TOP > 政治・経済 > 不登校だった24歳が今、振り返って思うこと | 不登校新聞 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

不登校だった24歳が今、振り返って思うこと | 不登校新聞 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

不登校経験者・楢崎唯さん(24歳)にお話をうかがった。楢崎さんは小学2年生から不登校。当時つらかったことや、今現在の気持ちを話していただいた。――不登校のきっかけは?学校で「これがイヤだった」という明...

ツイッターのコメント(12)

選択肢は基本的にたくさんあるほうがいい。ただ選択っていつでも誰でもできることじゃない。自分の中にある「生きづらさの土台」をなんとかしないと行く場所が学校であれフリースクールであれつまずいちゃう。

不登校だった24歳が今、振り返って思うこと
不登校だった24歳が今、振り返って思うこと 不登校のきっかけから、現在まで |
不登校だった24歳が今、振り返って思うこと 不登校のきっかけから、現在まで |

良い記事ですね。
子供を持つ親として最も大切にしなければならないもの
うちの子どもたちと私の思いと重ね合わせて読んだ。「へなちょこ」さんの笑顔のまぶしいこと!「へなちょこ」万歳😊
ええんやないか。家で勉強したら。大して難しくないよ。
「今の社会の求める人に追いつかなきゃ、と必死になっていた時期も。でも何度も失敗して「これはもう受けいれてくしかない」と半ば諦めた」 24歳になった今振り返って思う |
なんか、全ての言葉が深くて読み入ってしまった‥シェア→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR