。 うーん空腹感というよりは題材の多さによる消化不良か。しっちゃかめっちゃかななかで首尾一貫し異彩を放っていた諏訪部、スピンオフを渇望。
@aikotomato1113 @jydmjydm これです。原田監督のインタビュー。
東宝からの企画と話しておられます。
検察側の罪人は内容も演技も濃く面白かったです。
監督さんのインタビュー、これは絶対読んだほうがいい。木村拓哉と二宮和也の凄さが詰まっている。
確かに色々語りたくなった
男性にも観て欲しい
骨太な映画だと思う
英語字幕を観た欧米の知識人の反応に触れてる!
二人の対決✨
ほんとに素晴らしいので
たくさんの方に観て欲しいです!

『検察側の罪人』は単純なスター映画ではない
原田監督のインタビュー
とっつーのお話も少し..
原田監督インタビュー、本編を観てからどうぞ。
東宝側からなのか。
だとしたら事務所発信だったのかな?
ただのスター映画ではない!
なんだか、嬉しいね(´▽`*)
8/25付。岡田くんや戸塚くんの名前も出てきます。ネタバレあるので映画鑑賞後に
ニノだけでなく岡田くんや戸塚くんまで。戸塚くん「日本のいちばん長い日」出てたのか。
原田監督からとっつーの名前出てる。嬉しい😢
原田監督曰く「東宝さんから「2人の共演企画はどうですか?」と言われて、それが単なるスター映画の企画だったら、たぶんやらなかったと思う。その時に「われわれがいいと思っている題材はこれです」と言われたのが、『検察側の罪人』でした」と。
東宝さんにマジでっかい感謝
ありがたいねぇ。とつかくうんよんだ?後ほどもう一度読む。
ニノのあれアドリブ…すごい。/
しかし英語バージョンがあるとは!
吹き替えを誰がやってるのか気になる〜
日本語版を何度か見た後にみてみたい。
原田監督のインタビュー。読み応えあり。
なんかちょっと観たくなった
推しの名前がちらっとでてて感激
ほんとだ!戸塚くんの名前が!
また戸塚くん映画出てほしいです
戸塚さんの名前フルネームで出してくださってる。有難うございます🙏
「『日本の〜』ではもっと若い戸塚祥太にも出てもらいましたけど、ものすごく楽しんで演じてくれました/今のところ僕が組んだジャニーズの役者はみんなよかったですね」
とても興味深い原田監督のインタビューです。

監督!
私は続編滅茶苦茶期待してますよ。
私はこの映画は序章と捉えましたよ。
その後最上と沖野がどう生きていくのか、互いの正義をまた闘わせることがあるのか、それとも、、、、
気になって仕方ありません。
間違いなく新しい木村拓哉、二宮和也がそこにいた。また観に行きたいと思う。
言及は少しだけど、読む限りは監督から戸塚さんの名前出してくれてるのが嬉しい。
あー、やはり。以下一部引用。

今の世の中は、不正があまりにも横行しすぎていてテクニカルな正義だけではもう正義を遂行できなくなっていると見ています。

監督悪いね。エモーショナルな正義は私は正義だと思わない。それ情治国家推進論だよね。
アガサ・クリスティーの『検察側の証人』は最後の最後にどんでん返しがあって、しかも心うたれる(T . T)
監督に過去キャストされた事務所の子達も誉めて貰ってるし舞台役者がなぜ多くキャスティングされた理由も納得だった

@Toyokeizai
原田監督の姿勢がよくわかる記事でした。
戸塚くんの名前出てるのすごい~~~
原田監督「この英語バージョンを観た米国の知識人たちが『これだったら続編を観たい』最上と沖野の対決の続きが観たいそう」
同じ事を思った!続編は難しいんだろうけどこの続きも観たい!もっと観たい
英語バージョンあるんだ。Killing for the prosecutionって直球ど真ん中…
「検察側の罪人」は単純なスター映画ではない
原田監督が戸塚くんのはなししてくれてる。゚(゚´ω`゚)゚。またご一緒出来るといいなぁ
原田監督

是非、是非、次回作では戸塚祥太をよろしくお願いします🙏
戸塚祥太のお名前も出していただいてます<(_ _)>
監督、とっつーのことも褒めてくれた!きちんと見てくださっていて有難い。
原田監督のインタビュー、とっつーのことも少し話していた→
長文だけど非常に面白かった記事
二ノも木村さんもやはり天性のものを持っている。意識しなくても、後ろ姿でも、きっちりといいポジションにいてくれる。われわれはそれをうまく拾っていけばよかった。
この映画には英語バージョンがある。これを観た欧米の人たちは...って😳😳
嬉しい😭
「検察側の罪人」は単純なスター映画ではない
二人のプレゼンしたのは東宝の人?
以上

記事本文: 「検察側の罪人」は単純なスター映画ではない | 映画界のキーパーソンに直撃 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事