ブスと下衆が「枕草子」に出まくる深い事情 | 日本人が知らない古典の読み方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

2005年に日本にやってきて以来、かれこれ13年の月日が過ぎ去ってしまった。イタリアから共にやってきた真っ赤なスーツケースは20キロ――当時の私の体重のちょうど半分――で、気づかないうちに母が忍ばせて...

ツイッターのコメント(19)

枕草子は「インスタ映えしそうな生活がきらびやかにつづられているオシャレバイブル」というのは上手い。
─ - 東洋経済
無邪気な美少女を思い描いて、心がときめいたのも束の間。…ブスの代名詞、末摘花だったのだ。
イザベラさんの連載、これもなかなか面白かった 古語を日本語に訳しているときのおきゃんな口調がよい
一見サバサバしている清少納言の背景を知ると枕草子ってますます好きになる🤗
(撲殺されているが)平安文化においては、定められた範疇以外のものがすべて卑しくて...ポリティカルコレクトネスを重んじる今の世の中では、ありのままの自分を受け入れるという考え方が広がっているが... / “ブスと下衆が「枕草子」…”
敬愛する古典女子仲間、イザベラ・ディオニシオさんのキレッキレ枕草子論♪
我が同志がまた新作を書いた。国内某所に幽閉された時の心情を吐露している。
久々面白い文章だった
強烈だけど興味深い論説。媚とはまた違うようだ。
以上
 
PR
PR