TOP > 政治・経済 > プロ野球交流戦、なぜ「セ・リーグ」が弱いのか | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

プロ野球交流戦、なぜ「セ・リーグ」が弱いのか | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

17コメント 登録日時:2018-05-29 05:57 | 東洋経済オンラインキャッシュ

今年も5月29日からセ・パ交流戦が始まる。交流戦は、2004年に起こった「球界再編事件」がきっかけとなってセ・パ両リーグが歩み寄り2005年に創設されたものだ。すでにMLBでは1997年からア・ナ両リーグの交流戦「イ…...

Twitterのコメント(17)

そろそろセリーグにもDH制導入してくれ❗️と言いたい...交流戦成績毎年上位パリーグ、下位セリーグ...これでは面白くないよ
今年、どうなりますかね?
同じ結果になりそうな感じですけど
こんな記事があった💡
負けっぱなしのセ・リーグ。
期間限定でも良いから、DH制度を検討した方が良いのでは?
日シリでハンデ戦が証明され、交流戦導入前から結果が分かっていた事。
てゆーか逆転の年あるんかい。

プロ野球交流戦なぜ「セリーグ」が弱いのか -
確かにと思う記事だったけど、大谷みたいな選手もいる以上、セ・リーグがDH制なしで進んで行く方が違いもあって楽しい
交流戦、なぜセ・リーグは弱いのか DHにより異なる選手育成の方針
なるほど。以前、同テーマの記事があって、そこでは根拠を「ドラフトのクジ運」としてて、データに基づいたその説も説得力あったのだけど、この記事の説も一理ありそう。どちらも面白い分析。
そーだ!そーだ!セも早くDHにしよーぜ!
MLBのインターリーグでは14年連続でア・リーグ(DH制)が勝ち越し中
そんなの前からわかってたことで今さら感しかない
DHがあればいいと?
少なくともプロ野球はおカネを払ってプロの高い技術を見せて欲しいのでバッティングの高度な技術を持たないピッチャーがバッティングするのは良くないと思うよ。
プレーの中身なんて伝統で決まるわけじゃないし。
以上

記事本文: プロ野球交流戦、なぜ「セ・リーグ」が弱いのか | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事