TOP > 政治・経済 > 夜行列車が欧州で「絶滅」せず走り続ける理由 | 海外 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

夜行列車が欧州で「絶滅」せず走り続ける理由 | 海外 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

18コメント 登録日時:2018-07-16 06:20 | 東洋経済オンラインキャッシュ

日本ではほぼ絶滅してしまった夜行列車。欧州でも採算が取れない、と一度は大幅縮小の動きもあったが、その後は復活の兆しを見せ始め、今では列車によっては席が取れない日もあるほどの盛況ぶりを見せている。一部…...

Twitterのコメント(18)

日本も夜行列車を復活して欲しいわ。

東京駅発着のブルートレインとか
民間企業(JR以外の)が車両を所有してJR線を走れるようにしてくれないかなあー。
日本でも応用できないものかな。
食堂車にしても、寝台車にしても、そのサービスが単独で赤字か黒字かで存続を判断するべきではないと思う。そのサービスが存在することで、鉄道を旅行の手段に選ぶ人がどのくらいいるかが重要だ。
欧州の場合、高速列車だけで乗り切るには距離長すぎる区間も多いからなぁ。
ガス燈も健在だしな。懐が深いって事だろうな。→
良記事! ただ欧州で需要あって採算取れる理由も切り込んで欲しいかな?
ベルリン便復活は胸熱
羨ましい…本当に。やっと自分のお金で乗れるようになった途端、無くす。酷い(*꒦ິ⌓꒦ີ)
電源や信号の違いは客車列車にすることで乗り越えられてる感じ
東洋経済はこういった記事があるから面白い
日本も夜行列車の需要はあると思うのよ。見直して復活させてもいいと思うんだが。JR西が117系改の結果待ちだろうな。 / “ | 経済ニュースの新基準”
[東洋経済オンライン]
以上

記事本文: 夜行列車が欧州で「絶滅」せず走り続ける理由 | 海外 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事